にゃんだふるdayにゅ~す

にゃんだふるdayにゅ~すは日々の気になるニュースや話題を
まとめたサイトです。
気になる記事を探して楽しんでくださいね。


    篠田麻里子、夫の非道な脅迫行為やモラハラ

    篠田さんが不倫という衝撃的な報道から実際は夫のモラハラだったというこれもショッキングな報道…いったいどうなってるんでしょうね。

    【驚愕】篠田麻里子、夫が突然スマホで撮影を始めて…「流されたら困るよな?」非道な脅迫行為
     「妻に不倫された夫」と見られてきた篠田麻里子の夫である実業家・T氏は、離婚調停中にありながらメディアやインフルエンサーを通じて、篠田を追いつめるべく夫婦ゲンカ中の“修羅場音声”などをネット上に流出させた。

     しかし、その裏では「これらのデータを墓場まで持っていくのだから」と8000万円もの解決金を要求するメールを送るなど、“脅迫”とも受けとれる行動をとっていたことを『週刊女性PRIME』は報じた。 

     T氏は「自分が悪い」と絶対に認めず、篠田に対して「いいから認めろ」「お前が悪いだろ」と問い続けたり、「麻里子は芸能界しか知らない」「経営ってわかる?」と篠田を見下し、ついには「笑ってるだけでお金もらえていいよね」と芸能活動をバカにするなど、明らかなモラハラを繰り返していたと夫婦を知る関係者が明かしてくれた。

    ■YouTubeで長女の顔出しを強行したT氏

     さらにT氏は“実業家”と名乗っていたものの、その実像はまるで違った。「経営している」と謳っていた美容室の関係者からは「彼は経営に携わっていない。勝手に名前を使っているだけ」との証言も入手。そして、証言者の多くはT氏の“金銭的困窮”を挙げ、彼の口癖は「俺、カネないよ」だったとの情報も寄せられている。篠田夫婦を知る人からは「もはや結婚詐欺です」との声も出るほど。

     一方で、家庭内での夫婦ゲンカでは“絶対強者”だったというT氏なのだが、そもそもケンカの目的自体にも、夫婦には大きな“ズレ”があったようだ。

    【日時】2023年01月25日 06:01
    【ソース】週刊女性PRIME
    【篠田麻里子、夫の非道な脅迫行為やモラハラ】の続きを読む


    りゅうちぇる「男性が好き」発言について理由を説明

    今の時代は昔よりは理解もあると思いますが、親としては複雑な気持ちになるのも分かる気がしますね。

    ryuchell「男性が好き」告白の理由説明 ロングヘアで「サンジャポ」出演
    タレント・ryuchell(りゅうちぇる)が22日、TBS系「サンデー・ジャポン」に出演し、「男性が好き」発言について自ら説明した。

    ryuchellは自身のYouTubeで、高校生のころに「男性が好き」と母に告白したことがあると語っていた。母からは「育て方を間違えた」と言われたことも明かし、大きな話題となっていた。

    これについて、MCの爆笑問題・田中裕二が質問。ryuchellは、ファンから「自分らしく生きていてかっこいい」「すてきだね」などと褒められることがあるが、心のどこかで「本当は違うのに」と違和感を持っていたと明かした。褒められても「本当の自分じゃない」とズレを感じていたという。

    「すごく秘密の多い人間だから、もっと本当の自分を出したい」と思いを吐露。次第に「本当の自分」で応援してほしいと考えるようにった。「これからもそういう風に芸能をしていきたい」とし、「今のわたしを語る上では、そのカミングアウトの過去のことからしっかりお伝えするっていう、それを選びました」とYouTubeでの告白の理由を語った。

    田中は「お母さんにも感謝してる?」と質問。ryuchellは、「育て方を-」発言の翌日に母と海にドライブに行ったと告白。そこで母から「理解できないこともあるし、自分自身を責めてしまう」こともあると説明された。その上で、上京するつもりだったryuchellを「あっち(東京)はもっと進んだ考え方やいろんな生き方してる人がいるから、あっちに根を張ってがんばりなさい」と激励したという。「お母さんも葛藤もありながら..

    【日時】2023年01月22日 11:09
    【ソース】デイリースポーツ
    【りゅうちぇる「男性が好き」発言について理由を説明】の続きを読む


    全国各地で危険ということですよね。早く捕まって解決してほしいです。

    1 
    関東地方で「闇バイト」の男らによる強盗事件が相次いでいるが、犯行グループの一部が昨年以来、山口県や広島県など西日本で発生した強盗事件にも関与している疑いがあることが分かった。警察当局は、広域強盗グループが実行役を入れ替えながら各地で事件を繰り返したとみて調べている。

    昨年12月、東京都中野区の不動産業の男性(49)が自宅で現金約3000万円を奪われた事件で、警視庁は強盗傷害容疑で金沢市の永田陸人容疑者(21)を逮捕した。ほかに埼玉県草加市の無職、和野正弘被告(34)が起訴されている。警視庁は計7人が関わったとみて残り5人の行方を追っている。

    捜査関係者によると、中野区の事件の一部メンバーの特徴や手口が、昨年10月に東京都稲城市で発生した強盗傷害事件や11月に山口県岩国市で起きた強盗事件、12月に広島市の店舗兼住宅で発生した強盗殺人未遂事件と類似しているという。

    東京都狛江市の住宅で大塩衣与(きぬよ)さん(90)が殺害された強盗殺人事件の端緒は、千葉県大網白里市の強盗致傷事件で逮捕された陸上自衛官の20代男のスマートフォンに、通信アプリ「テレグラム」で大塩さん宅に強盗に入るという趣旨のメッセージが残っていたことだった。

    中野区の事件で永田容疑者が持っていたスマートフォンにも、狛江市の住宅での強盗に関するメッセージが残っていた。

    中野区や大網白里市、狛江市の事件では現場周辺でレンタカーを使って下見するなど計画的な襲撃だったとみられる。

    中野区の事件で起訴された和野被告は「この強盗をするために集まった。元から面識があるわけではない」と供述。東京都渋谷区の貴金属店での窃盗容疑で逮捕された男(19)は「闇サイトに応募した。(指示役に言われて)実行した」と供述している。

    元千葉県警刑事課長で犯罪評論家の田野重徳氏は「指示役の大本は一つで、関東・関西圏のエリアマネジャー、その下に地域責任者がいるとみられる。実行犯も見張り役や受け子、運転手役などまるで警察組織のような体系だと考えられ、すでに判明した地域以外にもどこに潜んでいてもおかしくない」と指摘する。

    指示役について、田野氏は「シノギがなくなってきている暴力団が背後にいるのではないか。警察も威信にかけ、大本を突き止めに向かうだろう」との見方を示した。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/a78ce822a8f46a821f1a1ff5450d187c2c8b10fa

    【闇バイト強盗団、山口県や広島の事件も関与疑い…背景に暴力団か】の続きを読む

    このページのトップヘ