にゃんだふるdayにゅ~す

にゃんだふるdayにゅ~すは日々の気になるニュースや話題を
まとめたサイトです。
気になる記事を探して楽しんでくださいね。

    2021年04月


    福原愛 大きすぎた不倫の代償…離婚へのもくろみは崩壊し会社も閉鎖

    ちょっとした出来心が思わぬ方向へ動いてしまったようですね。


    福原愛 続く不倫騒動ドミノ…新会社のオフィスが2カ月で閉鎖
    東京都心の大通り沿いに立つオフィスビル。その1室に、福原愛(32)が代表取締役を務める「株式会社omusubi」があった。

    “卓球界やスポーツ界に社会貢献活動を通じて恩返しをするための会社”だったが、1月中旬の会社設立から、わずか2カ月でオフィスは閉鎖されていた。

    登記簿によればomusubiの所在地は3月下旬の時点で、福原の所有する一軒家に変更されている。

    しかしその直後、彼女は自宅からも転居しているのだ。本誌は3月下旬、不倫騒動の現場となったこの自宅から荷物が運び出される様子も目撃していた。

    福原は4月23日に所属事務所を通じて離婚に関するコメントを発表した。

    「江氏が協議の場についてくれたことに感謝しています。子どもたちのためによい方法を選択したいと思いますので、温かく見守ってくださると幸いです」

    スポーツ紙記者はこう語る。

    「3月上旬の不倫報道から1カ月半、ついに夫の江宏傑氏(32)が台湾の裁判所に離婚を請求したそうです。1月に帰国した時点で福原さんは離婚を決意していたと思われます。

    東京五輪関係の仕事をしながら、夫のモラハラなどを理由にして、離婚協議を進めていくつもりだったのでしょう。しかし総合商社に勤める男性との2泊3日デートが発覚したことで、彼女のもくろみは崩壊してしまいました」

    広告代理店関係者によれば、

    「台湾での福原愛夫妻のCM出演料は1本2,500万円でした。台湾ではスキャンダルでCMを流せなくなるというケースはほとんどないこともあり、違約金は契約金の2~3倍と高額です。



    【日時】2021年04月26日 16:00
    【ソース】女性自身


    【福原愛 大きすぎた不倫の代償…離婚へのもくろみは崩壊し会社も閉鎖】の続きを読む


    ホストに狂い借金まみれ…須藤早貴容疑者 ドンファン殺害で逮捕

    マジメだった人が何かをきっかけにデビューしちゃうと、人生転落するケース多いですが、典型的な例ですね。


    ドンファン殺害容疑で逮捕!須藤早貴容疑者の「虚像」 ホスト狂いで借金も
    “紀州のドン・ファン”こと和歌山県田辺市の会社社長・野崎幸助さん(享年77歳)が変死した事件で、和歌山県警は元妻の須藤早貴容疑者(25)を殺人容疑で逮捕した。

    札幌市で育った須藤容疑者。高校時代までは真面目で特に目立つ存在ではなかったというが、卒業後に同市内の美容専門学校に入学すると、派手に。「お金持ちキャラ」を演じ、ホストクラブにもハマりだしたという。

    「ススキノにあるXに入り浸り、そこのホストと交際していた。一方、ホスト遊びで借金もあり、そこから愛人業に手を出したとか。すぐに金持ちを捕まえたようで、借金を返しシャネルなどブランドに身を包むようになっていった」(ススキノ関係者)

     自身のSNSで派手な生活をアピールするようになっていったのも、美容専門学生時代だ。

    「当時、付き合っていたのは、イケメンホストばかり。おそらく彼氏の生活の面倒も見ていたのでは? 一方で、金持ちの愛人とも海外や国内の旅行に行き、ぜいたくアピールを繰り返していた」

     歌舞伎町にも顔を出していた須藤容疑者。ホスト遊びが転落のきっかけになったのか。



    【日時】2021年04月28日 12:48
    【ソース】東スポWeb


    【ホストに狂い借金まみれ…須藤早貴容疑者 ドンファン殺害で逮捕】の続きを読む



    (出典 cf-images.ap-northeast-1.prod.boltdns.net)


    ほとんどの人が元妻を疑っていたでしょうけど、やっぱりかという印象ですね。

    1 

    資産家“紀州のドン・ファン”不審死で元妻を殺人容疑で逮捕

    3年前、和歌山県田辺市の資産家で“紀州のドン・ファン”とも呼ばれた会社社長の男性が急性覚醒剤中毒で死亡した事件で、警察は28日朝、男性の25歳の元妻を殺人の疑いで逮捕しました。

    逮捕されたのは、東京 品川区に住む須藤早貴容疑者(25)です。

    捜査関係者によりますと、須藤容疑者は平成30年5月に和歌山県田辺市の自宅で当時夫だった会社社長の野崎幸助さん(77)を急性覚醒剤中毒にさせて殺害したとして殺人の疑いが持たれています。

    野崎さんは、自伝のタイトルから“紀州のドン・ファン”とも呼ばれる資産家で、警察は自分で覚醒剤を使った痕跡がないことから何者かに覚醒剤を摂取させられて、殺害されたとみて捜査を進めていました。

    その結果、野崎さんが覚醒剤を摂取させられたとみられる時間帯には、須藤容疑者しか自宅にいなかったことや、事件前にインターネットで覚醒剤について調べていたことなどがわかったということです。

