にゃんだふるdayにゅ~す

にゃんだふるdayにゅ~すは日々の気になるニュースや話題を
まとめたサイトです。
気になる記事を探して楽しんでくださいね。

    2021年04月



    (出典 prtimes.jp)


    元奥さん、気の毒としか言いようがないですね。子供も奪われたら生きる気力もなくなっちゃいますよね。

    1 


    (出典 i.imgur.com)


    3年前の記事
    不倫されたあげく親権剥奪…。山尾志桜里の不倫相手・倉持弁護士の「元妻」が語る現状が悲惨すぎる
    2018年4月18日 11時0分
    A子さん=倉持弁護士の元妻
    A子さん:
     せめて子供との生活だけは返してほしい。
    親権だけは返してほしい。そして息子と穏やかに暮らしていきたいなと思います。
    A子さん:
     まずは子供の心がとても心配でした。
    子供は状況もわからず、母親に会えないということになってしまって、一番不安に感じているのは子供だと思いますし、
    2週間も母親に会えないという不安と同時に、私も子供のことを思っている、愛しているというのをどうにかして伝えたいなと思いました。
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/14595504/


    【山尾志桜里議員の不倫相手・倉持麟太郎の元妻が自殺していた】の続きを読む


    45股男に騙された女性たちが集まり、追い詰めた執念と結束力

    こんだけ多数の人を騙せばいずれバレるに決まってるのに…ネット時代ならではの追い詰め方でしたね。


    告発第2弾! “45股男”を追い詰めた被害女性たちの執念と結束力
    結婚を望む45人の女性をダマし、デート商法を繰り返していた宮川隆史容疑者(39)。ダマされていることに気づいた被害女性たちは、SNSで情報を交換しながら結束を強め、今年2月、宮川容疑者を告訴し、20日、詐欺容疑で逮捕された。被害女性たちの執念が、宮川容疑者を追い詰めた。40代の被害女性Aさんの告発第2弾――。

    45股発覚のきっかけは昨年10月21日、宮川容疑者と別れたAさんが待ち合わせ場所に戻ると、宮川容疑者が別の女性と会っていた。数時間後、その場に戻ってきた女性に事情を聴き、お互い2股をかけられていることがわかった。


    「結婚詐欺師など要注意人物を書き込むサイトがあり、宮川の特徴と酷似した内容が投稿されていました。当初は4股、5股ぐらいと思っていたので、女たちで囲んで懲らしめてやろうというノリで投稿者に声を掛け、最初はサイト上で4人で集まりました」

     すると皆、「私もそういう被害に遭いました」と訴え、全員、宮川容疑者にダマされていたことが判明したという。

    「その後、オープンチャットを立ち上げ、25人ほどが集まりました。話を聞いているうちに『全員、同じ手口やな』と盛り上がりました。次第に女同士の結束力が強まり、勇気をもらいました。同じつらさが分かる人たちが集まるのって凄いなって。救いになりました」



    【日時】2021年04月25日 09:26
    【ソース】日刊ゲンダイ


    【45股男に騙された女性たちが集まり、追い詰めた執念と結束力】の続きを読む


    飼い主さんが大好きすぎる猫ちゃん。ギュッとしがみつく姿がかわいい

    こんなかわいいことされたら、逆に離したくなくなるかもしれないですね。


    ギュッとしがみついたまま離さなくなった猫さん。飼い主さんが手を引き抜こうとすると、可愛過ぎる反応が返ってきた♡
    ギュッとしがみついたまま離さなくなった猫さん。飼い主さんが手を引き抜こうとすると、可愛過ぎる反応が返ってきた♡
    優しい飼い主さんのことが大好きな猫さん。飼い主さんとずっと一緒にいたくて、ギュッとしがみついたまま離れなくなりました♪

    飼い主さんが手を引き抜こうとすると、この通り♪

    いつまでもかまって欲しかったようで必死にしがみつく猫さんなのでした。

    そのとっても一生懸命な姿から、飼い主さんへの気持ちがヒシヒシと伝わってきます(*´ω`*)

    絶対に離れたくない猫さんの様子はこちら。


    こんなに可愛い事をされたら、どこへも行けなくなってしまいますね♪


    【日時】2021年04月26日
    【ソース】エウレカ


    【飼い主さんが大好きすぎる猫ちゃん。ギュッとしがみつく姿がかわいい】の続きを読む


    小池都知事が改めて呼び掛け…特に若い方が多い「東京には来ないで」

    最初の緊急事態宣言のときはみんな気を引き締めることができてたのに、解除されると一気に気が緩んじゃうんですね。このままではいつまで経っても繰り返しになりそうで余計にストレスたまりそうです。


    小池都知事「東京には来ないで」 改めて呼び掛け
     3度目の緊急事態宣言がスタートした東京。小池都知事は「東京には来ないで」と改めて呼び掛けました。

     小池都知事:「特に若い方、非常に多いです。ずっとこれを続けて下さいとは申しておりません。この間に皆さんの動きをできる限り止めて、家で勉強したり家でお過ごし頂けたらと思います。近県から来ている人も多いようです。東京には来ないで(頂きたい)。この間がとても重要です。若い方々でも、お店の方々、ご不便掛けますけども感染拡大をしないんだという強い思いを皆さんと共有したいと思います」

     また、財界などの皆様方にはテレワークを徹底するようにお願いし、感染拡大を徹底して抑える期間にしたいと協力をお願いしました。

     一方、東京では午後8時すぎに夜の人出を減らすため街灯を除いたすべての明かりを消すようお願いしていて、街のネオンや看板などが消灯しました。


    【日時】2021年04月25日 22:31
    【ソース】テレ朝ニュース


    【小池都知事が改めて呼び掛け…特に若い方が多い「東京には来ないで」】の続きを読む


    「コロナ慣れしてしまった」大阪・梅田の繁華街で行き交う大勢の人たち

    こんなものに慣れてほしくはないですけどね。これだけ長い間続くとだんだんそうなってしまうんでしょうか。残念です。


    大阪・梅田の繁華街「コロナ慣れしてしまった」「自粛は難しいかも」
    3回目となる緊急事態宣言発令を翌日に控えた24日、対象地域の大阪、京都、兵庫、東京の4都府県では、土曜日とあって繁華街などで大勢の人が行き交った。

     「人の流れを止める」を目標とする今回の宣言。市民生活を大きく制限する要請だけに、どこまで自粛すべきかという人々の意識には温度差もある。

    ■コロナ慣れ
    大阪・梅田の繁華街。25日から商業施設が軒並み休業するのを前に、多くの駆け込み客でにぎわった。


     大阪市淀川区の会社員女性(43)は百貨店に夫と来店。「行政もがんばっていると思うので、我慢はしないといけない。自粛疲れはあるけど、当分は外出も控える」と話した。

     一方、「1回目の緊急事態宣言では家に引きこもったけど、今回は同じような自粛は難しいかもしれない」と話すのは、映画館を訪れた大阪市北区の会社員男性(24)。

     その理由として「周りに感染者がいないので気をつけて行動すれば大丈夫に思えてきた。コロナ慣れしてしまった」と言う。

     仕事帰りに立ち寄った大阪市淀川区の会社員男性(44)は「医療が逼迫ひっぱくしているから仕方ない」と受け入れつつも、憤りも口にした。「医療体制をどう立て直すのか満足な説明もなく、政治家が負担だけ求めるのはいい加減にしてほしいという思いだ」



    【日時】2021年04月25日 09:23
    【ソース】読売新聞


    【「コロナ慣れしてしまった」大阪・梅田の繁華街で行き交う大勢の人たち】の続きを読む

    このページのトップヘ