にゃんだふるdayにゅ~す

にゃんだふるdayにゅ~すは日々の気になるニュースや話題を
まとめたサイトです。
気になる記事を探して楽しんでくださいね。

    カテゴリ:芸能 > 女優


       

    相当好きじゃないと12貫も食べれないですよね。

    1

     杉咲花が、8月25日放送の『華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!』(フジテレビ系)で、木村拓哉と食事したエピソードを語った。

     杉咲は映画『無限の住人』で共演した木村に、高級寿司店に連れていってもらったが、ネギ好きの杉咲はいきなり「芽ネギ」を注文。意外なチョイスに木村も驚くなかで、杉咲は続けて12貫も芽ネギを平らげたという。

     杉咲は「好きなネギランキング」を聞かれ、3位が長ネギの青い部分、2位が芽ネギ、最後に「1位が長ネギの白いところです」と笑顔で明かした。にこやかに語るその表情に、博多大吉は「無条件でお小遣いをあげたい」とデレデレだった。

     さらに杉咲は漬物も好きで、「3位は長芋のぬか漬け。2位はらっきょう。1位はいぶりがっこ」とラブリーにコメント。千鳥の大悟から「なんじゃ、このかわいさ。マンション借りてやろうか」とまで絶賛されていた。

     渋すぎる食の好みをしている杉咲は、年上の男性の心をがっちりつかんだようだ。 
     


    【杉咲花 木村拓哉に高級寿司店に連れて行かれ、驚かせたこととは?】の続きを読む


       

    女優さんってストイックで頭が下がります。出産してもちゃんと体形維持してたりとか。でも12リットルってほんとかな?

    1

    女優の榮倉奈々さんが8月21日、東京都内で行われた映画「糸」(瀬々敬久監督)初日舞台あいさつに出席。同作品で約7キロ減量したことが話題になったが、共演した菅田将暉さんは「すごかった。ちゃんとコントロールして痩せていた」と姿勢を称賛した。

     榮倉さんは、菅田将暉さん演じる高橋漣が働くチーズ工場の先輩・桐野香役。病気におかされてしまう役柄で痩せなければならず、「減量したときに体が保つようにめちゃくちゃ筋トレした」という。

     痩せてから約2カ月空いてから再び元気な姿での撮影があったが「すごい食べたんですけど、太れなくなって。体につくけど顔につかなくて。菅田くんが引くくらい食べていたよね」と苦笑いで回想。体重の増減は「ちゃんと専門の方に計画を作ってもらった。撮影のときにベストになるように」といい、水を一日に12リットル飲むこともあったという。榮倉さんは「まあ、それだけじゃないんですけどね……」と当時を懐かしんだ。

     榮倉さんと初共演となった菅田さんは、「初めての父親役だったので家庭という部分では全乗っかり。娘さんとの接し方は現場で榮倉さんを見ながらまねしていた」と私生活では母親の榮倉さんを参考にしたという。一方、榮倉さんは「今をときめく菅田将暉くんなのでドキドキ。世代も離れているので、すごく緊張していたんです」と明かし、「菅田さんは現場ではのびのびしている印象。まったく壁がなくて最初から楽しく撮影できた」と笑顔を浮かべていた。

     映画「糸」は1998年にリリースされた中島みゆきさんの名曲をモチーフにしており、平成元年に生まれた男女2人の平成から令和を迎えるまでの31年間のラブストーリーを描く。この日は小松菜奈さん、斎藤工さんも登壇。舞台あいさつの模様は全国111館の劇場に生中継され、約1万人が見守った。 
     
     


    【榮倉奈々 7kg減量で水を一日12リットル飲んだ日も…】の続きを読む


       

    夫婦が幸せなら言うことないですよね。そのおかげでバストアップもできたならさらに言うことなし!

