にゃんだふるdayにゅ~す

にゃんだふるdayにゅ~すは日々の気になるニュースや話題を
まとめたサイトです。
気になる記事を探して楽しんでくださいね。

    2021年05月


    チック症に悩む大学生の動画が話題に…一番ヤバい症状を公開

    チックって目をやたらパチパチさせたりする症状は知ってたけど、こういう症状もあるんですね。心と体のバランスがうまくいかないということなんでしょうね。


    身体が勝手に動いてしまう「チック症(トゥレット症候群)」を患う、とある大学生が自身の症状のなかで“一番ヤバイ”という症状をYouTubeで公開し、話題になっている。

    大学生である高橋さんは、YouTubeチャンネル「チック症の日常」でチック症に苦しみながらも前向きに生活する様子を公開している。今回の動画では、“一番ヤバい”症状であると断言する「複雑運動チック」を紹介。最恐チック症であるという彼のその症状は、「ジロジロ見てはいけない、変な人と思われたくない」と意識すればするほど、その対象をジロジロ見てしまうというものである。

    当然、変な人扱いされてしまったり、気味悪がられたりする訳だが、それで何だかスッキリするそうだ。ガラの悪いオジさんや露出度が高い女性をジロジロ見ないに越した事はない。しかしそう思えば思うほど、見てしまうそうだ。一方で、ホームレスのオジさんに対してはこのチック症はまったく出なかった体験があるという。

    要するに、心と体が完全に真逆になっている状態のようだ。意識してしまい「ジロジロ見てはいけない」と思えば思うほどに、どうしても見ずにはいられなくなるという。高校時代には席替えなどで、好きな女の子や仲のよい友人が隣の席になるとこのチック症が出てしまったそうだが、仲良くないどうでも良いクラスメイトがくるとチック症が出なかったということもあったと話す。

    本人にとっては超絶ジレンマだろう。どうでも良い存在が隣にいる方が、意識や関心も向かない、すなわち彼自身の心が落ち着いているからチック症が出ない。仲が良かったり好きな相手には、当然意識したり関心を持つため、チック症の症状が出てしまう……。何とも皮肉な話だ。

    高橋さんはこの症状について映画『シザーハンズ』を例に挙げ、「自分が誰かを好きになるとその相手を傷付けてしまう恐れがある。まさに自分は映画のハサミ男であり、近付くと傷付けてしまう」と話す。この映画の結末は悲しいものだそうだが、まだ大学生である高橋さんの人生はまだまだこれからだ。

    コメント欄からは、高橋さんの動画をきっかけにチック症を知る視聴者が多いことも見て取れる。何よりも前向きに生きる様子がとても印象的だが、この動画がチック症への理解を促進させることは確かだろう。


    【日時】2021年05月30日 16:00
    【提供】らいばーずワールド
    【チック症に悩む大学生の動画が話題に…一番ヤバい症状を公開】の続きを読む



    (出典 izakaya-taps.com)


    さんまさんは悪気なく聞いてるんでしょうけど、聞かれた方はやっぱり辛かったでしょうね。

    1 

    南明奈、“不妊治療”告白で明石家さんまの「お子さんはまだか?」発言が再炎上! 「ますます許せない」と怒りの声続出


    第1子を妊娠中のタレント・南明奈が5月24日、夫のよゐこ・濱口優とともにYouTubeチャンネル「おうちのまさる」を更新。
    動画内で不妊治療を経験したと明かしたことから、お笑いタレント・明石家さんまの過去の“無神経な発言”が話題になっている。


    4月21日に、同チャンネルで「我々、夫婦の間に、新しい命を授かりました」と、南が妊娠5カ月であることを報告した濱口夫妻。
    「妊活についてお話します」と題した今回の動画では、南が“不妊専門クリニック”に通っていたことなどを告白している。


    「2018年5月に濱口と入籍した南ですが、その頃から自然な妊娠に備えて葉酸サプリを飲み始めるなど、いつ赤ちゃんが来てもいいように体作りをしていたそうです。しかし、なかなか授からなかったため、結婚から約1年後に婦人科を受診したところ、右の卵巣に子宮内膜症のひとつである“チョコレート嚢胞”があることが判明。薬での治療を開始したといいます」(芸能ライター)


