にゃんだふるdayにゅ~す

にゃんだふるdayにゅ~すは日々の気になるニュースや話題を
まとめたサイトです。
気になる記事を探して楽しんでくださいね。

    2021年09月






    仲良しだったコンビだけにこういう状況になったのは残念ですが、お互いに頑張っていくしかないんでしょうね。

    1


    元オセロ松嶋尚美が語る相方・中島知子との「今」 疎遠になった2つの理由
    元オセロの松嶋尚美
     元「オセロ」でタレントの松嶋尚美(49)が元相方・中島知子(50)について語った動画が話題となっている。

     これはお笑いコンビ「FUJIWARA」との松嶋のユーチューブコラボ動画で先月31日夜に配信されたもの。FUJIWARAの公式ユーチューブチャンネルで「オセロ松嶋と話したら衝撃の事実が…!」と題して公開された。

     女芸人コンビの頂点に君臨したオセロだが、2011年に起きた中島の〝洗脳騒動〟を経て、13年4月に解散。FUJIWARAの2人から解散発表について聞かれた松嶋は「私のブログでちゃんと言った。(中島と)疎遠状態になってて、どうしようって。ほんで、(中島と)1回会って『解散する?』って話に。記者会見レベルではないから、最後に2人で写真撮って『解散しました』ってやった」と明かした。

     藤本敏史からは、コンビが疎遠になった理由について「あの騒動がきっかけ?」と直球質問が。松嶋は「当時めちゃくちゃ(仕事が)忙しかってん。それで自然と楽屋が2つになった。私は私、向こうは向こうで…。私には(異変は)見せへんかったと思う。人から聞いた話しか知らん。こうらしいよって。私が知ったのはワイドショーで見てから」と、相方同士でも全くわからなかったと強調した。

     当時、中島は都内の自宅マンションで「占い師」と報じられたパートナー女性と〝同居〟。外出することなく、マンション前には報道陣が大集合した。

     テレビでそれを見た松嶋は「TKO」木本武宏に「ちょっと(助けに)行こうよ!って言った。食事も心配やし。配管とか通っていこうって」と〝救出作戦〟を考えたことを告白。すかさず原西孝幸から「プリズンブレイクか!」「配管なんて、ハムスターしか無理やで」と突っ込まれていた。

     松嶋はコンビ活動中に所属事務所「松竹芸能」から別事務所に移った。騒動時の時にはすでに別事務所で「松竹のマネジャーに聞いても『大丈夫ですよ~』としか言わない。たぶん周りの人が気を使って、情報入ってくるのは1番最後やったと思う」と回想。

     松嶋いわく、コンビで楽屋と事務所が別々になったことで「気持ち的に疎遠になったと感じた」。過去に1度だけ、本人に直接〝洗脳疑惑〟について聞いてみたそうだが「『(マスコミと)どっちの話信じんの?』って言われた。『大丈夫よ。どっち信じる?』って。そうなったら、もう言われへんやん」と明かした。

     解散後の〝交流〟について、松嶋は「前に電話したら、ケータイの番号変わってた」と告白。「さみしいけど、まぁな…。事務所出たの私やし…」と述べるに留まった。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/cf5033111c6e82e2dcac06a40f9744c4aeae148b


    【松嶋尚美が語る元オセロの相方・中島知子との今…疎遠になった理由とは】の続きを読む


    弘中綾香アナがテレ朝から注意喚起…コロナ禍に男友達と密パーティー

    公の場に出る人というのは他の人と比べるとルールが厳しいのかもしれないですね。


    弘中綾香アナ、コロナ禍に男友達と「宅飲み“密”パーティー」 テレ朝は本人を注意
     黒いミニのワンピース姿で男性に挟まれ楽しそうなこの女性は、テレビ朝日のエース・弘中綾香アナウンサー(30)だ。この日は左横でケーキを持つ男性の誕生パーティー。男性は、弘中アナの慶應大学時代の同窓生で、現在は日本テレビに勤めているという。