    1 
     胸が大きくなったと指摘されたのは8月19日にインスタグラムで公開した写真。佐々木が手掛けるファッションブランドの撮影中に撮ったショットのようだ。
    レース生地のプリーツスカートと白のTシャツを身に着けた彼女がベッドに腰掛けている姿が写っている。

    「Tシャツの胸の部分を見ると、これまでよりもふくらみが大きく見えるんです。シャツの布地がテントを張ったようになっていてかなりのボリューム感を感じますね。
    Tシャツが体にフィットした小さめのデザインなので、胸のふくらみが目立つというのはありますが、以前より大きくなっているのは間違いないと思います」(週刊誌記者)

     夫である渡部建の「ゲス不貞」によって、非常に厳しい立場に追い込まれたのぞみん。ボディのふっくら化は苦境を乗り越えたからなのかもしれない。

    「サイズアップの理由はその渡部にあるのかもしれません。以前の渡部は溜まり続ける欲望を多数の女性で発散してきたものの、今ではそういうことはなくなった。
    一方で、これまでの裏切り行為を反省している渡部としては、妻である佐々木との“愛の交歓”が頻繁になっているとも考えられます。それがサイズアップにつながったのではないでしょうか。
    もっと言えば、すでに赤ちゃんがお腹にいるのかもしれません。佐々木は妊娠すると体つきがふっくらすることが以前の妊娠で明らかになっています」(前出・週刊誌記者)

     佐々木希のバストの大きさで渡部建との関係がはっきりわかる…のかもしれない!? 
     


    【佐々木希 バストアップしたとの指摘…既に妊娠の可能性も?】の続きを読む


       

    ヘアスタイルは似合っていていいんだけど…二人の関係はちょっと心配ですね。

    1

     真夏日となった8月20日、都内のコンビニエンスストアから出てくる女優の前田敦子(29才)を発見した。タレント歴15年目で最も短いショートヘアが、否が応でも目を引く。6月末の夫の勝地涼(34才)との別居報道後に髪をバッサリ切ったという。急なイメチェンに「心境の変化か? 吹っ切った意思表示か?」と、業界内では話題になっている。

    「ここ1年は、夫婦仲はケンカが絶えずに大変でした。出産後のあっちゃんは、当然ながら育児にかかりっきり。勝地さんとしては育児に協力しているつもりでも、妻からしたら全然物足りなく感じていたようで…もう2人とも結婚指輪も外して久しいようです」(テレビ局関係者)

     勝地との別居騒動は、6月下旬に「女性セブン」で報じられた。夫妻は、出産時から前田の親と同じマンションに住んでいたが、今春になって都内の別のタワーマンションに転居した。しかし、勝地は、新居からは車で20分ほど離れた別宅で生活をしていた。双方の所属事務所は「(勝地には)仕事部屋があると聞いておりますが、プライベートは本人に任せております」と、ほぼ同じ内容の回答だった。

    「その当時、勝地さんは『ハケンの品格』(日本テレビ系)の撮影中でした。“仕事に集中したい”という思いもあったのかもしれませんが、実は、彼が家を出たことは今回が初めてじゃなく、何度かあったそうなんです。あっちゃんも最初は勝地さんの帰宅、夫婦関係の修復を望んでいましたが…最近のあっちゃんはサバサバした感じで、何やら吹っ切れたようではあります」(前田の知人)

     前田は、23日から放送が始まる「24時間テレビ43『愛は地球を救う』」(日本テレビ系)に、AKB48の同期生、高橋みなみ(29才)、板野友美(29才)、篠田麻里子(34)とゲスト出演する。

    「最近は、そのための準備で忙しくて、この日も昼過ぎからお子さんを連れてお仕事に出ていたようです。夜は、お母さんに息子さんを預けて、生放送出演に向けてエステでコンディションを整えて、帰宅したのは午後10時ごろだったと思います。毎日こんな感じで忙しくしているんですよ」(前出・前田の知人)

     ただ、この日は夫・勝地の34才の誕生日だった。

     前田とも勝地とも仕事の経験がある、ある芸能関係者は「2人とも燃え上がるタイプで、交際してすぐに結婚までいきました。ただ、前田さんは束縛が強いタイプですし、勝地さんは飲み歩くのが好きで、自己主張が強い人でもありますから…夫婦間のすれ違いが起きてもおかしくはありませんね。どちらかに大きな非があるわけではないだけに、余計に修復は難しいかも」と心配している。 
     
