にゃんだふるdayにゅ~す

にゃんだふるdayにゅ~すは日々の気になるニュースや話題を
まとめたサイトです。
気になる記事を探して楽しんでくださいね。

    2022年03月


    木下ほうかが逃亡…日本骨髄バンクも困惑し公式サイトから削除

    こういった報道が出た以上、それなりの対応はしたほうがいいと思うんですけどね。

    「日本骨髄バンク」も困惑…木下ほうかが“逃亡”! 文春砲の事実確認をしたくても連絡取れず、公式サイトから削除
     3月23日に「文春オンライン」が俳優・木下ほうか(58)による「性加害」疑惑を報じた。

     発端は3月9日に公開一時中止になった映画『蜜月』の榊英雄監督(51)による性加害報道だ。

     7人の女優から「性行為を強要した」と告発された榊監督は、おおむね事実と認めて謝罪した。

     23日の記事で、木下は榊監督の“盟友”と紹介され、ともに「性加害」に加担していたと2人の女優に告発された。
     所属事務所は疑惑に対して、回答をしていない。

     木下といえば、先日終了したばかりの『痛快TV スカッとジャパン』(フジテレビ系)のミニドラマで演じていた「イヤミ課長」の強烈なキャラクターが有名で、意地悪な役が多いバイプレーヤーだ。

     だが、木下を有名にした“もう一つの顔”がある。テレビ局関係者が話す。

    「白血病患者などへの提供意思を表明した“骨髄ドナー”という一面を持っていました。演じている役柄とのギャップもあり、その話題でたびたびテレビ番組に出演したこともあります。
     それ以上に木下さんのドナー登録を有名にしたのはACジャパンによる『日本骨髄バンク』のCMではないでしょうか。『骨髄提供をしたのは僕のかけがえのない経験でした』と、木下さんが語るCMによって“じつはいい人なんだ”というイメージは強かったです」

    「公共財団法人 日本骨髄バンク」は、2019年に木下を初代アンバサダーに任命していた。
     その活動の一環として、公式サイトに木下のインタビューページを公開していたが、報道後にページは閲覧不可になっている(2022年3月24日現在)。

     日本骨髄バンクの広報担当者は、本誌の..

    【日時】2022年03月24日 20:00
    【ソース】SmartFLASH

    【木下ほうかが逃亡…日本骨髄バンクも困惑し公式サイトから削除】の続きを読む


    福原愛さんの離婚原因が判明…中国で批判と擁護の声

    何とも言えないですが、もう離婚して時が経っているのでそっとしてあげてもいいのかな。

    2022年3月23日、中国のエンタメメディア・捜狐娯楽は、福原愛さんの離婚原因について元夫が「自分の心を解放してくれる存在ではなかった」とする記事を掲載した。

    記事は、日本の週刊誌の記事を引用。昨年7月に離婚が成立した台湾の卓球選手、江宏傑(ジアン・ホンジエ)との結婚生活について、福原さんが自著の中で「実際、私と江の関係は皆さんが思い描くような『甘い』ものじゃないです」「彼はお姫様扱いもしません」とし、自身の恋愛観について「本当にあなたのことを愛する人は、あなたの心を解放してくれる。それによって自分のことを見つめ直すことができ、改めて自分自身を理解できるのです」と記していたことを紹介し、「心を解放してくれる」存在が江ではなく、現在交際が伝えられている男性だった可能性があると伝えた。

    そして、交際相手の元妻が週刊誌に対し、福原さんが離婚する1カ月前に交際相手に送ったとされる「ラブレター」の内容を暴露し、そこには「いつも甘えてばかりでごめんね」「笑った顔が大好きな愛より」などと書かれていたと紹介。交際相手の自宅に福原さんから送られきた速達に書かれていた電話番号から元妻が福原さんと連絡を取ると「2人は仕事上のパートナー。笑顔が好きだと書いたのは、友達としていい関係を築いていたから」と福原さんが説明したという情報を紹介している。