     テーブルの上にはウイスキーのボトルが置かれている。平時であれば、何気ない日常の一コマでしかないが、この写真が仲間内しか見られない非公開のSNSアカウントから投稿されたのは、緊急事態宣言下の8月22日。東京都では、連日4千人を超える新型コロナウイルス感染者が確認され、テレビ朝日でも、番組内で感染対策の徹底を呼び掛けていた。とはいえ、4人程度の宅飲みなら、本来、目くじらを立てることもあるまい。問題は彼女がテレ朝の局員だということ。

     テレビ局関係者によると、

    「今年3月には、『サンデーLIVE!!』のスタッフが飲食を伴う送別会をして、コロナに感染。先月には、五輪を担当したスタッフがカラオケ店で宴会を開き、うち一人が泥酔した末、転落事故を起こすなど、自粛を無視したバカ騒ぎが続いています。社内では、時間や人数にかかわらず、宴会を禁止するルールを設定していたのですが……」

     テレビ朝日に弘中アナの個人宅での飲み会をについて尋ねてみると、

    「今は抑制的であるべきで注意喚起しました」

     自粛呼びかけの裏で開かれた宴会問題により、視聴者から厳しい目が向けられる中、今度は看板アナの宅飲みが発覚。テレ朝も頭が痛いことだろう。
    【日時】2021年09月01日 15:50
    【ソース】デイリー新潮


    【弘中綾香アナがテレ朝から注意喚起…コロナ禍に男友達と密パーティー】の続きを読む






    年齢のことも言われてましたが、実刑になったんですね。体のこともあるでしょうが、やっぱり反省をしっかりしてほしいですね。

    1 

     東京・池袋で2019年4月、暴走した乗用車で母子が死亡するなどした事故で、自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)の罪に問われた旧通産省工業技術院元院長・飯塚幸三被告(90)に対し、東京地裁は2日、禁錮5年の実刑判決を言い渡した。

     この日は一般傍聴席22席に対し、563人が傍聴券を求めて並んだ。
     事故では、横断歩道を自転車で渡っていた松永真菜さん(当時31)と長女莉子ちゃん(同3)が亡くなり、9人が重軽傷を負った。

     検察は事故から約10カ月後の20年2月、ブレーキとアクセルの踏み間違いで事故を起こしたとして飯塚被告を在宅のまま起訴した。

     飯塚被告は昨年10月に始まった公判で、「アクセルを踏み続けたことはないと記憶している。車に何らかの異常が生じ暴走した」と無罪を主張。今年6月の公判では、真菜さんの夫の拓也さん(35)から「主張に無理があるとは思わないか」と直接質問され、「暴走状態になった車を止められなかったことは悔やんでいる」と答えた。

     検察側は論告で、事故後の検査で電気系統の不具合を示す痕跡は確認できず正常に機能していたことなどをふまえ、「初歩的な操作に対する注意義務に違反した過失は大きい」と指摘。法定刑の上限にあたる禁錮7年を求刑していた。(新屋絵理)

    2021/9/2 14:04
    https://www.asahi.com/sp/articles/ASP924JJNP8ZUTIL04Q.html



    【池袋暴走事故の飯塚幸三(90)、禁錮5年の実刑判決】の続きを読む


    綾瀬はるかへの「上級国民」批判に堀江貴文氏が苦言

    お金を払えば…というのはやっぱりあるんでしょうけど、最近やたら上級国民という言葉を使う人いますよね。


    「上級国民」綾瀬はるかへの批判に苦言 堀江貴文氏「高額の費用を払えば病室はあけられる」
    実業家の堀江貴文氏(48)がツイッターを更新。新型コロナに感染し、肺炎を起こして入院した女優・綾瀬はるかに対してネット上で「上級国民だから入院できた」と批判するような投稿に苦言を呈した。

    綾瀬は8月20日夜に発熱。その後抗原検査、PCR検査などを行ったが3度行ったがいずれも陰性。しかし、26日に抗原検査を行ったところ陽性が確認され、肺炎の症状を起こし都内の病院に入院した。

