にゃんだふるdayにゅ~す

にゃんだふるdayにゅ~すは日々の気になるニュースや話題を
まとめたサイトです。
気になる記事を探して楽しんでくださいね。

    カテゴリ:芸能 > 女優


    篠原涼子 不倫騒動でもノーダメージ…全く干されないワケとは

    なんかしれっと流されていった感じでしたね。何年も復帰できない人もいるのに。


    【大女優】篠原涼子「不倫クロ確定」だったのに
    まったく干されない理由

    借りを作って馬車馬働き

    最近では、ネットフリックスの大型ドラマ『金魚姫』の主演に、その主題歌で19年ぶりの歌手活動再開。

    そしてバカリズム脚本で話題の主演映画も公開され、それらに伴う宣伝活動で、メディア露出が急増している、大女優カテゴリーの篠原涼子(48)。

    「ゴールデンのバラエティは勿論のこと、今までは絶対出なかったような深夜バラエティにも出ている。自身がMCの単発番組が放送されるなどと『若手の頃のような働き方で意外』という声も多いが、篠原がここまで働くには深い理由がある」(週刊誌芸能記者)

    今でこそ、自然と風化していると思われるが、篠原は昨年夏に文春砲をくらい『不倫クロ確定』の烙印を押された身。

    その少し前に大御所俳優・市村正親(73)と離婚をし、子供2人の親権を渡していたのも、この不倫が原因と見られていた。

    しかしながら、その直後に予定されていた篠原出演の『24時間テレビ』の大型ドラマは何事もなかったように放送され、多数抱えるCM降板の話も無かった。

    そして、最近の露出急増ぶりにつながっていくが、現代では『不倫は薬物事件と同罪』と言われるほど裁かれる芸能界・テレビ界。

    これほどまでにノーダメージで切り抜けられたのは、いったい何故なのだろうか。

    不倫報道もノーダメージ?(公式HPより)

    「同タイミングで離婚をしたので、それで罪を償った印象もあった。そして所属事務所は知る人ぞ知る超大手のジャパンミュージック。方々に根回しをして、あっと言う間に不倫騒動を鎮静化させた手腕は見事としか言いようがない」(同前)

    しかし、表面上はノーダメージだったが、裏では多少の損失も被っていたようだ。

    「実は表沙汰になってないが、新規契約の広告が1本飛んだらしい。それと24時間テレビの直前だったため、日テレ側に相当な借りを作った。それらもあり、事務所のトップとしてワガママ放題だった篠原も、しばらくは事務所の言いなりとなるしかなく馬車馬のように働き始めたのでは」(芸能事務所関係者)

    ただ、あまりに多忙で疲労が溜まっているのか、はたまた文春砲に懲りて男断ちしているストレスなのか、最近容姿に変化が見られているようだ。

    「50手前で代謝が落ちてきているのもあるのか、最近では『太って劣化した』という声が多い。特に顔の肥大化が目立つ。もともと美人を売りにした女優でもないので、そこまで問題はないが、さすがにもう少し気を付けるべきでは」(同前)

    やはり、大女優の美容のためには “心ときめく秘め事” が必要なのかも……。(瀬戸ジーニアス)

    【日時】2022年03月16日 08:54
    【提供】覚醒ナックルズ

    【篠原涼子 不倫騒動でもノーダメージ…全く干されないワケとは】の続きを読む


    佐々木希、夫・渡部建と夫婦共倒れの危機…足を引っ張る渡部

    タイミングって難しいですね。不倫騒動は相当嫌悪感を抱かれているようなので、慎重になったほうが良かったですね。


    佐々木希の主演ドラマが視聴率1%割れ…夫・渡部建と“夫婦共倒れ”の危機
    佐々木希(34)の4年ぶり連ドラ主演作「ユーチューバーに娘はやらん!」(テレビ東京系)が“危険水域”に突入した。テレ東深夜枠(23時台)のドラマの合格ラインは4%前後といわれているが、「ユーチューバーに──」は初回に1%台後半の視聴率を記録した以降は右肩下がり。現在は1%を切るか切らないかの状態だ。