    それから数カ月間は、嚢胞が小さくなったら排卵日を予測して性行為をする“タイミング療法”を試し、再び嚢胞が大きくなると服薬治療に逆戻り……という状態が繰り返されたという。

    「その後、南は不妊治療専門クリニックに転院し、そこでの検査で新たに“左卵管のつまり”が発覚したため、卵管を通す手術を受けたそうです。ただ、それでもなかなかな赤ちゃんを授かることができず、卵胞を育てる薬を服用したり注射を試したりしていたと、動画内で赤裸々に語っています」(芸能ライター)


    南は「自然(妊娠)では難しいのかもしれない」とも感じ、「来月から人工授精をしよう」と決めたというが、この決断の直後、妊娠が発覚したそうだ。

    「終始穏やかな口調で話していた南ですが、人から『諦めたときに(赤ちゃんが)来てくれるよ』という言葉を聞いた際の状況を『諦めたフリはするんだけど、やっぱそんなことはなくて』『妊活って、ストレス的なものを感じたりしやすいから、やっぱりいろいろ考えこんじゃってね。今月もダメだったなって……』と振り返るなど、つらい日々を振り返る場面も。ネット上では、視聴者から『アッキーナもいろいろ苦労したんだね』『妊娠おめでとうございます。私も勇気が持てました』などと温かい声が寄せられている」(同)


    そんな中、昨年8月に放送されたバラエティ番組『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)で、司会の明石家さんまがゲストの南に向かって言い放った発言が問題視されている。
    同放送では、さんまが南に対し「アッキーナは、お子さんはまだか?」と話を振り、南が「まだですけど……」と返すシーンがあり、当時も「デリカシーなさすぎ」「時代錯誤な発言」とネット上で炎上していた。


    「放送当時も『子どもがいない人に子どもの有無を聞くのは失礼』と物議を醸していましたが、今回、南が長年にわたり不妊治療を受けていたことが発覚し、批判が再燃。ネット上では『あのときのあの質問、どんなにつらかったことか』『ますますあの発言、許せないな』『こういう話をズケズケ聞いてくる人ってほんと不快』と怒りの声が上がっています」(同)


    かねてより、感覚の“時代遅れ”ぶりが指摘されているさんま。
    公にしていないだけで、赤ちゃんをなかなか授かれずに悩んでいる夫婦は多くいるだけに、この手の無神経な発言が減ることを祈るばかりだ。

    https://www.cyzowoman.com/2021/05/post_342265_1.html


    南明奈
    妊活についてお話します

    (出典 Youtube)


    【南明奈、長年にわたる不妊治療告白で明石家さんまの無神経な発言が再炎上】の続きを読む


    大坂なおみの記者会見拒否にジョコビッチが苦言…「やらなければいけないこと」

    気持ちは分からなくもないけど、罰金が科されるような義務であるのであればやっぱりやるべきなんじゃないのかな。


    ジョコビッチが大坂なおみの“記者会見拒否“に苦言!「応じることも僕たちのスポーツの一部」
    現地時間5月27日、女子テニス世界ランク2位の大坂なおみが、今年の「全仏オープン」(5月30日~6月13日/フランス・パリ/グランドスラム/クレー)における全ての記者会見に応じない旨を自身のSNSで表明した。

    会見拒否の決断に至った経緯について、自らの意思を公式ツイッターで公開した大坂は、「人々がアスリートのメンタルヘルスについてあまり考えていないと感じていた」と記者たちへ苦言を呈した上で、「特に負けた選手をあのような場で問い詰めるのは、落ち込んでいる人を蹴落とすようなもの」と試合後の会見が選手の精神状態に悪影響を及ぼす可能性を指摘していた。

    仮に大坂が本当に試合後の会見に応じない場合、出席義務違反により罰金が科せられる可能性が高い。それでも、「この件で科せられる罰金の相当額が、メンタルヘルスの慈善団体に寄付されることを願っている」とコメントしており、全く意に介していない様子だ。