    この経緯に一部ネット民から「上級国民だから入院できた」などと批判する投稿が殺到。

    こうした投稿に堀江氏はツイッターで「まあ敢えて馬鹿みたいに『上級国民』とかいう言葉使ってんだと思うけど、普通の人も入院してる事例を複数知ってるけど」と皮肉った。

    さらに「コネなくても普通に高額の費用を払えば病室はあけられるところはあるでしょうね」とトップクラスの有名人が入院費が高額な特別室などの入院は可能、という現実も指摘した。

    【日時】2021年09月01日 16:57
    【ソース】東スポWeb

    【綾瀬はるかへの「上級国民」批判に堀江貴文氏が苦言】の続きを読む






    儀式等なしで何だか半ば強引に進めているように見えなくもないですが、お幸せになってほしいものです。

    1 

    眞子さま 小室圭さんと年内にも結婚の方向で調整
    2021年9月1日 5時44分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210901/k10013236181000.html

    秋篠宮ご夫妻の長女の眞子さまが、婚約が内定している小室圭さんと年内にも結婚される方向で調整が進められていることがわかりました。婚約や結婚に伴う儀式は行われない見通しです。

    関係者によりますと、眞子さまと小室さんは、小室さんがアメリカ・ニューヨーク州の法律事務所への就職の見通しが立ったことから、年内にも婚姻届を提出して結婚される方向で調整が進められているということです。

    眞子さまは、結婚によって皇室を離れたあと、アメリカに渡って小室さんと新たな生活を始められる見通しです。

    一方、一般の結納にあたる「納采の儀」や、天皇皇后両陛下にお別れのあいさつをする「朝見の儀」など、女性皇族の婚約や結婚に伴う皇居・宮殿での儀式は、すべて行われない見通しだということです。

    また、皇室を離れる際に支給される一時金についても、眞子さまは、受け取らないという意向を示されているということです。
    眞子さまの結婚について、秋篠宮さまは、去年11月の記者会見で「憲法にも結婚は両性の合意のみに基づいてというのがあります。本人たちが本当にそういう気持ちであれば、親としてはそれを尊重するべきものだというふうに考えています」と述べられていました。
    小室圭さん 司法試験の結果は12月中旬までに発表
    小室さんは、ことし5月、アメリカ・ニューヨーク州のフォーダム大学が設置するロースクールを卒業し、7月にはニューヨーク州の司法試験を受験しました。

    試験の結果は、ことしの12月中旬までに発表される予定で、小室さんは、今もニューヨークに滞在しています。
    これまでの経緯は
    眞子さまと、小室さんの婚約は、4年前の平成29年9月に内定しました。

    しかし、その年の暮れ以降、週刊誌などが「小室さんの母親と元婚約者の男性の間に金銭トラブルがある」と相次いで報じ、一般の結納にあたる「納采の儀」など結婚に向けた行事が延期されました。

    去年11月には眞子さまが、小室さんとの結婚について、延期されて以降、初めてお気持ちを文書であらわし、「私たちにとっては、お互いこそが幸せな時も不幸せな時も寄り添い合えるかけがえのない存在であり、結婚は、私たちにとって自分たちの心を大切に守りながら生きていくために必要な選択です」とつづられました。

    そして、この同じ月、秋篠宮さまは、誕生日の記者会見で「結婚することを認める」と述べた上で、週刊誌などの報道を念頭に「実際に結婚するという段階になったら、今までの経緯も含めてきちんと話すということは、大事なことだと思っています」と述べられました。

    一方、小室さんは、ことし4月、金銭トラブルについて詳しく説明する文書を公表し、「元婚約者の男性に解決金を渡す形で解決する意向がある」と明らかにしていました。



    【眞子さまと小室圭さん年内にも結婚の方向で調整…お二人で会見の可能性も】の続きを読む

    このページのトップヘ