にゃんだふるdayにゅ~す

にゃんだふるdayにゅ~すは日々の気になるニュースや話題を
まとめたサイトです。
気になる記事を探して楽しんでくださいね。


    当時は大当たりだったものも、時が過ぎれば新鮮味も薄れてしまうし、難しいところですね。

    1 
    ピコ太郎がYouTubeを子供向けにリニューアルも “爆死” 状態…バツ3妻による『新PPAP』も大スベリ


    2016年、パンチパーマにサングラス、ヒョウ柄の衣装を着て「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」というシュールな歌を歌い、大ブレイクしたピコ太郎。

    動画を観たジャスティン・ビーバーのお気に入りとして瞬く間に世界中に拡散され、動画は1億4000万回再生を記録し、時の人となったのは記憶に新しいところだ。


    ピコ太郎の “プロデューサー” を務めるお笑い芸人・古坂大魔王は、6月17日、自身のツイッターでピコ太郎が「ピコスタキッズ」を開設したことを発表した。

    《うおお!全世界の良い子達よ! 日本の童謡を古坂大魔王がアレンジ!それを日本語と英語でタミたんとピコたんが歌い踊りまくる世界… その名も… 「ピコスタキッズ」 が、只今19時よりスタート!》


    「日本の歌を世界にお届けする」をテーマに、6月17日から自身のYouTubeを子供向けに変更。
    チャンネル内のコンテンツには、日本語の歌やトークに英語字幕をつけたり、英語でのトークや歌唱など、全世界の子供たちも楽しめる工夫も凝らしていくようだ。

    「ピコ太郎は海外でも人気の坂本九の名曲『上を向いて歩こう』を動画で熱唱し、その歌唱力が絶賛されたことがありました。あの独特なキャラクターで日本の童謡を世界に発信すれば、再び注目を浴びるかもしれません」(芸能ライター)


    さっそく、17日には『きしゃポッポ』『おおきくなったらなんになろう』といった定番の童謡を紹介しているが、今のところ再生回数は1000回に満たない動画が多く、“爆死” に近い状況だ。

    「『ピコスタキッズ』では、以前から存在が明らかになっていた “ピコ太郎の妻でバツ3だった78歳” 設定の『タミたん』が人形姿でピコ太郎とともにメインを張っています。

    しかし、かわいらしい人形ではあるものの、ピコ太郎と違って見た目のインパクトが弱いため、海外の子供たちはおろか日本の子供たちにも刺さるかどうか……。


    動画では『PPAP~TAMI Ver.~』として、本家のアップルとパイナップルの部分をパパイヤとアプリコットに変えて『ペンパパイヤアプリコットペン』と歌い上げていましたが、いささか寒い印象でした」(前出・芸能ライター)

    古坂の妻は元人気レースクイーンの安枝瞳。
    人形キャラでなく、リアル美人妻で勝負すれば、少なくとも大人は食いつきそうだが……。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/61fde0ea40fa7b1cd3cac919c30045d0c5613e40

    【ピコ太郎がYouTubeを子供向けに変更…再生回数1000回未満で爆死状態】の続きを読む


    時代が変わってもやっぱりいじめ問題がなくならないのは残念ですね。

    1 
     お笑い芸人、ジャングルポケットの斉藤慎二(39)が、常葉大付属橘中学校・高校(静岡県静岡市)で開かれた講演会で語った学生時代のいじめ被害について静岡放送(SBS)が報じ、4000件以上のコメントが付き、話題となっている。

     斉藤のいじめ告白は初めてではないが、その内容を改めて見るとかなり酷い。その期間は小学校3年から中学まで。背が低いという理由から、「チビ」「死ね」などの暴言を浴びせられ、背中を彫刻刀で刺されたり、ある児童の誕生日会でもクラスで一人だけ爪はじきにされていたという。先生に相談しても、まともに取り合ってもらえない。父親のベルトを首に巻き、自殺を図ったこともあるそうだ。

     斉藤は高校に進学し、演劇や野球に出合い、いじめを克服。芸人の道を志したが、いじめをカミングアウトした後、いじめていた元生徒から電話があったが、反省や謝罪の言葉はなく、「家族ができたから、名前を出さないでくれ」と言われたという。

     斉藤は「もし、人を傷つけている人がいるなら絶対にやめてほしい。その人は一瞬で忘れるかもしれないけど、いじめられている側は一生忘れない。僕は一生恨んでいます」と結んでいる。

    ■再ブレーク中のしょこたん、新婚の矢部美穂も

     一方、現在、デビュー20周年の写真集が重版されるヒットとなっているタレントの中川翔子(37)も中学時代にイジメにあっている。イジメを告白した著書「死ぬんじゃねーぞ!!」(文藝春秋)には、絵を描く趣味を「キモい」などと言われ、卒業文集から“ハブられ”不登校になり、卒業式にも出席しなかった過去を告白している。

     駅のホームで「いま飛び込んだら死ねるかな」とまで考えたという。写真集の発売会見では、「生きた証しを残したかった」「生きててよかった」を連発していたのは、こうした過去のつらい経験も関係しているのかもしれない。

     さらに、先月29日に川崎競馬所属の山林堂信彦騎手(43)と結婚し、ラブラブ状態のグラビアアイドルの矢部美穂(45)も北海道にいた中学時代にイジメにあっている。クラス全員から「矢部菌」などとイジメを受け、トイレの個室で弁当を食べたり、手首にカッターナイフを当てたりしたことを告白している。

    「芸能界はいじめられていた人が集まる場所」

     華やかな芸能界で過去のいじめ体験を告白する人は意外と多い。とある芸能ライターはこう話す。

    全文はソースで
    https://news.yahoo.co.jp/articles/745819c25206fc33d7a18e92691c823ecdf8f854

    【ジャンポケ斉藤慎二のいじめ告白が話題…芸能界はいじめられっ子が多い】の続きを読む


    いろいろトラブルがあったりしてましたが、靴製作は休止されるんですね。

    1 
    6/21(火) 19:06配信

     大相撲の元横綱貴乃花(49)の長男で、靴職人兼タレントの花田優一(26)が21日、インスタグラムなどで靴の製作を休止することを報告した。

    【写真】靴の製作休止を報告した花田優一

     花田はブログとインスタグラムで「自分の人生と向き合い、何を証明すべきなのかと試行錯誤する中で 2022年でお客様からのご注文を受け、靴を製作するという日々を一度、休止させていただくことに致しました」と報告。今後の活動を「/(1)/靴職人としての技術的向上、精神的向上、より一層の邁進(まいしん)のため、靴作りの修行環境の変化」「/(2)/本来自分が目指してきた理想郷を作り出すための、新ビジネスへの挑戦」「/(3)/自分自身の表現の幅と深みへの、追求と研究」をするとしている。

     今年までは靴の製作をしており「今年中はまだまだご注文をお受けいたしますので、いつでもお問い合わせください」と報告を結んだ。

     花田は靴職人として活動するかたわら、20年にはデジタルシングル「純青」で歌手デビュー。21年に製作発表された短編映画「残照のかなたに」で俳優にも挑戦している。


    (出典 static.chunichi.co.jp)

    【元貴乃花の長男 花田優一が靴の製作休止…「何を証明すべきか試行錯誤」】の続きを読む

    このページのトップヘ