にゃんだふるdayにゅ~す

にゃんだふるdayにゅ~すは日々の気になるニュースや話題を
まとめたサイトです。
気になる記事を探して楽しんでくださいね。

    カテゴリ:芸能 > 俳優






    信じ込みやすい体質の人っているものですが、息子に迷惑をかけないようにしてほしいものですね。

    1 

    若手人気俳優の筆頭、菅田将暉(28)。歌手としても活躍するなどマルチな才能を発揮しているが、他方、その母も、別な意味での“マルチな才能”を持っているのかもしれない。消費者庁が行政処分を下した連鎖販売取引の化粧品会社。その広告塔に「菅田ママ」の名が……。

     芸能界に「ステージ父母」の存在はつき物だが、今、その世界で筆頭と言えばこのご夫婦か。

     菅田の実父は、経営コンサルタントと称する菅生新(すごうあらた)さん、母は美容サロン経営の好身さん。二人ともこれまで息子の人気を当て込んで講演会やランチ会を開き、「子の七光り」をふんだんに浴びてきたことは既報の通りである。

     好身さんは、渋谷と大阪でサロンを手広く開業する実業家だが、

    「今月に入り、本人のブログが急に消えてしまったんです」

     と語るのは、さる芸能ライターである。実際に検索してみると確かにその通りだが、一体何があったのか。

    「実はその直前、ある化粧品会社がマルチ商法で行政処分を受けたことが報じられた。菅田ママはその商品をブログなどで紹介していたことがあり、それを隠すためではないか、と囁かれていますね」

     8月25日に処分を受けた、その会社は「アイテック」という。主業務は化粧品や水素生成器の販売であるが、

    「全国45の都道府県の消費生活センターに、この4年間で同社に関する苦情相談が約500件寄せられていました」

     とは、消費者庁取引対策課の担当者である。同社は連鎖販売取引、いわゆるマルチ商法を展開していたが、

    「処分の対象となったのは、三つの違法行為です。まず、勧誘であるにもかかわらず“いい話があるから”などとその目的を告げなかった。また“アイテックの商品は、世界的に有名なブランドの化粧品と同じ工場で製造している”“有名大学とも共同研究している”などと虚偽の事実を告げて販売していましたし、公衆の出入りしない場所で勧誘していました」

     これにより、半年間の一部業務と取引の停止が命じられたのだ。
    “とっても大好評!!”
     この会社の商品に「マトリックス」なる美容液があるが、前出の菅田ママは、削除したブログの中で昨年、この商品について、

    〈サロンでお客様にも販売スタートし とっても大好評!! 〉

    〈私のシワやブルドックのようなタルミもお客様の爪の変形までもが凄いことになっちゃいました!! 〉

    〈再生医療レベルの美容液〉

     などと大宣伝していた。

    「しかもこの会社、販売員を勧誘する際、菅田さんのお母さんの名前を使っていたんですよ」

     とは、かつて知人に同社を紹介された女性。

    「一度セミナーに来てみなよと誘われたのですが、その際の売り文句が“菅田将暉さんのお母さんも会員なんだよ”でした」

     というから、立派な「広告塔」に使われていたのである。しかも、

    「セミナーに行くと100人以上も参加者がいて驚いた。代表者の講演があったり、試供品が配られたりしましたが、びっくりしたのは、ある年配の女性の体験談として“交通事故で指を失った孫の手にエキスをかけたところ、指が生えてきた”という話を紹介していたこと。これはまずいなと思って関わるのをやめました」

     アイテックはこれらの発言を否定するが、よくこの会社の商品をお勧めできたもの。息子もおおいに気を揉むに違いないが、当の菅田ママは何と言うか。

     質問を投げると、大要、

    「(ブログを閉じたのは)10月から新会社をスタートする予定で、リニューアル途中だからです」

     として、

    「サロンではさまざまなメーカーと取引をさせていただいておりますが、アイテックさんもそのひとつ。菅田将暉や私の名前を使って勧誘されていたことが事実だとしたら、とても残念です」