    コンビニから出てきた前田敦子


     1才の長男を抱っこする前田


     

     
    エステで自分磨きを怠らない前田


     


    【前田敦子 勝地涼との別居後…ヘアスタイルは超ベリーショートに】の続きを読む


       

    これから一人で三人の子供たちを育てるための大きな覚悟もあったんでしょうね。

    1

    むせ返るような暑さに見舞われた8月中旬の昼過ぎ。涼しげな表情で都内にある自宅のガレージに愛車を入れたのは、杏(34)。8月1日に東出昌大(32)との離婚を発表したばかりの杏だが、この日は心なしか晴れやかな表情をしているようだった――。

    「杏さんはマスコミからの取材を避けるため、離婚発表後に子供たちを連れて避暑地にある別荘に身を移していました。1週間ほど滞在して、最近また自宅に戻ってきたそうです」(杏の知人)

    いっぽう、元夫の東出昌大は8月13日、都内で行われた映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』の舞台挨拶に登場。離婚後初の公の場となったが、短髪を逆立てた若々しい姿にイメージチェンジ! 離婚について触れることなく、終始にこやかな表情を浮かべていた。

    「東出さんはしばらく実家に身を寄せていましたが、離婚発表前後から都内のウイークリーマンションに移って1人で暮らしているそうです。定期的に母親が様子を見にいっているといいます」(映画関係者)

    1月下旬に東出と唐田えりか(22)との不倫が報じられてから約7カ月。ともに吹っ切れたように見える2人だが、離婚を決断するまでの道のりは平たんではなかった。

    「東出さんは関係修復を望んでいましたが、杏さんは弁護士を立て、直接話し合うことはほとんどなかったそうです。なんとかして離婚を避けたい東出さんは交渉を遅らせるためにギリギリまで弁護士を立てず、交渉を引き伸ばそうとしました。しかし、杏さんの意思は固く、最終的に東出さんも折れました」(芸能関係者)

    離婚の意思を貫き通した杏だが、東出への“温情”もあった。

    「杏さんには東出さんを必要以上に罰したいという気持ちはありません。養育費は東出さんが支払う形で決着しましたが、慰謝料は求めなかったそうです」(前出・知人)

    曲折を経て“円満離婚”となった2人。しかし、そんななか杏にはどうしても譲れなかったものがあるという。

    ■杏が絶対に譲れなかった“2つのもの”

    「離婚交渉のなかで、3人の子供の親権と自宅の権利は杏さんが持つことになったそうです。この2つだけは離婚するうえで、杏さんとしては絶対に譲れない条件だったといいます」(前出・知人)

    ’16年9月末に購入した自宅はこだわりのつまった思い出の“愛の巣”だった。

    「自宅があるエリアは芸能人も多く住む閑静な高級住宅地で、坪単価は200万円ほど。地下1階、地上2階建ての豪邸ですが、新築ではなくリフォームした中古物件。インテリアにも造詣の深い杏さんのこだわりがいたるところに込められているといいます。

    土地建物合わせて2億円ほどで、ローンは組まず、2人で折半してキャッシュで購入。権利も半分ずつ持っていたので、東出さんは1億円を手放したことになりますね」(地元の不動産業者)

    杏が自宅を手放したくなかったいちばんの理由。それは、愛する3人のわが子のためだった。

    「杏さんは落ち着いて子供を育てることを最優先に考えています。このエリアに決めたのも、緑豊かで近くに公園や学校も多く子育てに適しているから。また、子供たちが通っている保育園は藤井聡太棋聖(18)も受けたモンテッソーリ教育を取り入れている話題の園。

    感性をのびのび伸ばす教育法で知られ、杏さん自ら探して決めたそうです。友達もたくさんできて、子供たちもとても気に入っているといいます。杏さんとしては子供たちの将来のためにもこの環境だけは絶対に手放したくないという気持ちなのでしょう」(前出・知人) 
     


    【杏が東出昌大との離婚に関して絶対に譲れなかった2つの条件】の続きを読む

    このページのトップヘ