にゃんだふるdayにゅ~す

にゃんだふるdayにゅ~すは日々の気になるニュースや話題を
まとめたサイトです。
気になる記事を探して楽しんでくださいね。

    2020年11月



    (出典 camera-map.com)


    まだまだこれから増えそうな予感。

    【東京都、新型コロナ新たに401人感染 重傷者は54人】の続きを読む



    (出典 www.news-postseven.com)


    不倫報道多いけど、内容が下劣すぎるんですよね。女性からは特に批判が多いのでは?

    1

    “多目的トイレ不倫”の「アンジャッシュ」渡部建の復帰報道が世間を騒がせている。まさかの展開に顔をしかめているのは、当の渡部本人だろう。復帰どころか芸能生活の危機の可能性まで浮上しているからだ。

    改めて時系列を振り返ると、渡部が大みそか恒例の『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)の「絶対に笑ってはいけない」シリーズで復帰すると、ニュースサイト「週刊女性PRIME」が11月16日に報じた。これに「スポーツニッポン」が追随し、18日にすでに極秘収録済み…と伝えた。

    すると、ネット上を中心に「見たくない」「渡部はムリ」「何でもアリでは済まされない」と大炎上。改めて不人気ぶりを証明するカタチとなった。

    なぜ渡部だけがNOなのか。というのも、これまで同番組は不倫タレントのミソギの場として使われてきたはずだ。

    ‘16年にゲス不倫が報じられたベッキーはドッキリを仕掛けられ、尻に強烈なタイキックを見舞われた。‘17年に“アパホテル不倫”が発覚した袴田吉彦は変態仮面に変身。

    「ポイントカードを貯め歩き、浮気相手に売られてしまった最強のだらしなさ!不倫仮面、袴田!」

    と自らネタにしてみせた。昨年は“4WD不倫”が報じられた原田龍二が不倫教師役で出演。袴田から、

    「そんな教師はクビにしろ!不倫は絶対に許されざる行為だ!」

    と糾弾され、爆笑をさらった。

    「渡部の場合は、何より密会場所が身体の不自由な方も利用する多目的トイレだったのがマズかった。佐々木希という妻がいながら浮気を繰り返していたこともいただけない。会見も行っていない。同じ醜聞でも全く“笑えない”のが渡部の不倫だ」(ワイドショー関係者)

    こうなるとボディーブローのように効いてくるのが、すでに出演シーンが撮影済みであるという話だ。これが事実なら、オンエアで流すのか、それとも世間の風を読んで見送るのか。

    仮に見送られた場合、渡部は芸人・タレントとして“必要とされていない”と烙印を押されたのと同じだ。

    「不倫タレントの最後の駆け込み寺のような番組ですからね。そこでカットされることが何を意味するのか……。頭の良い渡部さんならわかるはず」

    とは、お笑い関係者だ。番組スポンサーも事態の推移を注意深く見守っているという。

    そんな渡部の命運を握るのは、ダウンタウンの松本人志だ。テレビ界に大きな影響力を持つお笑い界のトップオブ・トップ。テレビ関係者は、

    「スポンサーの声を押さえて決断できるのは松本さんしかいないのでは。松本さんがオンエアにGOを出せば流れるし、NOならお蔵入りになる可能性も」

    と話す。松本は11月22日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、渡部の復帰報道に触れて「今年やるって発表していないので、これに対して本当はコメントできない」としつつ、

    「誰がゲストで、どこで出てきて、何をするかっていうのは我々は知りたくない。受け身の側。ところが今回、収録前にネットニュースで知らされる。考えられないですよね」

    と報道に対して不満顔。続けて「収録前にあれ出されて、我々は知りたくなかった。ルール違反も甚だしい」と話した。

    「渡部さんも松本さんを気遣わせることになりツラいだろう。これ以上、ハレーションが広がるようなら、最悪の場合、自ら身を引く可能性だってあるのでは」(スポーツ紙記者)

    それはいくらなんでもさすがに、と思いたいが、そもそも年末での復帰計画自体がサプライズ。なにが起こってもおかしくはない状況と言えよう。復帰が報じられながらオンエアされなければ、それこそ日本テレビをはじめテレビ業界から敬遠されたようなもの。渡部の「こんなはずじゃなかった……」という心の声が今にも聞こえてきそうだ。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/2cbd1d3a25b682e581010c5b9d682dc78f88662c