    この件について、中国のネットユーザーは「江一家が財産目当てだったことはとっくに明らかになっている」と福原さんを擁護する声がある一方で、「だからといって不倫していいのか」「何を言おうが不倫は不倫」「そもそも結婚は自分で決めたことだろうに。お姫様扱いされるかなんて、知ったこっちゃない」と批判的な声も。また、「結婚と恋愛は別、ってことかな」「離婚してもう随分時間が経ってるのに、まだほじくり返してるのか」といった感想も見られた。(翻訳・編集/川尻)

    【日時】2022年03月24日 20:20
    【提供】レコードチャイナ

    【福原愛さんの離婚原因が判明…中国で批判と擁護の声】の続きを読む


    市川海老蔵 まん防破り多重交際…SNSナンパでデートや密会

    根っからの女性好きなんでしょうけど、せめて一人に絞ってほしいですね。

    市川海老蔵がSNSナンパで多重交際 “まん防破り”食事デートとホテル密会
     歌舞伎役者の市川海老蔵(44才)が、複数の女性と逢瀬を重ねている姿がキャッチされた。そのうち一人の女性とは、東京都で「まん延防止等重点措置」が実施されている中、深夜まで飲食店でデートをしていた。24日発売の『女性セブン』が報じている。

     主演する『六本木歌舞伎』の大阪公演(3月18~21日)がメインキャストの新型コロナ感染が判明し、中止に。座長の海老蔵も慌ただしくPCR検査を受けた。海老蔵は公演中止の悔しさをブログにこう綴った。

    《楽しみにしてくれていた皆さんには、本当に本当に申し訳ないと思っています。(中略)六本木歌舞伎も大千穐楽を迎える事が出来ず、心から残念ではございますが、誰が悪い訳ではないので、皆様にもご理解頂けましたら幸いです。》

     本来なら大阪にいるはずだった3月中旬、海老蔵は都心にある高級そば割烹店の個室で女性と食事を楽しんでいた。ふたりが店を出たのは夜9時頃。ノーマスクの海老蔵に、明るく染めた巻き髪が印象的な女性が続く。ふたりは海老蔵の運転する高級外車で芸能人御用達のダイニングバーに移動した。

     その夜はまだ「まん延防止等重点措置」がとられており、都内の飲食店はアルコール提供の有無にかかわらず、夜9時閉店が求められていた。この店も海老蔵たちが到着する直前に、閉店したが、歌舞伎界のスターは“融通”が効くのだろう、海老蔵と女性は閉まったはずの店内の一角に腰を据えた。2時間半過ごし、日付が変わる頃になって店を出ると、海老蔵は女性を助手席に乗せてレインボーブリッジを渡り、高級ホテルまで送り届けた。

     この女性は、ティッ..

    【日時】2022年03月23日 16:00
    【ソース】NEWSポストセブン

    【市川海老蔵 まん防破り多重交際…SNSナンパでデートや密会】の続きを読む


    せっかく人気が出てもこういう事実があったとすれば、残念ですね。

    1 

    3/24(木) 5:15配信
    東スポWeb

    名バイプレイヤーの木下ほうか(東スポWeb)

     榊英雄監督(51)に続いて、俳優・木下ほうか(58)まで――。文春オンラインは23日、「木下の性加害を2人の女優が告発」という記事を配信した。木下は〝名バイプレーヤー〟として多くの作品に出演しているだけに、テレビ界や映画界がパニックに陥っている。

     先日、性被害を題材にした映画「蜜月」の榊監督による複数の女優への性加害疑惑が文春に報じられ、大騒動となっていた。その影響で、映画は公開中止となった。

     榊監督の時も関係者はまさかの出来事に右往左往していたが、今度は木下とあって混乱に拍車がかかっている。

     文春によれば、木下は2011年に榊監督が開催したワークショップ(グループでの体験型講座)に、講師ではないのに顔を出し、若手女優のXさんを自宅に呼び出し、性的行為を強要。また、業界人が集まる飲み会で知り合ったYさんに対しても自宅へ呼び出し、パワハラじみた言動を用いて関係を迫ったという。