    主演ドラマがスタートするまでは佐々木の再ブレークを予想する関係者が少なくなかった。昨年秋に出演した舞台「酔いどれ天使」は好評で、芸能プロダクション社長令嬢の役で出演したNHKの連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」もすこぶる評判が良かった。SNSでは〈佐々木希ちゃんが可愛過ぎて、深津絵里からオダギリジョーを奪っちゃうんじゃないかとドキドキしました〉といった声もたくさんあがっていた。

    「『ユーチューバーに──』での佐々木さんの“ダメ男に翻弄される薄幸の女”のイメージは、このドラマの企画を担当する秋元康さんが現実の彼女を思い浮かべながら考えたと聞いています。スタッフの間では『これが成功すれば、いよいよ秋にはゴールデン帯での主演もあり得る』と囁かれていました」(芸能プロ関係者)

    そんな夢も数週間足らずで宇宙の藻くずとして消えた。「カムカム──」と「ユーチューバーに──」の芝居の落差が大き過ぎると指摘する視聴者の声が多いということは、演出側からすると使い勝手が非常に難しい女優なのかもしれない。

    ■強引な復帰で妻の足を引っ張った渡部建
    芸能関係者が首をかしげるのは、佐々木が絶体絶命のピンチに立たされている状況下にもかかわらず、謹慎中だった夫の..

    【日時】2022年03月13日 09:06
    【ソース】日刊ゲンダイ

    【佐々木希、夫・渡部建と夫婦共倒れの危機…足を引っ張る渡部】の続きを読む


    篠原涼子 イメージアップ戦略に奔走…地元や元家族を利用か?

    悪いイメージの払拭って難しそうですね。やり過ぎると返って反感を買いそうですしね。


    篠原涼子、「黒歴史」の地元に元家族まで巻き込んでまでイメージアップ戦略に奔走!?の画像
    篠原涼子

     篠原涼子が、11日に放送されたフジテレビ系のバラエティ番組『爆買い☆スター恩返し』3時間スペシャルに出演。芸能生活32年目で初めて、故郷の群馬県桐生市での単独ロケを行った様子が放送された。

     「地元に恩返しを!」を合言葉に、芸能人が地元でご当地グルメや特産品を爆買いすることで恩返ししていく同番組で篠原は、4歳の時以来訪れたという遊園地を休園日に貸し切り、地元の人々に無料で開放。「何回乗ってもタダですからね」「今日は貸切なのでどんどん遊んでください」と来園者にアピールし、子どもたちがアトラクションを楽しむ様子に「うれしい、すごく幸せな気持ち」と感慨深げな表情を浮かべた。また、ロケの最後に訪れた高級鉄板焼きの店では、同行していたスタッフ全員に最高級コースを大盤振る舞いするなど、人気女優らしい太っ腹なところを見せた。

    「地元のロケでは、母校の中学校や訪れた商店街のポスターが貼られことごとく歓待された篠原。しかし、当時交際していた地元の元カレがあまりにもやんちゃ過ぎるなど、地元は篠原にとってずっと“黒歴史”とされてきた。ところが突如、地元ロケを行い、地元民に愛されているところを全国ネットでアピールし始めた。離婚直後に不倫疑惑が報じられたことでイメージが悪くなってますから、今後も地元愛をアピールしていくのでは」(テレビ局関係者)

     篠原といえば、昨年7月に市村正親と離婚。2人の子どもの親権は市村が持つことになったが、今月9日に放送されたフジテレビ系の『TOKIOカケル』に出演した際には、元家族と今でも良好な関係であることをアピール。市村のことを「旦那」「主人」と呼んでいたほか、番組では篠原の休日のルーティンが紹介されたが、そこには「息子のピアノレッスン同行」「息子と昼食」「息子と買い物」など、子どもとのスケジュールがギッシリ。市村と子どもたちが住む家もしばしば訪れ、オフの日には夕食を作り、市村と子どもたちのメニューが別々であることも明かした。