    ワールドクラスの実力派である彼女の発表は、言うまでもなく世界的な話題となった。そのなかで男子テニス世界1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)も持論を展開した。

    現在出場中の「ベオグラード・オープン」で行なわれた記者会見に出席したジョコビッチは、メディアから大坂の会見拒否について問われると、「記者会見が不快なものであることはわかる。特に試合に負けた後の会見は、必ずしも楽しいものではない」と一定の理解を示したものの、「会見に応じることも僕たちのスポーツの一部であり、ツアーでの生活の一部でもある。それは僕たちがやらなければいけないことなんだ」と私見を述..
    【日時】2021年05月28日 15:10
    【ソース】THE DIGEST

    【大坂なおみの記者会見拒否にジョコビッチが苦言…「やらなければいけないこと」】の続きを読む


    新垣結衣の原石時代は人見知りで繊細…星野源は知っていたのか?

    沖縄出身の人って美形が多いですよね。星野源は美少女をゲットしたってことですね。


    星野源も知らない? ガッキー「人見知り原石美少女」時代の秘話
    新垣結衣(32)と星野源(40)の電撃結婚発表から1週間。いまだ「ガッキーロス」が続いているようだが、そんなガッキーの“結婚観”が垣間見える原石時代のエピソードがあった。

    新垣は自身の公式サイトで、結婚の報告に続け、こうつづっていた。

    〈10代の頃からこの仕事を始め、本当にたくさんの方に支えていただき、今日まで活動を続けて来ることができました。現場で試行錯誤する日々はそれはそれは刺激的な毎日で、いつしかその分、私生活は低刺激な時間を求め心がけ過ごしてまいりました〉

    確かにガッキーは、私生活はインドア派で、自宅で静かに過ごすことを好むタイプ。それは幼少の頃から変わってないようだ。沖縄県出身のガッキーは、那覇市内の公立小学校を卒業しているが、当時を知る人はこう話す。

    「彼女は放送委員会に入っていました。小学校の頃から、背が高くてスラッとしていましたが、人見知りでどちらかと言えば地味なタイプ。クラスの中でも目立つほうではなく、男子とワイワイやるようなタイプでは決してなかった」

    小学校の卒業アルバムには“原石時代”のあどけない表情のガッキーが残る。

    そんな“陰キャ”な彼女に転機が訪れたのは2001年(当時13歳)。姉の勧めで受けた中高生向けファッション誌「ニコラ」(新潮社)のモデルオーディションで5530人の中から4人の「ニコモ」に選出されたこと。“まさか受かるとは思わず軽い気持ちで受けた”という。「デイリー新潮」で当時、編集長だった山元琢治氏が述懐している。

    それによれば、当時のガッキーは、那覇市内の中学校に通いながら、週末だけ撮影の..
    【日時】2021年05月27日 09:06
    【ソース】日刊ゲンダイ

    【新垣結衣の原石時代は人見知りで繊細…星野源は知っていたのか?】の続きを読む



    (出典 static.chunichi.co.jp)


    忙しくなったというのもあるでしょうが、年齢的にも結婚願望があるなら早くしたいでしょうね。

    1 

     5月26日、女優の深田恭子(38)が適応障害と診断され当面のあいだ芸能活動を休止することが発表された。13歳で「ホリプロタレントスカウトキャラバン」のグランプリを受賞してから25年間芸能界の第一線で活躍し続けてきた深田の一報に、驚きの声が広がった。

    2日前のイベント「目が笑ってなかった」

    活動休止発表の2日前、5月24日に深田が登壇した「午後の紅茶」の新商品・新プロジェクト発表の記者会見に参加したスポーツ紙カメラマンが当日を振り返る。

    「相当疲れた様子でしたよ。動作もゆっくりで、シャッターチャンスとして用意されていたイチゴを食べる場面では、イチゴをテーブルに落としてしまっていました。カメラマンはタレントを記者よりも近い位置で見ているのですが、この日の深田さんは目の奥が笑っていなかったので気になってはいたんです。(適応障害の)発表を聞いて、驚きよりも納得してしまいました」

