にゃんだふるdayにゅ~す

にゃんだふるdayにゅ~すは日々の気になるニュースや話題を
まとめたサイトです。
気になる記事を探して楽しんでくださいね。

    カテゴリ:芸能 > 女優


    おめでたいですね。体を大事にして元気な赤ちゃんを産んでください。

    1 

     女優・蒼井優(36)が夫で、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太(44)との間に第1子を妊娠したことが分かった。吉本興業が発表した。すでに安定期に入っており、夏頃出産予定。2人は2019年6月3日に結婚していた。

    【以下、2人の連名コメント】

    この度第一子を授かりましたことをご報告させていただきます。

    たくさんの関係者の方のご理解とご協力のもと、無事安定期を迎えることができましたこと、心より感謝申し上げます。

    出産は夏頃を予定しております。

    今後とも温かく見守っていただけましたら幸いです。

    2022年2月10日

    山里 亮太

    蒼井 優

    https://news.yahoo.co.jp/articles/ce3774b2ffeaad9aa6e28743e601bfca9704857c


    【蒼井優 第1子妊娠、夫の山里亮太はパパに…出産は夏ごろ】の続きを読む


    佐々木希 渡部見捨てなかった1年7カ月の献身生活

    夫の身勝手な行動にも関わらず、よく耐えてきたなと感心しますね。


    佐々木希「夫を見守る」宣言!“ゲス不倫”でも渡部見捨てなかった1年7カ月の献身生活
    《これからはゼロから頑張る主人の姿を見守ることに決め、今まで以上に感謝の気持ちを持ち、家族と共に前に進んでいこうと思っています》

    2月5日、Instagramでこう綴ったのは佐々木希(33)。同日に夫の渡部建(49)が所属事務所の公式サイトを通じて、正式に芸能活動を再開させると発表したのだ。

    復帰するにあたり、《活動自粛中にこんな自分を支えてくださった方々、手を差し伸べてくださった方々に心から感謝申し上げます》とコメントした渡部。‘20年6月に「週刊文春」で複数の女性との“ゲス不倫”が報じられて以降、側で支えてきたのは他ならぬ妻の佐々木だ。

    「渡部さんが活動休止していた約1年半、メディアでは何度も離婚が取り沙汰されました。渡部さんが多目的トイレを不倫に利用したことは、やはり今でも印象が悪い。ですが、佐々木さんが離婚を選択することはありませんでした。むしろ出席したイベントで『家族キャンプを楽しんだ』と明かすなど、家族との仲良しぶりをアピールするほどでした」(芸能関係者)

    今年に入ってからは、連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』(NHK)への出演や『ユーチューバーに娘はやらん!』(テレビ東京系)で主演に抜擢されるなど、女優としての活躍も目覚ましい佐々木。

    ■大黒柱になるため夫を“調教”したことも
    現在は一家の“大黒柱”として多忙な日々を送っているが、当初、幼い息子を抱えながら仕事を続けることには限界があった。本誌は‘20年8月、夫婦揃って息子を迎えに保育園を訪れる姿をキャッチ。その後、一家は100円ショップへ寄り道をするなど、家族団らんのひと時を楽..

    【日時】2022年02月06日 11:09
    【ソース】女性自身

    【佐々木希 渡部見捨てなかった1年7カ月の献身生活】の続きを読む


    米倉涼子 難病と闘っていた…それでも「挑戦できることはしたい」

    しんどいでしょうけど、心の強い方ですよね。無理せず頑張ってほしいです。


    米倉涼子 難病との闘いを告白「段々真っすぐ歩けなくなる」
    女優の米倉涼子(46)が31日、NHK総合「ニュース シブ5時」(月〜金曜後4・50)に出演。持病の低髄液圧症候群との闘いについて語った。
     米倉は19年に低髄液圧症候群を発症。「(病気と)付き合っていかなきゃいけない状態になりました」と口にする。この病気は、脳と脊髄の周りを満たす髄液が漏れることによって、頭痛、めまい、首の痛み、耳鳴り、視力低下、全身倦怠感などの症状が現れる。また、治療法や診断方法も確立されておらず、完治が難しいと言われている。
     米倉は症状について「段々真っすぐ歩けなくなるんです。走ったり回転したりすると、どこが正面か分からなくなってきたりとか、倦怠感とか、やる気がみなぎらない。頑張らなきゃいけないのに何かおかしいとか、すぐにしゃがむとか…」と説明。「止まっているエスカレーターを上ったことありますか? あれが毎日なんです」と打ち明けた。
     さらに「(病気の影響で)いつセリフを間違えるかも分からないし、いつ転ぶかも分からない」「ちょっと不安です」と正直な思いを口にする。その上で「挑戦できることはしたい」とキッパリ。その理由について「他のダンサーたちもケガが多かったり、ボルトを入れながらやってたり、それでも楽しんでやってらっしゃる方がたくさんいるから、それ(病気)だけで諦めるということは一生ないと思います」と力強く語った。

    【日時】2022年01月31日
    【ソース】スポーツニッポン

    【米倉涼子 難病と闘っていた…それでも「挑戦できることはしたい」】の続きを読む


    栗山千明、顔変わりすぎて違和感すごい…エラがなくなり別人みたい?