     と述べるのだけれど、

    「あのママは、もともとオカルト体質ですよ」

     とは先の芸能ライター。

    「以前行ったトークショーでは、気功やエネルギー、スプーン曲げなどをネタにしていた。今回のマルチ化粧品に乗ってしまったのも、容易に想像がつきますね」

     10月には新作主演映画も公開される息子にとんだ冷や水……困ったママである。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/e35fa4d8db699010dfe9eae316a2366bd31a240d


    【菅田将暉の母がマルチ化粧品の広告塔に…行政処分されていた】の続きを読む






    あくまでも噂に過ぎなかったということなんでしょうかね。

    1 

     8月29日に放送されたバラエティ番組「日曜日の初耳学」(TBS系)に、中村倫也がゲスト出演した。番組で中村は、若手俳優時代の暗黒期を明かしたという。

    「中村は今回、MCの林修が様々なゲストにインタビューする対談企画に登場。そこで、これまでの役者人生を振り返り、19歳から25歳の時期は仕事が少なく、周りの全てを敵だと思ってしまうほど心が荒んでいたと明かしました。そんな暗黒期を救ってくれたのが先輩俳優のムロツヨシだそうで、飲みの席で愚痴を言う中村に対し『じゃあお前、何ができるんだ』と厳しく怒ってくれたことが、自分の考えを見つめ直すキッカケに繋がったのだとか」(テレビ誌記者)

     それらの経験から、今度は自分が後輩たちの面倒を見るようになったという中村。そして番組内で、特に気にかけている3人の後輩の名を明かしたのだが、その1人にファンがザワついたようだ。

    「中村は林から可愛がっている後輩について聞かれると、Sexy Zone・中島健人、小芝風花、浜辺美波の名前を挙げ、『懐いてくれる年下の子には本当に幸せになってほしい』と気持ちを明かしました。するとネットでは、以前から一部で中村との交際疑惑が噂されている浜辺の名前が出たと話題に。ですが中村は今回、浜辺を後輩の1人だとしっかり線引きしたことで、両者のファンから『やっぱり付き合ってはいないのか?』『“幸せにしたい”でなく“なってほしい”だから安心した』『もし、本当にやましい関係なら名前出さないよね?』などと安堵する声が飛び交っています」(前出・テレビ誌記者)

     過去、生配信中に見つめ合う姿や私物の匂わせ疑惑などで、様々な憶測が飛び交ってきた中村と浜辺。それだけにファンは、2人の関係性に興味津々だったようだ。

    https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0831/asj_210831_0040021091.html


    【中村倫也、浜辺美波との関係に言及…熱愛の噂は?】の続きを読む


    モテる人って年齢は関係ないんでしょうね。ホントに残念です。

    1 

    東スポWeb

    モテモテだった千葉真一

     新型コロナウイルスによる肺炎で他界した千葉真一さん(享年82)は、〝アクションスターの元祖〟だけに、晩年もモテた。

     28歳年下の妻と別居中だった2015年春には、54歳年下の女子大生Aさんとの逢瀬を週刊誌に撮られた。妻とはこの年に離婚。翌16年秋には、Aさんが住むアパートに別の部屋を借りて引っ越したという報道も。18年の写真誌インタビューで、千葉さんは「女子大生とは疎遠になってしまった」としたが、その後復縁説も流れた。

     Aさんの知人は「最初はホントに彼女の方から惚れてメロメロになっていた」と証言。

    「『CHIBA』と書かれたピチピチのシャツを着て、バッチリ鍛えた体を見せるから、女の子はみんな惚れちゃって、奪い合いみたいになってた。若いころビバリーヒルズの高校を飛び級で卒業したとか、空手で全米王者になったとかいう話も、実際にはかなり盛ってたらしいけど、そのエピソードがいちいち面白くて、まるで映画のあらすじを聞いてるようだった」

     不倫疑惑と報じられ、千葉さんはAさんとの熱愛関係を否定した。

    「その裏でことあるごとに電話を入れてフォローしてたから、彼女はご機嫌でしたよ。千葉さんはかなりマメで、公開番組に出演している最中にも、彼女に『いま放送中だけどね』とラブコールしてきたとか」と前出の知人は言う。

