にゃんだふるdayにゅ~す

にゃんだふるdayにゅ~すは日々の気になるニュースや話題を
まとめたサイトです。
気になる記事を探して楽しんでくださいね。

    2020年08月


    田中みな実 女優転身報道でまさかのバッシングか…

    元々がアナウンサーですからね、いきなり女優っていうのもちょっと違和感があるかな。

          
         
    田中みな実、「タレント兼モデル業がメイン」に方針チェンジ? 女優転身報道で“想定外”バッシングに大ダメージ
    田中みな実、「タレント兼モデル業がメイン」に方針チェンジ? 女優転身報道で“想定外”バッシングに大ダメージ
    8月14日、芸能事務所・フラームに“電撃移籍”し、注目を集めたフリーアナウンサー・田中みな実。

    同事務所には、広末涼子や戸田恵梨香ら有名女優が名を連ねていることから「女優業への本格転身」などと報じられ、ネット上では否定的な意見が噴出している。

    TBSの局アナ時代は、ぶりっこキャラで名を馳せ、“女に嫌われる女”としてアンチも多かったものの、そこから起死回生の大逆転を果たし、今ではすっかり売れっ子となっただけに、今後のさらなる飛躍に期待する関係者も多いというが……。

    「移籍発表当日は、田中の古巣・テイクオフやフラームとも深く関係しているバーニングプロダクション幹部から、メディア関係者に『今日中に大きい発表があるので、大きくかつポジティブに報じるように』というお達しがありました。特にスポーツ新聞は言われた通り、田中を大きく持ち上げるような記事が目立っていた印象です」(テレビ局関係者)

    しかし翌週以降になると、「田中のワガママによる移籍だった」といったネガティブな内容が週刊誌に掲載される事態に。

    8月25日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)では、「辞めてほしかった」という前事務所の本音を掲載している。

    「昨年12月に発売した写真集『Sincerely yours...』(宝島社)の大ヒット以降は、『女性の憧れ』として扱われる機会も多く、批判的なコメントもどんどん少なくなっていました。ところが、移籍報道の初っ端から『女優転身』が大きくクローズアップされたことも手伝って、現在ネット上では『勘違いしすぎ』『数年後には消えている』など、厳しい意見が目立っています」(同)

    そんな田中だが、女優転身と言っても、当面はこれまで通り“タレント兼モデル”としての活動がメインとなっていくようだ。

    「移籍時点で、発表できるような女優の仕事はなかったと聞いています。少なくとも年内は、テレビ出演と写真集のプロモーション活動がメインになっていくのでは。むしろ田中の年内の“課題”は、この想定外のバッシングをどう収めるかでしょうね」(テレビ局関係者)

    移籍発表で受けてしまった大ダメージから、どこまでV字回復を見せるのか。

    田中の再始動に注目が集まる。
        

    【田中みな実 女優転身報道でまさかのバッシングか…】の続きを読む


    大坂なおみ 準決勝棄権を撤回 協議の末出場すると表明

    出るからには是非勝って気持ちの表現をしてもらいたいです。

          
         
    大坂なおみ、協議の末に準決勝棄権を撤回「より抗議運動への注目集められる」
    大坂なおみ、協議の末に準決勝棄権を撤回「より抗議運動への注目集められる」
    米ウィスコンシン州での警官による黒人男性銃撃事件など一連の人種差別への抗議を示すため、出場中のウエスタン・アンド・サザン・オープンをいったんは棄権すると表明した女子テニスの大坂なおみ(日清食品)が27日、女子ツアーを統括するWTAなどと協議した結果、28日の準決勝に出場すると表明した。

    マネジメント会社を通じ発表した声明で「WTAや全米テニス協会からの要請に従い、28日にプレーすることに同意した。より抗議運動への注目を集めることができる」と説明した。

    大坂は2018年に優勝を飾った31日開幕の四大大会、全米オープンにも出場し、第4シードとして1回戦で土居美咲(ミキハウス)と対戦することが決まった。
      
     

    【大坂なおみ 準決勝棄権を撤回 協議の末出場すると表明】の続きを読む


       

    2799日間と長い期間でしたが、お疲れ様です。今後はどうなるのでしょう。

    1

    安倍首相は、午後3時に開く自民党臨時役員会で辞意を表明する。党関係者が明らかにした。 
     
     
    安倍首相は、午後3時に開く自民党臨時役員会で辞意を表明する。党関係者が明らかにした。
    -----
    安倍首相 辞任の意向固める 持病が悪化したことなど理由に

    安倍総理大臣は、持病が悪化したことなどから国政に支障が出る事態は避けたいとして、総理大臣を辞任する意向を固めました。安倍総理大臣は、28日夕方記者会見することになっていて、理由などをみずから説明するものとみられます。

    安倍総理大臣は、ことしの夏は、新型コロナウイルスへの対応などで、連日、総理大臣官邸に入り、執務にあたりました。

    今月16日からは3日間夏休みを取り、都内の自宅で過ごしましたが、17日には東京・新宿区の慶応大学病院におよそ7時間半滞在して日帰りの検診を受けました。

    1週間後の24日にも再び慶応大学病院を訪れ、およそ3時間半滞在したあと「17日の検査の結果を詳しくうかがい、追加的な検査を行った。体調管理に万全を期して、これから仕事を頑張りたい」と述べていました。