    そして28日朝、現在、居住している東京のマンションに捜査員を派遣して逮捕しました。

    和歌山県に飛行機で移送された須藤容疑者は田辺警察署に到着し、警察は取り調べを始めるものとみられます。

    ■須藤容疑者とは

    須藤早貴容疑者は札幌市出身で、野崎さんとは50歳以上、年齢の離れた妻でした。

    野崎さんが亡くなる直前の平成30年に出版した「紀州のドン・ファン野望篇」という本の中では、前の年の秋に羽田空港で転んだところを当時21歳だった須藤容疑者に助けてもらったことがきっかけで知り合ったと紹介されています。

    そして、「最後の女性になってくれませんか」と野崎さんから申し込まれ平成30年2月に結婚しました。

    須藤容疑者は結婚後も東京都内のマンションに住み野崎さんのいる和歌山県田辺市に姿を見せることは少なかったということです。

    そして、野崎さんは結婚からわずか3か月後に、不審な死を遂げます。

    葬儀や初盆の際の須藤容疑者の様子について参列した男性は「『旦那さんが亡くなってしまって大変だね』と声をかけたら『別に』という反応で、スマートフォンを触ってばかりでした」と違和感を覚えたと話していました。

    2021年4月28日 10時33分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210428/k10013002181000.html

    (出典 www3.nhk.or.jp)




    【3年前の“紀州のドン・ファン”野崎氏の不審死で25歳元妻を殺人容疑で逮捕】の続きを読む


    野田聖子夫が裁判で週刊新潮を訴えるも棄却…逆に元暴力団員だったと認定される

    訴えたはずが自爆したような結果になっちゃったんですね。


    「野田聖子」夫は「元暴力団員」…裁判所が異例の認定
    ■真実であると認められる
     4月21日、東京地裁で、野田聖子元総務相(60)の夫・文信氏(54)が週刊新潮を訴えた裁判の判決が言い渡された。結果は文信氏側の請求棄却。さらに文信氏が「反社会的勢力」に属していたことを裁判所が認めるという、異例の認定が下されたのである。

     ことの発端は2018年7月。当時の安倍政権で総務大臣を務めていた野田氏の秘書が、文信氏と懇意にしていた仮想通貨事業者を同席させた場で、金融庁の担当者を呼びつけ“圧力”をかけたのではないかとの疑惑を朝日新聞(7月19日付)が報じたことがきっかけだった。

     これを受け週刊新潮は、“圧力”の背景に文信氏の存在があると指摘し、暴力団に所属する構成員であった経歴を報じた。この記事を“事実無根”とする文信氏は、発行元である新潮社を相手取り、1100万円の損害賠償を求め東京地裁に訴えたのだ。
    その請求が棄却されたわけだが、判決文では文信氏の経歴について、こう記されている。

    〈原告が指定暴力団・会津小鉄会の昌山(まさやま)組に所属していた元暴力団員であるとの事実の重要な部分は、真実であると認められる〉

     本誌(週刊新潮)が訴えられた当該記事を取材した当時、野田氏は文信氏の過去について〈事実ではございません〉と明確に否定している。今回、改めて裁判について見解を問うと、〈裁判中につき回答は控えます〉(野田聖子事務所)と言うのみ。

     メディアに登場した際には、「日本初の女性総理」への意気込みを語っていた野田氏。本当に総理を目指すのであれば、世間に対して明確な説明が求められるだろう。

     4月28日..

    【日時】2021年04月27日 17:00
    【ソース】 デイリー新潮


    【野田聖子夫が裁判で週刊新潮を訴えるも棄却…逆に元暴力団員だったと認定される】の続きを読む



    (出典 fl-ntg.com)


    結婚願望がそもそもあるんですかね。電撃婚があればちょっと騒ぎにもなりそうですが…

    1

    数多くのイケメンが存在する芸能界の中でも、佐藤健はトップクラスのモテ男。
    “共演者キラー”といわれ、これまで数多くの女優と浮名を流してきた。

    2008年に『仮面ライダー電王』で共演した秋山莉奈を皮切りに、舞台
    『ロミオとジュリエット』で共演した石原さとみ、ドラマ『Q10』で共演した
    前田敦子など多数いる。

    また、共演者以外でも、広末涼子、森カンナ、吉岡里帆など噂になった女性を
    上げればきりがない。

    そんな佐藤との交際の噂が出ている女優が2人いる。上白石萌音(23)と
    本田翼(28)だ。

    上白石とは2020年に放送されたドラマ『恋はつづくよどこまでも』で共演。
    結婚を視野に入れて交際しているのではと言われている。

    一方、本田とはバラエティ番組の共演をきっかけに噂が広まった。趣味が
    ゲームなど共通点が多く、佐藤が本田のYouTubeチャンネルの動画を
    「全部見ている」と明らかにしている。

    「もっぱら上白石萌音さんが本命ではとみられています。本田さんとの仲が
    どこまで進行したのかはわかりませんが、関係があったとしても遊びでしょう。
    もし佐藤さんの電撃婚があるならば、お相手は上白石さんの可能性が高いです」
    (前出・芸能記者)

    【関連】石原さとみが「金玉」ネタで大喜び。

    https://www.mag2.com/p/news/495294?utm_medium=email&utm_source=mag_W000000003_mon


    【佐藤健、本田翼とはお遊び…本命の上白石萌音と電撃婚か】の続きを読む

    このページのトップヘ