    美人に違いないのは確かなんですけどね。雰囲気とかが変わっても違和感覚える人もいるでしょうし。


    栗山千明、エラのない現在の姿にファン絶句「顔変わりすぎて違和感すごい」「昔の顔が好きだった」
    26日に放送された「今夜くらべてみました」(日本テレビ系列)。

    女優の栗山千明さんが出演しました。

    栗山さんは、アニメオタクとして知られており、今回はアニオタ全開の私服で登場。

    アニオタファンを歓喜させましたが、その容貌の変わりように落胆した視聴者からの書き込みが寄せられました。

    栗山千明、エラのない姿にファン落胆「顔変わりすぎて違和感すごい」
    26日に放送された「今夜くらべてみました」(日本テレビ系列)。

    女優の栗山千明さんが出演しました。

    アニメオタクとして知られている栗山さんは、自身が好きなアニメキャラクターがプリントされたオタク丸出しの私服で登場。

    栗山さんと10代の頃からの付き合いだと言う俳優の山田孝之さんと松本まりかさんもVTR出演し、栗山さんについて「オタクとしてプロの域に入ってる」、「出会ったころから若干話が合わないと感じていた」と正真正銘のオタクぶりを暴露。

    好きなアニメや酒豪ぶりを番組で明かす中、視聴者は栗山さんの容姿の変化を無視せずにはいられなかったようです。

    栗山さんが挙げる好きなアニメについては共感の書きこみがあったものの、

    《やっぱり栗山千明 顔変わったよね? やわらかくなった感じする》

    《顔変わりすぎ。昔のエラはったツリ目の顔のが好きだった》

    《栗山千明さん、なんかお顔がスッキリ》

    《栗山千明が顔変わりすぎて違和感すごいんだけど》

    など、以前の特徴的だったエラや強い意志を感じさせる目元ではないことから、整形疑惑の書き込みが寄せられました。

    栗山千明、整形前も整形後も変わらぬ美人ぶり
    栗山さんの..

    【日時】2022年01月28日 12:30
    【ソース】Quick Timez

    【栗山千明、顔変わりすぎて違和感すごい…エラがなくなり別人みたい?】の続きを読む


    別れた相手と再会するのは人によっては勇気のいることでもあるでしょうけど、いい関係性で会えたようで素敵ですね。

    1 

    20年ぶりの再会となった南果歩と辻仁成

    「人生、努力だけではどうにもならないことは、身をもって知っている」──女優・南果歩(58才)は力強くこう話す。2度の結婚に2度の離婚、さらには病気や人生の大波を乗り越えた彼女は、12年ぶりのエッセイ『乙女オバさん』でその半生を綴り、いま、やっと穏やかな日々を取り戻そうとしている。

    【写真3枚】南果歩、タイトなパンツや首回りシースルーの衣装で熱唱(バンド活動にて)。他、フランスのオープンテラスでジャケット姿の辻仁成も

    「こんばんは、お元気でしたか?」

     かつては愛し合い、生活を共にした男女。さまざまな事情から、別の人生を歩むことを選択した2人であっても、長い年月を経て異国の地で再会すると、口をついて出るのは、こんな他人行儀な言葉なのかもしれない。

     2020年1月のある日、南の姿は、フランス・パリの瀟洒なアパートにあった。そこで彼女を出迎えたのは、作家・ミュージシャンの元夫、辻仁成(62才)だ。2人が5年間の結婚生活に終止符を打ったのは、2000年のこと。その後は、一度も顔を合わせたことがなかった。

     辻の自宅に招かれた南が元夫と対面したとき、柔らかな笑みをたたえながら口にしたのが、冒頭のあいさつ。そこに、怒りや悲しみは微塵もなかった。

     実に20年ぶりとなった南と辻の再会。食事会のテーブルに並んだのは、辻の手料理だった。前菜に始まり、メイン、締めの蕎麦まであるコース料理。結婚生活を送っていたときは、キッチンに立つことなどなかった辻がテキパキと料理をする様子を目にして、南は驚いたという。再会のきっかけになったのは、1995年に辻との間に授かった一人息子のこんな一言だった。

    「ハーフブラザーに会いたいんだ」

     辻には、南の後に結婚した、女優・中山美穂(51才)との間にも息子がいる。南の息子が会いたがったのは、彼の9才年下のハーフブラザー、つまり異母弟だ。

     2017年、南の息子は初めて弟と対面を果たした。そのときは、父と兄弟の3人だったが、2020年に南と息子夫婦が一緒に行ったローマ旅行の帰り道、パリ在住の辻に会いに行くことになったのだ。南が語る。

    「息子は両親が並んでいる記憶なんてほとんどないはず。その光景を目にすることが楽しみなのか、うれしそうな表情を浮かべながら、道中で『母さん、緊張してない?』と何度も聞いてきたんです。私は『残念ながら、全然緊張してないよ』と笑って返しました。『自分をよく見せよう』と思わずにいると、人は不思議と緊張しないでいられるんだな、とこのとき思いました」

     食事会は和やかなものだった。南が陽気に歌い出すと、それに合わせて、弟が楽器を演奏し始めた。

    「日にち薬という言葉がありますが、月日を経ると人間関係も変わっていくんですよね。またこんなふうに普通に顔を合わせられる日が来るなんて、人生は、つくづく面白いなって思うんですよ。あくまでも息子を通しての関係ではありますが、またどこかで会うこともあるのかもしれません」(南)

    1/26(水) 16:15配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/3a8d7406d97a01a335fab4efb94cd07e432fd7e0

    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    【南果歩、息子の一言から…元夫・辻仁成と20年ぶり再会】の続きを読む

    このページのトップヘ