    こうした中、安倍総理大臣は、検査の結果、持病の「潰瘍性大腸炎」が悪化していることが分かったことなどから国政に支障が出る事態は避けたいとして、総理大臣を辞任する意向を固めました。

    28日午後5時から、総理大臣官邸で記者会見することになっていることから、理由などをみずから説明するものとみられます。

    安倍総理大臣は、14年前の平成18年、戦後最年少の52歳で総理大臣に就任しましたが、持病の潰瘍性大腸炎が悪化するなどして、在任期間366日で辞任しました。

    このため、今回も、持病の悪化など健康不安がささやかれる中、政府・与党内からは、休養を十分にとるよう勧めるなど、安倍総理大臣の体調を心配する声が出ていました。

    平成24年の衆議院選挙で政権を奪還し、5年ぶりに再び総理大臣座に就任し「経済再生」を最優先に「アベノミクス」を推進したほか就任当時5%だった消費税率を2度にわたって引き上げ、いまの10%にしました。

    去年の皇位継承とそれに伴う「改元」にも、政権をあげて取り組みました。

    また、アメリカのトランプ大統領と個人的な信頼関係を構築し、ロシア外交も精力的に進めました。

    さらに、厳しい安全保障環境などを踏まえ憲法解釈を変更して集団的自衛権の行使を限定的に容認する閣議決定をしたうえで、安全保障関連法を成立させました。

    ことしに入ってからは、新型コロナウイルスへの対応に注力し、4月には特別措置法に基づく「緊急事態宣言」を出して、国民に外出自粛を要請し、コロナ時代の「新たな日常」をつくる必要があるとして、いわゆる「3つの密」の回避など「新しい生活様式」への取り組みを呼びかけてきました。

    第1次政権とあわせた通算の在任期間は去年11月に憲政史上最長となっていて、今月24日には、連続の在任期間も2799日となり、歴代最長となっていました。 
     


     
     


    【安倍晋三首相 辞任の意向を固め、辞意表明へ】の続きを読む


       

    やっくんが嫌悪感を抱くのも無理ないかな。ちょっと口が悪いとこありますよね。

    1


    27日放送のフジテレビ系「バイキング」(前11時55分)で、安倍晋三首相の健康問題について特集した。

    安倍首相は、28日に記者会見を開き、新型コロナウイルス対応を説明する方針で、自身の体調にも言及する見通しとなっている。
    官邸での記者会見が実現すれば、通常国会閉会翌日の6月18日以来となる。

    番組では麻生太郎財務相が25日の会見で首相の体調について質問したテレビ朝日の記者に
    「テレビ朝日? おたく。あっそう。テレビ朝日がどんなニュースを流しているかテレビ朝日をあまり見ないのでよく知らないんですけども
    各社同じ情報を流しているんですか」などと述べたことを伝えた。

    この発言にタレントの薬丸裕英は「何様って思いますよね、この方」とした上で「質疑応答はちゃんとしていただきたい」などと指摘した。
    さらに「こんな物言いしかできないんだったらこのポストにいないでいただきたい。これが一番醜い」とコメントしていた 
     


    【麻生太郎の返答に薬丸裕英「何様って思いますね。この方」】の続きを読む


       

    女優さんってストイックで頭が下がります。出産してもちゃんと体形維持してたりとか。でも12リットルってほんとかな?

    1

    女優の榮倉奈々さんが8月21日、東京都内で行われた映画「糸」(瀬々敬久監督)初日舞台あいさつに出席。同作品で約7キロ減量したことが話題になったが、共演した菅田将暉さんは「すごかった。ちゃんとコントロールして痩せていた」と姿勢を称賛した。

     榮倉さんは、菅田将暉さん演じる高橋漣が働くチーズ工場の先輩・桐野香役。病気におかされてしまう役柄で痩せなければならず、「減量したときに体が保つようにめちゃくちゃ筋トレした」という。

     痩せてから約2カ月空いてから再び元気な姿での撮影があったが「すごい食べたんですけど、太れなくなって。体につくけど顔につかなくて。菅田くんが引くくらい食べていたよね」と苦笑いで回想。体重の増減は「ちゃんと専門の方に計画を作ってもらった。撮影のときにベストになるように」といい、水を一日に12リットル飲むこともあったという。榮倉さんは「まあ、それだけじゃないんですけどね……」と当時を懐かしんだ。

     榮倉さんと初共演となった菅田さんは、「初めての父親役だったので家庭という部分では全乗っかり。娘さんとの接し方は現場で榮倉さんを見ながらまねしていた」と私生活では母親の榮倉さんを参考にしたという。一方、榮倉さんは「今をときめく菅田将暉くんなのでドキドキ。世代も離れているので、すごく緊張していたんです」と明かし、「菅田さんは現場ではのびのびしている印象。まったく壁がなくて最初から楽しく撮影できた」と笑顔を浮かべていた。

     映画「糸」は1998年にリリースされた中島みゆきさんの名曲をモチーフにしており、平成元年に生まれた男女2人の平成から令和を迎えるまでの31年間のラブストーリーを描く。この日は小松菜奈さん、斎藤工さんも登壇。舞台あいさつの模様は全国111館の劇場に生中継され、約1万人が見守った。 
     
     


    【榮倉奈々 7kg減量で水を一日12リットル飲んだ日も…】の続きを読む

    このページのトップヘ