にゃんだふるdayにゅ~す

にゃんだふるdayにゅ~すは日々の気になるニュースや話題を
まとめたサイトです。
気になる記事を探して楽しんでくださいね。

    カテゴリ:芸能 > アイドル


    当時のアイドルの中では歌もうまかったですよね。なるべくしてなったアイドルだったのではないでしょうか。

    1 

    小泉今日子が「伝説のアイドル」になれた理由、松田聖子や中森明菜とも共通する“魅力”


    今年でデビュー40周年を迎え、31年ぶりの全国ホールツアーを実施するなど本格的に音楽活動を再開させた小泉今日子。

    そんな彼女が伝説のアイドルになれたワケとはーー? ’89年にリリースされた話題のシングル『Fade Out』を制作し、今でも彼女と親交があるという近田春夫に聞いた。


    芸能人っぽくない“一面”も

    「日本のハウスミュージックと銘打って日本で作られたのは、あの曲が最初。その直後の'90年に寺田創一さんがリミックスした『サンシャワー』という曲が出ましたが、当時は日本語のハウスは、その2曲しかありません」

    '89年にリリースされた小泉のシングル『FadeOut』は、当時では珍しいハウスのリズムを取り入れた話題曲。制作したのは近田春夫氏だ。

    「共通の知人で仲よくしているカメラマン夫妻がきっかけで、小泉さんが僕の音楽を知ってくれたようで。最初に小泉さんと会ったのは表参道のカフェでした」


    昨年、近田氏はデビュー50周年と古希を迎えた。その記念イベントで小泉に出演を依頼。それをきっかけに、最近では小泉とラジオに出演するなど、再び親交を深めている。

    「僕と仕事したのは、ほかのアイドルとは違うものをやりたいという意識があったからでしょう。度胸があって、どっしり構えてくれました」

    小泉の新しいことを恐れないという姿勢がうかがえる。

    「自分で会社を作って、出演する立場から、映画や舞台を作る裏方の立場にもチャレンジしています。今はそのことにものすごく燃えています」

    小泉本人が仕事のメールを送るなど、会社員のような作業もしているという。

    「自分が全体を仕切ってやっていく立場となると、人間関係でも人望がないとできないこと。今回のツアーで、グッズなどを全部、本人がデザインしているけど、どれが売れ行きがいいかなどの経営者視点もあります」

    タレントの“お嬢様芸”ではできないことだ。

    「会社の経営者として非常に落ち着いた目で“小泉今日子”という商品を客観的に見ている。それはすごいと思う一方で、普段は芸能人っぽくないというか、気さくな友達のよう。自分で車を運転して、電車も乗ったりしています」


    一般の人と変わらない部分があるからこそ、時代や世の中が求めるものを客観的に捉えられるのかもしれない。

    「事務所にいたときは、誰かが形にしてくれたこともあったでしょうが、今は自分のアイデアを自分の力で形にしている。大変そうだけど生き生きして見えます」

    独立して多忙でも、充実しているという。過去に出会ってきた逞しい人たちの影響も大きいと指摘する。

    「筒美京平さん、秋元康さん、内田裕也さんといった芸能界の人だけでなく、普通の友人などでも、いい知人や仲間を持っている。いろんなことを吸収したんでしょうね」

     さまざまな才能を発揮する小泉だが、近田氏はいちばんの魅力を“声”だと断言した。

    「彼女は歌声もしゃべっている声も素敵なんです。一緒にレコーディングなどをして思うのは、やっぱり小泉今日子は声なんだって。人間性やほかの才能をよくクローズアップされますが、まずは声。聖子ちゃんや明菜ちゃんもそうだけど、伝説的なアイドルになる人は声がいい人ですよ」


    近田春夫
     '51年2月25日生まれ。東京都出身。ミュージシャン、作曲家、プロデューサーとして多岐にわたり活躍し、ラジオ番組『TOKYO M.A.A.D SPIN』(J-WAVE)では小泉とともにナビゲーターを務めている

    https://news.yahoo.co.jp/articles/30da0b8c3af2bb522a220a23b730c033f870c3b8

    (出典 i.imgur.com)


