にゃんだふるdayにゅ~す

にゃんだふるdayにゅ~すは日々の気になるニュースや話題を
まとめたサイトです。
気になる記事を探して楽しんでくださいね。

    2021年10月






    細いということでつけられたんでしょうね。今はあだ名禁止の学校が多いけど、昔はあだ名で呼び合うのが普通でしたしね。

    1 

    佐藤栞里の“小学校時代のあだ名”に驚き「それイジメ」「かなりヤバい」
     

    10月12日放送の『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)に、曜日レギュラーでモデルの佐藤栞里が登場。
    幼少期の〝あだ名〟を暴露し、ネット上で話題を呼んでいる。


    同日の番組は冷凍食品ジャーナリストの山本純子氏をゲストに迎え、「冷凍食品3大トレンド」を紹介してもらうことに。
    冷凍食品を使った時短レシピなども紹介され、さらに冷凍食品に関する質問を出題される。

    そしてクイズでは「固形になった下ごしらえ済み野菜」を当てる問題が。
    すると佐藤は「私、これあだ名だったことあります」と切り出し、「ゴボウ」と解答する。
    そして「小学校の時、ゴボウでした」と告白していた。


    モデル体型がゆえのヒドイあだ名!?

    佐藤の「ゴボウ」というあだ名に、視聴者たちは驚愕。

    ネット上では、

    《あだ名がゴボウは、それもうイジメられてたんだろ…》
    《佐藤栞里ちゃん小学校のとき、ごぼうって呼ばれてたの!? 私、ホワイトアスパラ!》
    《ゴボウって、栞里ちゃん子どものころから細かったってことだね。言われてみたかった》
    《ゴボウがあだ名ってスタイル良いってことじゃん!》
    《こんなに美しい子がゴボウに見えるってかなりヤバい》

    などの反響が続出している。

    〝イジメ〟としてつけられた可能性も浮上しているが、多くの人は佐藤のスタイルの良さから付けられたあだ名として捉えたようだ。

    「小学生の時に『ゴボウ』と呼ばれていた佐藤は、高校生時代には別のあだ名としてからかわれた経験があるようです。彼女は高校生の時にモデル活動を始め、雑誌『CanCam』の専属モデルオーディションの最終選考まで残った経歴が。専属モデルにはなれなかった一方で審査員特別賞を受賞し、その一件以降、一部の男子から『CanCam』というあだ名がついたそうです。
    しかしそんなイジリに対しても、佐藤は持ち前の明るさで『ありがとう』などと返答していた模様。彼女の明るいキャラクターは学生時代から健在で、恐らく小学生の時に『ゴボウ』と呼ばれても、腐らずに明るく振舞っていたことでしょう」(芸能ライター)


    佐藤はどのようなあだ名をつけられたとしても、受け入れて自分の物にしてしまう力があるのかもしれない。


    https://myjitsu.jp/archives/309451


    【佐藤栞里の小学校時代のあだ名に視聴者驚愕…イジメなのでは】の続きを読む


    れいわ山本太郎代表、 最大3カ月間1人毎月20万円の「コロナ脱却給付金」を支給と主張

    主張されても、実現できるのかが疑問ですね。


    れいわ山本太郎代表、比例単独に 最大3カ月間1人毎月20万円の「コロナ脱却給付金」を支給すると主張
     れいわ新選組の山本太郎代表は16日、衆院選比例単独候補として東京ブロックに立候補すると東京都内で記者団に表明した。「比例の投票用紙に『れいわ』と書いてもらえるよう運動を最大化していく」と狙いを説明した。8日に東京8区からの出馬を表明したものの、立憲民主など野党間の候補者調整のため11日に撤回していた。れいわは、山本氏を含む計21人の公認候補を発表した。

     れいわは衆院選公約で、新型コロナウイルス禍の経済対策として消費税廃止に加え、最大3カ月間1人毎月20万円の「コロナ脱却給付金」を支給すると主張。原発を政府が買い上げ「着実に廃炉を進める」と訴える。

    【日時】2021年10月16日 18:11
    【ソース】ロイター

    【れいわ山本太郎代表、 最大3カ月間1人毎月20万円の「コロナ脱却給付金」を支給と主張】の続きを読む






    確かにこれは酷いですね。看板を外すなりやり方があるでしょうに。

    1 

    10/18(月) 9:03配信
    デイリースポーツ

     梅宮アンナ

     タレントの梅宮アンナが18日、インスタグラムを更新し、亡き父・梅宮辰夫さんを起用していた街頭のビル看板で、梅宮さんの顔だけが黒く塗りつぶされている衝撃の写真をアップし「余りにも残酷で、余りにも酷い行為に。。。涙が出て」と激怒した。

     アンナは世田谷区内のビルの写真をアップ。ビルの上には看板がかかっているが、そこには顔だけが黒く塗りつぶされた写真がかかっている。アンナは「顔だけ黒く塗られたのは父です」とつぶやき「余りにも残酷で、余りにも酷い行為に。。。涙が出て。。。悲しくて。。」と悔しさをにじませた。