     ネット上では市村のことを「旦那」「主人」などと連呼した篠原に対して、「離婚してるんだよね? 市村さんのことまだ主人って話してるけど」などとの声が浴びせられたが、どうやら、イメージアップ戦略を展開中のようだ。

    「離婚後すぐに、K-POPグループ『SUPERNOVA』のメンバー・グァンスとの不倫疑惑に加え、数年前から複数の男性の影があったなどと報じられた。グァンスとの関係は完全否定したことで“消火”されたが、グァンスとおそろいとされたアンクレットについて、篠原は市村にもらったと回答したのに対し、市村は『知らないよ、そんなもの。自分で買ったんでしょ』と食い違う答えをしていたこともあり、世間からの疑いの目は払拭されていない。一部ではCM契約がすべて終了するのでは……とも囁かれており、とにかく今はイメージアップを図りたいのだろう。地元トークも家族トークも積極的であればあるほど、現状への焦りが見える。とはいえ、地元や家族を“利用している”と映れば、ただ世間から反感を買うだけだと思うが……」(芸能記者)

     14日からNetflixで配信された主演ドラマ『金魚妻』では不倫に溺れる人妻役を演じ、その話題性からか17日にはNetflixにおける「今日の総合TOP10(日本)」で1位に浮上。女優としての活躍とともに、私生活で付いてしまったイメージを払拭していければいいが、はたして……。

    【日時】2022年02月18日 12:00
    【提供】日刊サイゾー

    【篠原涼子 イメージアップ戦略に奔走…地元や元家族を利用か?】の続きを読む


    「イメージが悪すぎる」唐田えりか、復帰後の近影公開も批判殺到

    不倫のイメージは厳しいかもしれないですね。


    唐田えりか、復帰後の近影公開も批判殺到「イメージが悪すぎる」
    女優の唐田えりか(24)が所属する芸能事務所「フラーム」の公式インスタグラムが9日に更新。

    唐田の写真を複数枚アップしたのだが、冷ややかな声が殺到している。

    唐田といえば、昨年1月、俳優の東出昌大(33)との不倫が報じられ活動を自粛。

    しかし、短編映画「somethingintheair」で主演を務め、活動自粛を経て1年半ぶりに女優復帰を果たし、すでに注目を集めている。

    昨年の24歳の誕生日には「今日の主役」という一言と共に、笑みを浮かべる柔らかな表情の唐田の写真も公開したのだが、ネット上では「何事もなかったかのように出てくるんだね…」などの反応が集まっていいた。

    今回の投稿には「#唐田えりか#マネさんカメラ#film#フラーム」とハッシュタグを添え、唐田の横顔や正面の写真やボア帽子を被っている写真などを公開した。

    しかしネット上からは「あまりにもイメージが悪すぎるからね…」「可愛いけど不倫したからねぇ」「この人をみると嫌な記憶が蘇るから嫌だ」「今更イメージアップは無理でしょ」などの冷ややかな声が殺到している。

    今後、女優として活動していく中で「不倫イメージ」を払拭できる日は来るのだろうか。
    【日時】2022年02月14日 06:15
    【提供】デイリーニュースオンライン

    【「イメージが悪すぎる」唐田えりか、復帰後の近影公開も批判殺到】の続きを読む


    お互い若いしこれからいろいろ挑戦できるといいですね。

    1 

    2/10(木) 18:31
    週刊女性PRIME

    浜辺美波が破局していた! 恋人・Ryugaの重圧となった「ショックな出来事」

     2023年度前期の放送が決定しているNHKの連続テレビ小説『らんまん』。神木隆之介演じる主人公の妻役に、浜辺美波が内定していると『文春オンライン』が伝えた。現在放送中のドラマ『ドクターホワイト』(フジテレビ系)でも好演、数々のCMにも起用されるなど、かねてから人気だった彼女が、次はいよいよ“朝ドラ”ときた。