    【小泉今日子が伝説のアイドルになれたのは…聖子や明菜と共通するもの】の続きを読む


    そういうやんちゃな時期もあるでしょうね。ホントに好かれてないことはないでしょう。

    1 

    1/15(土) 13:36
    東スポWeb

    田中樹が告白 SixTONESは「ジャニーさんにあんま好かれなかったメンバーの集まり」
    ジャニーズ事務所(東スポWeb)
     アイドルグループ「SixTONES」の田中樹(26)が15日、TBS系バラエティー番組「王様のブランチ」に出演。グループは「ジャニーさんにあんま好かれなかったメンバーの集まり」などと話した。

     番組では、田中の希望グルメを堪能する企画を行った。食事を楽しみながら、田中は「仕事の合間は基本、ライブもツアーの合間も、絶対6人一緒に食べる。ケータリングを用意してもらって、全員でいただきますって食べる」と明かした。

     番組共演者から、グループ内での衝突について質問されると「ケンカは1回もない。昔から。グループを結成する前から仲良かったメンバーが、気づいたら一緒にやれるようになったので」と話した。

     続けて、グループのメンバーについては「ジャニーさんにはあんま好かれなかったメンバーの集まり。ジャニーさんは、七三のオールバックが嫌いで。俺らがやると『おじさんみたいだからやめろ』って。そう言われても、6人全員でやり続けた」と説明した。

     やんちゃな一面について明かした後には「今はめちゃくちゃ大人。その時期を経て、一番いまは成熟している」と語った。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/8c76f47e171d50348d4dfc0faa6df565d1d3438e


    【SixTONESはジャニーさんにあんま好かれなかったメンバーの集まり】の続きを読む


    BiSH 歌が下手すぎ…紅白のパフォーマンスに視聴者絶句

    過去の歌手も歌がうまくなくても売れていたんですけどね。今は評価が厳しい時代になったのかもしれないですね。


    BiSH、『紅白歌合戦』でのパフォーマンスに視聴者絶句「歌下手すぎて放送事故になってる」
    12月31日に放送された「第72回NHK紅白歌合戦」(NHK総合)。

    同番組に出演をしたアイドルグループ・BiSHのパフォーマンスに、視聴者が絶句するシーンがありました。

    BiSH、「紅白」でのパフォーマンスに視聴者絶句「歌下手すぎて放送事故になってる」
    12月31日に放送された「第72回NHK紅白歌合戦」(NHK総合)。

    アイドルグループ・BiSHが出演をしました。

    この日は、2年ぶりの有観客での開催ということもあり、盛り上がりを見せた同番組。

    アイドルグループ・NiziUや日向坂46をはじめ、SixTONES、King & Prince、初出場のKAT-TUNなどのジャニーズ勢、藤井風さん、YOASOBI、Awesome City Clubといった今をときめくアーティストなど様々な方が出演をし、番組を盛り上げていました。

    この日、中でも話題となったがBiSHのパフォーマンス。

    BiSHは2015年、タレント・ファーストサマーウイカさんも所属していたことがある「BiS」のスタッフが創設したアイドルグループ。

    「楽器を持たないパンクバンド」というコンセプトで活動をしており、その斬新さから芸能界でも人気が少しずつ広がっていましたが、昨年12月24日に放送された「スッキリ」(日本テレビ系列)内にて、2023年に解散することが発表され話題にもなりました。

    そんなBiSHですが、この日は「プロミスザスター」を披露。

    「楽器を持たないパンクバンド」の名に恥じない、素晴らしいパフォーマンスを披露していたように思えましたが、ネット上からは

    《BiSH?ていう子達初めて見たけど歌が下手すぎませんか…? めちゃくちゃ不協和音なんだけど… この子達に何の恨みも無いけど聞くに絶えないよ…》

    《BiS..


