にゃんだふるdayにゅ~す

にゃんだふるdayにゅ~すは日々の気になるニュースや話題を
まとめたサイトです。
気になる記事を探して楽しんでくださいね。

    2021年08月






    結婚おめでとうございます。お父さんの離婚もあって複雑だったかもしれないけど、お幸せに。

    1 


    https://news.yahoo.co.jp/articles/369b8af85c79ef910693a2eb781d364aec9d1694


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)



    お笑いコンビ、とんねるずの石橋貴明(59)の長女で女優、石橋穂乃香(32)が年上の一般男性と結婚していたことが24日、分かった。

    複数の関係者によると、自身の誕生日である7月31日に婚姻届を提出。妊娠はしておらず、コロナ禍のため挙式・披露宴は行わない。

    同16日には貴明が約23年連れ添った後妻で女優、鈴木保奈美(55)との離婚を発表。穂乃香は父を思いやって結婚公表を控えており、貴明はそんな親思いのまな娘の門出を喜んでいるという。

    穂乃香は、1989年に貴明と前妻の間に長女として誕生。98年に両親が離婚後は母と暮らし、米ハワイで生活していた時期も。2009年に日米韓合作映画「The Harimaya Bridge はりまや橋」で芸名「穂のか」として女優デビューし、現在はドラマ、舞台で女優として活躍する一方、舞台製作にも携わっている。

    貴明とは離れて暮らしていたが、芸能界の大先輩として尊敬しており、バラエティー番組などでも家族とのエピソードを披露。今年6月20日の「父の日」には、インスタグラムで父とプールでキスしている幼少期の頃の写真を公開。「J’aime mon pere?(私は父が好きです?) ハピハピファーザーズデイ」とつづっていた。

    ◆父はパラにエール

    貴明はこの日、YouTubeで配信された「みんなde応援 オリ×パラ! 東京2020みどころ配信~メダリストセレブレーション~」にMCとして生出演。娘の結婚について触れなかったが、ゲスト出演した卓球男子の水谷隼(32)、柔道男子の大野将平(29)らメダリストに質問するなど、爆笑トークで番組を盛り上げた。この日開幕したパラリンピックの注目競技については、「車いすテニス。男女ともに金メダルを取ってほしい」とエールを送った。


    石橋 穂乃香(いしばし・ほのか)
     1989(平成元)年7月31日生まれ、32歳。東京都出身。2007年にCM出演などで芸能活動をスタート。09年、石橋の娘であることを伏せてオーディションを受け、「穂のか」として映画「The Harimaya Bridge はりまや橋」で女優デビュー。同年、日加合作映画「アンを探して」で初主演を務めた。10年には「変身」で初舞台。14年から、本名に改め活動中。身長162センチ。

    (おわり)


    【石橋貴明さんの長女・石橋穂乃香、年上一般男性とバースデー婚】の続きを読む






    どうなることかと心配でしたが、無事に退院できて良かったですね。

    1 

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202108250000792.html

    新型コロナウイルスに感染し、入院していたタレント野々村真(57)が25日、自身のYouTubeチャンネルを更新し、退院したことを報告した。

    野々村は「【復帰のご報告】無事に退院致しました。」と題した動画に登場。ヒゲを生やした姿で「お久しぶりです」とあいさつし、続けて「保健所からのご指示があり、病院に入院することになり、このたび無事に退院したことを報告させていただきます」と伝えた。

    入院中の生活については「精神的にも肉体的にも苦しい日々が続きましたが、24時間医療従事者の皆さんが献身的に治療や看護をしていただいて、そのおかげで命を救っていただくことができました。本当に医療従事者の方々には感謝しかありません」と頭を下げた。

    検査結果も問題なく退院になったとし、今後については「仕事をまた一生懸命頑張っていきたいと思います」と話した。

    野々村は先月30日、仕事関係者に新型コロナ感染者が確認されたため自主的にPCR検査を受検。その結果、陽性と診断された。自宅療養を続けていたが症状が悪化したため、今月5日から入院していた。

    妻でタレントの野々村俊恵(57)がテレビ出演した際には「肺は真っ白で重度の肺炎です、と言われました。そこまでひどくなっているとは」などと夫の病状を語っていた。


    (出典 Youtube)


    (出典 i.imgur.com)


    【野々村真がやせた姿で無事退院報告…医療従事者に感謝】の続きを読む


    家族への誹謗中傷に腹が立つのは当然でしょう。返し方を変えた方が良かったのかもしれないですね。

    1 

    田中聖、弟・SixTONES樹への誹謗中傷に怒り 「有名人は黙ってろってサンドバッグ理論の時代は古い」
    田中聖さんのYouTubeより
     元ジャニーズのアイドルグループ・KAT-TUNの田中聖(こうき)さんが2021年8月23日、実弟でSixTONESに所属する田中樹(じゅり)さんの容姿を中傷するSNS上の書き込みに反論した。