     ワークショップとはプロ、アマ関係なく、演技や撮影技術向上のために開催される。近年であれば2018年の「カメラを止めるな!」はワークショップ形式で制作され、大ヒット。「自分たちでも面白いものは作れる!と、若手俳優たちの希望となりましたが、自分の欲望を満たすことを目的に出入りしている大物プロがいるとすれば、これほど残念なことはない」と映画関係者。

     本紙は木下の事務所に電話、メールで問い合わせをしたが、23日夜時点で折り返しやメールの返信はない。

     この報道により、困った事態に陥っているのがテレビ局や映画関係者だ。「木下はドラマや映画だけではなく、バラエティー番組、ラジオと幅広く活動している。まだ発表になっていないものもあり、仮にそれらがお蔵入りになるようなことがあれば編集や撮り直しが大変だからです」(芸能プロ関係者)

     特に困っているのがNHKだ。4月開始の連続ドラマ「正直不動産」で、主演の山下智久の上司役で出演することが決まっている。たとえ本人がまだ見解を述べておらず、はっきりしたことは分からないとはいえ、女優2人が告発したという事実はあまりにも重い。何事もなかったのように放送すれば、視聴者から批判が殺到することは火を見るより明らかだ。

    「アメリカ・ハリウッドでは2017年にセクハラ根絶を訴える『#MeToo』運動が起こり、今まで被害にあうも力関係から口を閉ざさざるをえなかった女優たちが次々と告発。大物映画プロデューサーは有罪となった。それほど重い問題であり、匿名ながら2人の女優が告発していることを考えると、木下もこのままダンマリを貫くならば俳優生命は危ういと思われます」(制作会社関係者)

     まだまだこの騒動は収まりそうにない。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/96bf797a5d63df30ad2d92e78ee2b5b26122257a


    【木下ほうかに性加害報道にNHKも困惑…俳優生命の危機か】の続きを読む


    小林麻耶、市川海老蔵を批判…「妹は離婚したがっていた」

    なぜ今になってこんな暴露をしちゃったんでしょうか。

    小林麻耶、市川海老蔵を批判「麻央の病室で競馬」「亡くなった日にお金の話を」
     小林麻耶が、3月21日公開の元夫・國光吟(くにみつ・あきら)氏のYouTubeチャンネル『吟 Akira』に登場。「小林麻耶暴露」と題した動画で、亡くなった妹・小林麻央さんの夫である市川海老蔵との不仲を明かした。

     麻央さんの闘病中の海老蔵の態度について、「病室に5秒いるのが精いっぱいでしたよね。『え、何すればいいの。いられないんだけど。帰るわ』って。私、すごい人だなって思いました」と回想。

     のちに海老蔵は5~10分、病室にいるようになるが、「本当に大変なときに、病室で競馬新聞を開き、競馬を楽しんでましたよね。私と母と父の前で」とぶっちゃけた。

     麻耶によると、麻央さんが亡くなった日に海老蔵は「こんなに高いマンション借りたばっかりなのに」とお金のことを気にしており、麻耶は「父も私も絶句していました」と振り返っていた。

     さらに、「妹からも相談を受けていました。『苦しいよ。死にたいよ。離婚したいよ』って。それでも私はこの日まで我慢してきました」と涙ながらに訴えていた。

     この点について麻耶は、同日のブログで「○にたい離婚したいと言っていたのは結婚をしてすぐです。海老蔵さんと結婚をしてから奴隷のように扱われとても辛いと相談を受けていました」(原文ママ)と説明していた。

     麻耶の暴露にYouTubeのコメント欄にはさまざまな声が書き込まれた。

    《麻耶さん想像を絶する辛さをずっと我慢していたのですね》

    《私まで涙出る。私が麻耶さんの立場ならこんなに気丈に振る舞えない。表情見ればどんだけ我慢したかわかる人にはわかる》

    《麻耶さん 吐き出して楽にな..


    【日時】2022年03月22日 16:00
    【ソース】SmartFLASH

    【小林麻耶、市川海老蔵を批判…「妹は離婚したがっていた」】の続きを読む

    このページのトップヘ