     活動休止に伴い、深田は今年7月からフジテレビ系で放送される予定だった主演ドラマを降板することが決定した。所属事務所によると、体調を崩し始めたのは昨年の春頃からだという。

    “ホリプロ3人娘”石原さとみが昨年10月に結婚し…
     芸能プロ関係者が語る。

    「昨年の深田さんはかなり忙しかったはずです。2019年のドラマ『ルパンの娘』(フジテレビ系)の第2シーズンが2020年10月から放送だったので、その撮影をしながら同作品の劇場版の撮影も進めていました。『ルパンの娘』はアクションシーンが多く、疲れもたまりやすい。新型コロナの影響を受けながらの撮影で、無理が祟ったんでしょう。その疲れが今になって出てきたようです。

     あとは事務所の看板を背負う深田、石原さとみ、綾瀬はるかの“ホリプロ3人娘”のうち、石原さんが昨年10月に結婚すると発表して仕事を少しセーブするようになったので、その穴を補填するために深田さんと綾瀬さんに負担が回ったことも、身体的、精神的な疲れに影響したのかもしれません」

     疲れからか、深田は仕事を休みがちになることもあったという。

    「深田さんは、映画の撮影中に倒れてしまった。役柄は、子供を有名幼稚園に入れるため尽力する主婦。新型コロナウイルスの影響によって撮影が一時中断したのですが、撮影が再開してから深田さんが突然現場に来なくなってしまったんです。その後、現場に説明なしで製作は中止になりました」(映画関係者)

    結婚が叶わないことがストレスに?
     適応障害は、周囲の環境の変化などに順応できずに、そのストレスから不安や食欲不振などの症状が出るとされている。2004年に皇后雅子さまが罹患を公表したことでも話題になった疾患だ。ストレス要因を取り除くことで症状が良くなる特徴があることから、しっかりとした静養が必要になる。

     しかし、深田を悩ませる原因は仕事だけではなかったようだ。深田の友人が語る。

    「恭子ちゃんはずっと結婚したいって言っていたのに、なかなか叶わないことがストレスになっていたんです」

    「王子様が好き」(「with」2020年1月号)と公言している深田だが、2018年11月頃から交際しているのは、不動産事業を営む株式会社シーラホールディングス会長の杉本宏之氏(43)。前澤友作氏や幻冬舎の見城徹氏などとも親交の深い実業家だ。

    「2人は知人の紹介で出会い、すぐに意気投合しました。杉本氏は当時韓国人女優の元奥さんとの離婚が成立したばかりのタイミングでしたが、2人が交際関係に発展するまでに時間はかからなかったようです」(前出・芸能プロ関係者)

    「結婚したい」という強い意志で2年以上続いている交際
     前出の深田の友人は、次のように語る。

    「交際相手が頻繁に変わる恭子ちゃんには珍しく、杉本さんとは2年以上経った現在も関係が続いています。というのも、彼女は『結婚したい』という強い意志をもって杉本さんと交際を始めたのです」

     深田はこれまで多くの男性との熱愛を報じられてきた。東山紀之、有田哲平などの大物芸能人や、脚本家の野島伸司、“ハンカチ王子”こと斎藤佑樹選手など、その派手な異性関係が度々スクープされている。なかでも耳目を集めたのは、2016年12月1日号の「女性セブン」が報じたKAT-TUN亀梨和也との熱愛だろう。

    「亀梨くんとも順調な付き合いだったと思います。だけど、ジャニーズに所属している彼とは結婚が望めない。あくまで結婚をしたかった彼女は、亀梨くんと別れる決断をしました」(同前)

    2に続く

    「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集
    5/29(土) 12:12
    https://news.yahoo.co.jp/articles/6f2103a4bfee7c1deea6261b8d615ac62ad11c04


    【深田恭子を悩ませていた仕事と結婚…繊細な彼女はストレスだらけだった】の続きを読む

    このページのトップヘ