    ■「俺のアカウントだから何を呟くのも俺の自由だから」

     聖さんは23日、「お前の方がカスだしブスだろうけど鏡ある?」とツイッターにリプライで投稿。樹さんの容姿を中傷されたことに反論した。

     また聖さんはこのツイート前、中傷コメントの投稿者が名誉毀損罪で罰金命令を下されたことを報じる時事通信の記事をリツイートしていた。

     こうした言動について、ツイッター上では「落ち着いて」「家族のことバカにされて腹立つのは分かるけどこれはダメでしょ。誹謗中傷に誹謗中傷で返すのは間違ってるよ」などと聖さんを諫めるような声も寄せられている。

     一方で聖さんはその後のツイートで、自身のアカウントの運用方針などについて「俺のアカウントだから何を呟くのも俺の自由だから 誹謗中傷繰り返した人に損害賠償の請求が認めれてる時代だから有名人は黙ってろってサンドバッグ理論の時代は古いと思うよ」(原文ママ)とも述べている。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/adecb2bca35effd5a9a9b167cb2da951bf748c35


    【田中聖、弟・SixTONES樹への誹謗中傷に怒り…誹謗中傷に誹謗中傷で返す?】の続きを読む


    モテる人って年齢は関係ないんでしょうね。ホントに残念です。

    1 

    東スポWeb

    モテモテだった千葉真一

     新型コロナウイルスによる肺炎で他界した千葉真一さん(享年82)は、〝アクションスターの元祖〟だけに、晩年もモテた。

     28歳年下の妻と別居中だった2015年春には、54歳年下の女子大生Aさんとの逢瀬を週刊誌に撮られた。妻とはこの年に離婚。翌16年秋には、Aさんが住むアパートに別の部屋を借りて引っ越したという報道も。18年の写真誌インタビューで、千葉さんは「女子大生とは疎遠になってしまった」としたが、その後復縁説も流れた。

     Aさんの知人は「最初はホントに彼女の方から惚れてメロメロになっていた」と証言。

    「『CHIBA』と書かれたピチピチのシャツを着て、バッチリ鍛えた体を見せるから、女の子はみんな惚れちゃって、奪い合いみたいになってた。若いころビバリーヒルズの高校を飛び級で卒業したとか、空手で全米王者になったとかいう話も、実際にはかなり盛ってたらしいけど、そのエピソードがいちいち面白くて、まるで映画のあらすじを聞いてるようだった」

     不倫疑惑と報じられ、千葉さんはAさんとの熱愛関係を否定した。

    「その裏でことあるごとに電話を入れてフォローしてたから、彼女はご機嫌でしたよ。千葉さんはかなりマメで、公開番組に出演している最中にも、彼女に『いま放送中だけどね』とラブコールしてきたとか」と前出の知人は言う。

     離婚後に再婚しようと、一時は本気だったようで、千葉さんは「沖縄の西表島と小浜島の間に無人島があるから、そこを買って最後の豪邸を建てて、映画を作りながら一緒に過ごそう」というプランまで語っていたそうだ。

     千葉さんは18年3月、千葉・富津市で開いた地元ファン向けのトークショーではこう語っていた。「『女性にモテる』って言われるけど、俺はモテないよ。だって、カッコつけないんだもん。女性によく思われようなんてしない。金がなかったら、ない。自然体で、それがいいよ」

     千葉さんはこう話すが、自然体だからこそモテた。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/0f98a65c5caa178c745783a96ccb5151a7502197


    【モテモテだった千葉真一さん…54歳年下女性との本当の関係 】の続きを読む


    一人暮らしで猫の預け先がなく入院拒否…自宅療養中の男性が死亡

    放置するわけにもいかないし、ペットを飼っている人は悩む問題ですね。


    「猫の預け先ない」入院拒否 自宅療養中の50代男性死亡
     熊本市は20日、新型コロナウイルスに感染し、自宅療養中だった50代の男性会社員が死亡したと発表した。基礎疾患があることなどから保健所が入院を勧めたが本人が拒否。軽症だったこともあり、保健所の判断で自宅療養を認めていた。自宅療養中の死亡例は熊本県内では初めて。

     市によると、男性は1人暮らし。13日に陽性と確認され、保健所が健康観察していた。16日午後、血中酸素濃度が低下していたことなどから保健所が男性に入院を勧めたが、「ペットの猫の預け先がなく入院したくない」「入院は最後の手段。具合が悪いときは連絡する」と拒否していたという。

     保健所は男性と協議し、19日以降に外来を受診して必要と判断されれば入院すると合意。だが、19日朝以降、男性と連絡がつかなくなり、同日夜、保健所の連絡を受けた警察官が室内で倒れている男性を発見した。市は「大変重く受け止めている。連絡が途絶えてから訪問までの時間を短縮するなどの方策を考えたい」としている。

    【日時】2021年08月20日 16:34
    【ソース】西日本新聞

    【一人暮らしで猫の預け先がなく入院拒否…自宅療養中の男性が死亡】の続きを読む

    このページのトップヘ