     そんな浜辺といえば、2021年に出た熱愛報道が記憶に新しい。「彼氏は一回もいたことがない」と公言していただけに当時、世間は驚きに包まれたが、さらにファンを驚かせたのはそのお相手が新進気鋭の男女ポップデュオ『まるりとりゅうが』のRyugaだったということだ。

    「2018年に慶應大の生徒だったRyugaさんは福岡出身のシンガーMaRuRiさんとコンビを結成。“SNS発、新世代のアーティスト”として若者を中心に話題になってはいましたが、浜辺さんほどの知名度はなかったこともあり、“格差カップル”ぶりに世間は騒然。犬好きという共通点から、彼女が飼いはじめたポメラニアンをふたりで溺愛していたんだそうです。スクープされたときは、Ryugaさんがリュックサックにその犬を入れて浜辺さんのマンションを訪れるところが激写されています」(スポーツ紙記者)
    MaRuRiは「もっと上にいけた」

     ふたりは現在もラブラブ──かと思えば、ひっそりと破局を迎えていたという。

    「もとから多忙だった浜辺さんですが、仕事のスケジュールがさらにタイトになり、まもなく生活がすれ違うようになったんだそうです。また、YouTuber界隈との交友が多かった浜辺さんでしたが、次第に芸能界、つまり女優・俳優との交流も多くなった。コロナウイルスの新規感染者が今ほど増える前の昨年末あたりは、芸能界の面々と飲むことが増えたそうですね。

     デビューして間もなくは所属事務所の社員の自宅に住んでいたなんて話もあるほど“寵愛”を受けてきた彼女ですが、20歳あたりからプライベートもだいぶ自由になったと聞きます」(芸能プロ関係者)

     一方のRyugaは1月29日に、『まるりとりゅうが』としての活動を3月31日をもって無期限で休止し、それぞれソロで活動することをインスタライブで発表している。同配信では、デビュー後からRyugaが『機能性発声障害』に悩まされてきたことを明かしている。

    「2019年、初となるワンマンツアーという大舞台で突然声が急に出なくなってしまったんです。それがツアーの初日だったたこともあり、彼も相当動揺してしまったと聞きます。それがトラウマになってしまい、人前で歌うことが怖くなってしまった。その後はというもの、男女デュオのハーモニーが持ち味だったはずが、相方のMaRuRiをメインとした楽曲が多くなりました」(レコード会社関係者)

     1月30日に『まるりとりゅうが』はふたりそろって個人でYouTubeに動画を投稿、今はそれぞれの道を歩みだした──。パートナーだったMaRuRi、そして元恋人だった浜辺に対して共通した心情を抱いていたと察するのは前出のレコード会社関係者。

    「とにかくRyugaは繊細で優しい人なんです。歌声をうまく出せなかったことについて、MaRuRiに申し訳ない気持ちでいっぱいだったと思われます。“自分がいなければ(彼女は)もっと上にいけた”と言っていましたし、想像を絶する葛藤があったはず。

     浜辺さんとの関係を撮られたときも、記者に話しかけられ動揺をみせてしまったことについて、ショックを受けて落ち込んでいました。いきなり直撃取材を受けて対応できる人なんていないはずですけどね……。売れっ子女優と付き合うという重荷を次第に感じるようになったといいます」

     Ryugaは今後、楽曲制作などで引き続き音楽活動を続けるという。「すでにオファーの話もあるそうですよ」(音楽業界関係者)とのこと。

     新たなステージでまた幸せを掴んでほしい。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/87a8af8355f1b86c5168a0db56a7fa6cf1f21fa0


    【浜辺美波がRyugaと破局していた…生活のすれ違いと重圧】の続きを読む

    このページのトップヘ