    【日時】2022年01月01日 11:00
    【ソース】QuickTimez

    【BiSH 歌が下手すぎ…紅白のパフォーマンスに視聴者絶句】の続きを読む


    アイドルグループBiSH、NHKを激怒させて出禁か…放送禁止用語を絶叫

    いきなりやらかしちゃったみたいですね。周りの大人たちも助言なりできなかったのでしょうか。


    「せーの、ちんこー!」の掛け声にNHK激怒か 紅白初出場のアイドルグループBiSH、出禁に?
    大みそかの「第72回NHK紅白歌合戦」に初出場を決めたアイドルグループ・BiSHだが、初出場者発表会見でいきなりやらかした。

    ライブ前のお約束のパフォーマンスとして、円陣を組み、「せーの、○○○ー!」と放送禁止用語を絶叫。司会を務めていたNHKの和久田麻由子アナを仰天させたのだ。

    「ファンや関係者にとってはおなじみのパフォーマンスだが、さすがにNHKの一部上層部は激怒。今後のリハーサルや本番で、同様の放送事故が起きるかもしれないので関係者はハラハラ。あの会見の時点で来年以降の出禁が決定したとも言われている」(会見を取材した記者)

    先月30日には、AKB48の柏木由紀がBiSHら芸能事務所・WACK所属の7グループに加入するプロジェクト「柏木由紀なりのWACK」のシングルが、7作同時にリリースされた。

    そして、現在、その7グループのメンバーが総選挙を行い、上位7位までのメンバーと柏木が新グループを結成するプロジェクトが進行中。投票締め切りは26日午後3時で、グループの始動は来年以降になりそう。ちなみに、先日発表された中間投票で、BiSHのメンバーではモモコグミカンパニーが4位、セントチロ・チッチが7位、ハシヤスメ・アツコが8位に入っている。

    そんなBiSHに関して、発売中の「女性セブン」(小学館)によると、年内で解散を発表すると言われており、その発表が紅白になる可能性が浮上。

    所属事務所は同誌に対し、「事実無根」と否定しているが、BiSHは「終わらせ方」にこだわっていて、人気絶頂時の解散はメンバーの悲願。発表後すぐの解散ではなく、ファンの方とお別れする時間は作る予定だというのだ。

    「そうい..
    【日時】2021年12月17日 07:00
    【ソース】リアルライブ

    【アイドルグループBiSH、NHKを激怒させて出禁か…放送禁止用語を絶叫】の続きを読む


    SKE須田亜香里 性被害を明かし驚きの声…「襲われてキスされて」

    公になっていなくても被害を受けている女性って少なくないんだろうなと思います。加害者には厳罰を与えてほしいですね。


    「そのまま襲われてキスされて」性被害明かしたSKE須田亜香里に驚きの声
    SKE48の須田亜香里(30)が26日、フジテレビ系「バイキングMORE」に生出演。高校時代に性被害に遭っていたことを告白し、被害者としての思いを語った。

    番組では、強制わいせつ未遂罪に問われた人気バンド「ヒステリック・ブルー」の元ギタリストのナオキこと、二階堂直樹被告(42)に懲役1年2カ月の判決が下された件を取り上げた。

    再犯でありながら、未遂だったことなどで量刑が軽くなったとする弁護士の説明を受け、須田は「未遂だから罪が軽くなったっていうのがふに落ちなくて」とし、「自分の経験談なんですけど……あの、かわいそうだと思わないで聞いてくださいね」と前置きした上で、「高校生の時に道を歩いていたら、おじさんに道を聞かれて、『連れて行って』って言われたから連れて行ったら人気のない所で『ありがとう』って握手の手を出されて、そこからそのまま襲われて、その時はキスされて…」と告白。出演者らからは驚きの声があがった。

    【日時】2021年11月27日 05:00
    【ソース】日刊スポーツ

    【SKE須田亜香里 性被害を明かし驚きの声…「襲われてキスされて」】の続きを読む

    このページのトップヘ