にゃんだふるdayにゅ~す

にゃんだふるdayにゅ~すは日々の気になるニュースや話題を
まとめたサイトです。
気になる記事を探して楽しんでくださいね。


     


      今回紹介したいのは、マツチクイチゾウさんが投稿した『野生を忘れた猫』という動画です。

    投稿者メッセージ動画説明文より)

    野生を忘れてスヨスヨ( ˘ω˘ ) エアコンの風で眉毛が揺れてますよ。



     気持ち良さそうに眠る猫ちゃん。

     隙間にいるため、凄く……曲がっています。

     ツンツンしてみると……

     ちょっとフゴッとなりましたが、すぐにスヤスヤ。

     気持ち良さそうなところ申し訳ないけれど、ここで寝ては危ないので起こすことに。

     猫ちゃん、う~んと伸びをして、

     そのままお手上げ状態。

     また寝てしまったかと思ったら、薄目を開けていました。

     まだまだ眠たそうな猫ちゃんです。

     目を閉じると共に、ゆっくり後ろ足が開いていきます。

     それでも起こす飼い主さんですが……

     猫ちゃんはゴロンと転がり、起きるのを拒否しました。

    視聴者コメント

    ・前足がヌイグルミみたい
    ・ぽてちんは可愛い
    ・安心しきってる
    ・幸せそうでなにより
    ・ねこ「あと5分・・・」

    ▼動画はこちらから視聴できます

    野生を忘れた猫





       

    警戒心を忘れた飼い猫はホントによく寝るんです。かわいいですよね。

    <このニュースへのネットの反応>

    【【猫】起こされても眠り続ける猫「あと5分待たれよ…」】の続きを読む


    「世界一受けたい授業」の内容が原因?スマホが使えなくなった…



    (出典 www.4900.co.jp)


    使い方とか詳しくない人が簡単にやろうと思ってもちょっと無理がありますかね。

     「テレビを見てSIMカードロックをかけようとしたら、スマホが使えなくなった」──6月27日ネット上でこんなトラブルの報告が相次いだ。同日に放送された日本テレビの番組「世界一受けたい授業」の内容が原因だという。

    【その他の画像】

     同日の番組内容は、「あなたのスマホがとにかく危ない!個人情報の特定屋とは!?」というもの。元埼玉県警捜査一課警部補で現在「刑事コメンテーター」として活動している佐々木成三さんが、デジタル犯罪から身を守るためのスマートフォンの設定を指南した。

     その中で紹介されたのが「SIMカードロック」。スマートフォンロックだけではなく、SIMカードに設定できる「PINコード」(4桁の数字)を初期設定から変更することで悪用を防ごうという意図だ。

     しかし、SIMのPINコードは入力する番号を3回間違えると「PINロック」状態に陥ってしまい、データ通信はおろか、電話の発着信などSIMを使った通信が使えなくなる。

     スマートフォンの設定に詳しい、インターネットイニシアティブIIJ)のMVNO事業部シニアエンジニアでもある広報部の堂前清隆副部長は、「操作を間違えるとスマホが利用できなくなる、極めて危険性の高い機能」と指摘する。

    ●他の方法で代替できる上に設定方法が“初見殺し

     堂前副部長は、「この設定で守れることに対してリスクが高すぎる」と続ける。

     「SIMカードを紛失した際、拾われて勝手に通信されたり、SIMカード内に保存されている電話帳などを読み取られたりといった危険はある」と、確かにSIMカードロックで守れるものはあると話す。

     しかし、その必要性については「通信はキャリアに紛失の届け出をすれば止められるし、いまどきSIMカード内に電話帳を保存している人は多くないと思われる」として、わざわざSIMカードロックを使わなくても他の方法で代替できると指摘した。

     さらに、「iOSAndroidともにSIMカードロックの設定方法は“初見殺し”だ」ともいう。

     「なぜこのような設定方法になっているのかは分からないが、iOSAndroidともに初めてSIM PINのコードを設定する際、入力欄に『初期設定のPINコード』を入れる必要がある。普通はこの欄にはこれから設定するPINコードを入れたくなるが、そうして3回間違えるとロックが掛かってしまう。私でも分かりにくいと思う」

     初期設定のPINコードは通信事業者ごとに異なる。PINコードの入力を間違え、PINロック状態に陥ってしまった場合は、8桁の解除コード(PUKコード)が必要になる。PUKコードの入力も10回間違えるとSIMカード自体が無効になり、復活できなくなってしまう。

     「SIMカードへの電話帳保存はGSM時代からある機能だが、現在はスマートフォンソフトウェア側の電話帳機能が発展したため、わざわざ使う人はほとんどいないだろう。その時代ならまだしも、今となってはSIMカードロックの機能はバランスが悪く、おすすめできない」

     日本テレビは27日の放送終了後、番組公式サイトに同日放送回のまとめ記事を公開したが、29日時点で記事は削除されている。ITmedia NEWS日本テレビコメントを求めたが、「担当者不在」との回答を受けた。

    ●追記:2020年6月29日午後7時50分 日本テレビコメント発表

     日本テレビITmedia NEWSの質問に回答するとともに、番組公式サイト上で27日の放送についてコメントを発表した。

     「デジタル犯罪対策の1つとしてご紹介した『スマートフォンSIMカードロック』の説明に関して分かりづらい点がありました」とした上で、「ご紹介した方法には携帯電話会社ごとに異なる操作がありますので、手順を確認出来ない場合は、操作を控えて頂くようお願い申し上げます」とした。

    (追記ここまで)

    「世界一受けたい授業」の6月27日の番組内容(紹介記事は29日時点で削除されている)


    【「世界一受けたい授業」の内容が原因?スマホが使えなくなった…】の続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)


    この人、普通に懐かしい。

    1 らむちゃん ★ :2017/05/14(日) 16:02:12.88

    ソース元、2017年5月14日15時48分 スポーツ報知
    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170514-OHT1T50130.html

     宗教法人「幸福の科学」に出家した女優の清水富美加(22)が15日、「千眼美子」名義で開設しているツイッターを25日ぶりに更新。働く女性の尊敬する点をツイートした。

     4月19日以来の更新となったツイッターでは「最近改めて気付き尊敬のまなざしを向けずにいれない事」とつぶやいた上で「世の中の働く女性の多くが『メイクをして家を出る』ということ。まじ、朝眠いのに。その眠気を統御し、綺麗にして行くという心意気。美意識。私は恥ずかしい気持ちになりました。





    【清水富美加、働く女性を尊敬 25日ぶりツイッター更新】の続きを読む

    このページのトップヘ