     この看板を掲げている会社と梅宮さんは生前に契約があったというが20年で契約は終了しているという。だが、梅宮さんが所属していた事務所の社長からアンナのもとに「チラシや、WEB、看板いまだに、父を使っていると。。この先、まだ、使用したいのであれば、キチンと契約するか、写真を取り下げるか。と。。弁護士さんを通し先方にお伝えして」との連絡があり「そもそも、契約が切れているにもかかわらず、無許可で父を使っていました。これは、問題です」とつづった。

     気になったアンナは世田谷区内の看板を見に行ったところ「5日前は、普通の通常の看板でした。そして、昨日、この様な!!顔だけ黒塗りになった父を見つけて。。びっくりでした」と仰天。「なんか、縁起でもなくて、怖かった。。なんて酷い事をするのだろう。。何故顔だけ??」と怒りをにじませた。

     「人の写真を黒く塗り潰す行為は、良くありません。どんな事があっても」と訴え「この風景が、イチニチも早く変わる事を切に願います」とつづっていた。


    (出典 i.daily.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/545ae95a8bbd4f785acb8b6eefff87e6040b42b8


    【「あまりにも酷い」梅宮アンナ、激怒 ビル看板で最愛の父の顔が黒塗りに】の続きを読む


    SuchmosのベースHSU死去していた…自殺との憶測が飛び交う

    とても有能なベーシストだけにとても残念です。Suchmosの音楽ホントに大好きです。


    死去していた…自殺か、「32歳の音楽家の男性が電車に」ぴったりと当てはまる
    15日、「Suchmos(サチモス)」のベーシストHSUこと本名・小林隼太さんが死去していたことが明らかとなった。

    芸能ライターは「HSUさんの死因についてですが、一部では自殺なのではないかとの憶測が飛び交っています。実は、今月7日に小田急片瀬江ノ島線の東林間駅〜中央林間駅の間で、32歳の音楽家の男性が電車にひかれ、亡くなっているというニュースが流れたのです。この当時は特に触れられていませんでしたが、32歳で神奈川県在住の音楽家ということで、急死したHSUさんの条件にぴったりと当てはまることから、この小田急線の人身事故に巻き込まれてしまったのではないかという見方もされていますよ。」と話している。

    ネット上から、
    《小田急線、人身事故、Suchmos、HSUさん… 音楽家…32歳… うあぁぁぁ…ってなりますね… 同一人物でもちがくても亡くなった事には変わりはないのですが… ご冥福をお祈り申し上げます…》
    《公表されていないから全く報道されていないけど、電車に飛び込んだのではないだろうか。7日朝、小田急線》
    《Suchmos HSUさんのことと、7日小田急人身事故で憶測飛び交ってる感じなのね…》
    などの意見が大量に寄せられたとQuick Timezが報じた。

    【日時】2021年10月16日 18:31
    【ソース】Quick Timez

    【SuchmosのベースHSU死去していた…自殺との憶測が飛び交う】の続きを読む


    失敗した破談作戦…秋篠宮さま 眞子さまの心変わりを期待

    反対されればされるほど、眞子さまは燃え上がっちゃったのかもしれないですね。


    秋篠宮さま 失敗した“破談作戦”眞子さまの心変わりを期待
    駐日パラグアイ大使を迎え、並ばれた秋篠宮さまと眞子さま。10月5日、父娘でパラグアイ政府からの国家功労勲章伝達式に臨まれたのだ。勲章を受け取られる際にはほほ笑まれたお二人。だが皇室担当記者はこう語る。

    「今回の伝達式は、最後の父娘でのご公務になるようです。しかし公開された映像からは、ぎこちない印象を受けました。特に眞子さまが緊張されているようにお見受けしました……」

    ご結婚発表と同時に、眞子さまが“複雑性PTSD”と診断されたという事実が公表されたことは、国民だけではなく、令和の皇室にも衝撃を与えた。

    皇室担当記者が続ける。

    「10月7日には天皇皇后両陛下の側近である侍従次長が、『両陛下も心配されている様子とお見受けします』と、語りました」

    眞子さまの病名が診断された時期は明確にされていないが、宮内庁関係者は次のように語る。

    「紀子さまは’18年11月の会見で、眞子さまのご体調の異変についてこう言及されています。『長女は大丈夫だろうか、どのような思いで過ごしているだろうかと、私は、大変心配でした』。

    その後、皇室医務主管に相談され、精神科医の秋山剛氏による眞子さまのご診察にいたったのだと思われます。しかし今回の病名公表で私が気になったのは、診断結果が秋篠宮家の側近に伝えられるまで、かなりの時間差があったと思われることです」

    秋篠宮ご夫妻の側近トップ、加地隆治皇嗣職大夫は10月1日の会見でこう漏らしているのだ。

    「(ご結婚の日程が)なぜ、10月26日なのかということをいろいろお聞きしている中で、そういう話が出てきたものですから、びっく..
    【日時】2021年10月14日 06:05
    【ソース】女性自身

    【失敗した破談作戦…秋篠宮さま 眞子さまの心変わりを期待】の続きを読む

    このページのトップヘ