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
     
     


    【渡部建の誤算 復帰説から一転、引退危機も浮上「見たくない」】の続きを読む


    眞子さまは駆け落ち婚も視野に入れていた?コロナ禍のNY渡航も検討

    コロナ禍で国民が苦しんでいるときに駆け落ちとかホントだったらかなり信用ガタ落ちになりますよね。恋は盲目とは言うけど、一度冷静になれないのかな。

         
    コロナ禍のNY渡航も検討 「駆け落ち婚」同然だった「眞子さま」の結婚宣言
    ■かなり突っ込んだ内容だったことに
    世間を驚かせた、眞子さま(29)による11月13日の「結婚宣言」。

    《結婚は、私たちにとって自分たちの心を大切に守りながら生きていくために必要な選択です》とまで言い切って、小室圭さん(29)と添い遂げようとする強い決意が感じられた。

    それに至るまでの水面下の動きをリポートする。

    「この“宣言”の冒頭には、《新型コロナウイルスの影響が続くなかではありますが、11月8日に立皇嗣の礼が終わった今、両親の理解を得たうえで、改めて私たちの気持ちをお伝えいたしたく思います》とありますね」と話すのは、宮内庁関係者。

    「確かに、秋篠宮さまと紀子さまは、この時期にこのような文書を国民に向けて出すという報告は受けておられたようですが、その具体的な中身までは詳しくは知らされていなかったのです」ふたを開けてみると……。

    「かなり突っ込んだ内容だったことに、特に秋篠宮さまは驚かれたようです。ここまで明確に現在の心境と結婚の意思を表明されるというのは想定外だったということでしょう。実際、そのような胸中を明かされていると聞いています」11月8日に立皇嗣の礼が終わり、11月30日には秋篠宮さまの誕生日会見の中身が報じられる(会見自体はすでに20日に行われた)。

    その会見で、暗礁に乗り上げたままの眞子さまの結婚について記者から問われるのは間違いない。

    だから、ある程度、眞子さま本人から意思表示された方がいいという考え方が秋篠宮さまにあったことは間違いないようだ。

    「文書には、“どんなことがあっても私たちは結婚するんだ”という強い思いが込められていて、その意味では『駆け落ち婚』も同然だったと、宮内庁の中では受け止められています」



    【日時】2020年11月24日 06:01
    【ソース】デイリー新潮
        

    【眞子さまは駆け落ち婚も視野に入れていた?コロナ禍のNY渡航も検討】の続きを読む


    東山紀之、自身も不倫経験者として近藤真彦への発言

    不倫経験者多いですね。昔と今では対応もだいぶ違ってきているんでしょうけど。

         
    東山紀之、グラドルと不倫スキャンダル経験者ゆえ? 近藤真彦に「大きな失望感」発言の胸中
    11月22日放送の情報番組『サンデーLIVE!!』(テレビ朝日系)で、MCを務める少年隊・東山紀之が、「週刊文春」(文藝春秋)の報道が発端となった近藤真彦の不倫騒動について言及した。

    大きな失望感があるとしながらも、「マッチさんを嫌いになれない自分もいる」と語っていたが、自身も不倫スキャンダル経験者だけに、「さぞ複雑な心中であっただろう」と、マスコミ関係者の間でいわれているようだ。

    東山は今回の報道について、ジャニーズ事務所の対応の遅さを批判しつつ、「責任を果たしていない近藤真彦さんには大変大きな失望感があります」と“断罪”した。

    「近藤に限らず、ここ数年ほどのジャニーズ事務所は、スキャンダル報道を極力スルーせず、きちんと世間に対して経緯を説明し、タレントに処分を下すという方針になってきています。しかし今回の近藤に関しては、当初テレビや新聞が後追い報道をせず、スキャンダル自体より、『ジャニーズがマスコミに圧力をかけているのではないか』という疑惑のほうが、世間で物議を醸すことに。その後、ジャニーズは近藤の無期限芸能活動自粛処分を発表し、本人も謝罪をしましたが、確かに東山の言う通り対応が遅かったと言わざるを得ないでしょう」(週刊誌記者)