     離婚後に再婚しようと、一時は本気だったようで、千葉さんは「沖縄の西表島と小浜島の間に無人島があるから、そこを買って最後の豪邸を建てて、映画を作りながら一緒に過ごそう」というプランまで語っていたそうだ。

     千葉さんは18年3月、千葉・富津市で開いた地元ファン向けのトークショーではこう語っていた。「『女性にモテる』って言われるけど、俺はモテないよ。だって、カッコつけないんだもん。女性によく思われようなんてしない。金がなかったら、ない。自然体で、それがいいよ」

     千葉さんはこう話すが、自然体だからこそモテた。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/0f98a65c5caa178c745783a96ccb5151a7502197


    【モテモテだった千葉真一さん…54歳年下女性との本当の関係 】の続きを読む


    俳優の千葉真一さんコロナによる肺炎で死去 82歳

    まだまだ元気に頑張れそうだったのに…最期がコロナなんて残念過ぎます。ご冥福をお祈りいたします。


    俳優・千葉真一さん死去 82歳
     俳優の千葉真一さんが19日午後5時26分、千葉県・君津市の病院で亡くなった。82歳。同日、所属事務所が発表した。

     千葉さんは1939年生まれ、福岡県出身。1968年、TBS系ドラマ『キイハンター』で人気を得る。その他、映画『キル・ビル』、『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』、フジテレビ系ドラマ『影の軍団』シリーズ、NHK大河ドラマ『風林火山』などに出演。

     私生活では1973年、女優・野際陽子と結婚し、1994年に離婚。娘は女優の真瀬樹里。その後に再婚。息子は俳優の新田真剣佑。

    【日時】2021年08月19日 21:45
    【ソース】ORICON STYLE

    【俳優の千葉真一さんコロナによる肺炎で死去 82歳】の続きを読む






    あくまでも疑惑ですよね。年齢差もあるしどこまで信憑性があるかも微妙な気がしますが。

    1

     7月9日、アニメ映画「100日間生きたワニ」の初日舞台あいさつに、声優を務めた中村倫也と神木隆之介が登壇した。2人は私生活でも仲が良いという。

    「この映画は、SNSで投稿されていた4コマ漫画『100日後に死ぬワニ』をアニメ化した作品で、ワニ役の声を神木、ネズミ役の声を中村、モグラ役の声を木村昴がそれぞれ務めています。
    イベントにて神木は、映画の中で3人がじゃれ合っているシーンについて、『(僕たちの)関係性に乗っかっているので観ていただきたい。ほっこりします』とコメント。
    彼はプライベートでも中村らと交流があることから、自信のあるシーンになっているそうです」(芸能記者)

     そんな中村、神木、木村の3人は同日、映画の宣伝のため情報番組「あさチャン!」(TBS系)にもVTR出演。そこでのやり取りが一部ファンをザワつかせているという。

    「今回、番組側から『この中でいちばんモテるのは?』という質問が飛ぶと、神木と木村は、中村を指差して『この人ですよ!』と即決。
    これに中村は『いや俺、昴くんだと思いますよ』と返したのですが、すかさず神木が『(中村は)なんかすごくガチでモテる!』と、まるで何かを知っているかのような反応をしたのです。
    中村といえば、過去に映画で共演した浜辺美波とネット配信中、意味深に見つめ合う姿が映り込んだことで大きな話題となりました。
    そしてその2人の間にいたのが、まさに神木だったのです。
    そのため、ネットでは『まさかあの時、神木くんは何かに気付いていた!?』などと憶測が飛び交うこととなりました」(前出・芸能記者)

     艶気漂う俳優として多くの女性から支持を得ている中村。過去、共演女優から好意を持たれていたとしても不思議ではないが、果たして‥‥。

    https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0713/asj_210713_4992962167.html


    【中村倫也と浜辺美波の熱愛疑惑が再燃…神木隆之介も気づいていたか】の続きを読む

    このページのトップヘ