    そんな東山は2012年4月、「フラッシュ」(光文社)に不倫報道をスクープされたことがある。

    「お相手はグラビアアイドルで、東山は女性の自宅で数時間、二人きりで過ごしていたと報じられました。当時のジャニーズは、マスコミに対して圧力をかけ、報道を封じることは当たり前だっただけに、テレビ・新聞とも当然この件はスルーしていたのですが、なんとジャニーズサイドは、敵対メディアである『フラッシュ』に対し、東山本人の『僕自身の軽率な行動により、誤解を招いてしまったことを反省しております。かねてからの友人ですので、後ろ指を指されるような関係ではいっさいありません』というコメントを掲載させたんです。こうした異例の対応を見るに、実際に東山と女性は深い仲であり、これ以上の致命的なスキャンダルを報じられないよう、先手を打ったのではという見方もできます」(同)

    そして8年の時を経て、東山はよりによってジャニーズの先輩である近藤の不倫について、公のコメントを求められる立場になった。

    「自分も過去に不倫問題でつまずいており、かつ番組自体も近藤の処分が発表されるまではスルーしていただけに、視聴者から『どの口が言うのか』といった批判が出ることが予想された。また先輩である近藤本人が放送を見ることも考えられる。こうした背景を考えると、東山にとって『サンデーLIVE!!』でのコメントは、相当なプレッシャーがあったでしょう。近藤を厳しく非難しつつ、『マッチさんを嫌いになれない』とフォローする……そんな優等生的な発言からは、東山の葛藤も感じ取れます」(テレビ局関係者)

    果たして後輩である東山の言葉を、近藤はどのように受け止めたのだろうか。
    【日時】2020年11月24日 12:15
    【提供】サイゾーウーマン


    【東山紀之、自身も不倫経験者として近藤真彦への発言】の続きを読む



    (出典 image.news.livedoor.com)


    天狗になりすぎてたのかもしれないですね。ダメなことをすればそれなりの代償は降りかかってくるものということでしょう。

    1

     まさに身から出たさび。ジャニーズ事務所の“長男”として我が世の春を謳歌してきた近藤真彦(56)が絶体絶命の危機にひんしている。

    「文春砲」で報じられた25歳年下の女社長との5年間に及ぶ不倫愛のツケを「芸能界引退」という大きな代償で支払わなければならない可能性が浮上している。近藤は“無期限芸能活動自粛”という重い処分に決まったものの、すでに芸能界の関心は復帰を巡る算段に移っている。しかし、「いつ、誰が近藤の後見人となって復帰を後押しするのか。現状、事務所内を見回してみても適当な人物は見当たらない。そもそも近藤を可愛がり、増長させたのはメリー喜多川ジャニーズ名誉会長だった。しかし、いまは事務所の権限は長女の藤島ジュリー景子社長(54)や元タレントの滝沢秀明副社長(38)らに完全移譲されメリーさんは何の権限も持っていない。このまま行けば、自ら引退を口にせざるを得ない状況です。近藤本人もそのあたりは敏感になっているようです」(ベテラン芸能リポーター)。

     そもそも近藤を巡っては大した仕事もしていないのに厚遇されているとしてジャニーズに所属する他のタレントからもクレームが上がっていた。

    「さらに厄介だったのが今回のスキャンダルで近藤の年収が3000万円超えであることが露見してしまったこと。タッキー副社長はこの不満を抑えるのに四苦八苦しています」(前出の芸能リポーター)

     ちなみに近藤の仕事は、ラジオ「COME ON! ROCKIN‘ROAD」(FM COCOLO)と「近藤真彦くるくるマッチ箱!」(文化放送)、CM「フジ・コーポレーション」の3本のみ。

    「近藤はジャニーズの音楽権を管理する関連会社の株を持っていてかなりの高配当があるんです。メリーさんやいまは亡きジャニー喜多川氏の配慮だったそうです。いずれにせよ滝沢体制になってからジャニタレやスタッフへのギャラは平均しては1~3割近く減っている。また近藤は後輩の育成などの類いは一切していないため、若手からの人望はゼロに近い」(事情通)

     近藤にとって今年は記念すべき芸能生活40周年だったはず。不倫の代償は本当に高くつきそうだ。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/e407551d48f4ec343a5dd8c3c8d7d2c20b24ff87

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    【不倫の代償で近藤真彦は芸能界引退へ…身から出た錆】の続きを読む

    このページのトップヘ