にゃんだふるdayにゅ~す

にゃんだふるdayにゅ~すは日々の気になるニュースや話題を
まとめたサイトです。
気になる記事を探して楽しんでくださいね。

    カテゴリ:芸能 > 芸人


    岡村隆史がパパになっていた…「生まれてかなり経っている」

    素敵なお知らせですね。おめでとうございます。

    ナインティナイン岡村隆史、子ども誕生をサプライズ報告「パパです」 さんま「名前つけたる」
     創業110周年を迎えた吉本興業が、「令和」の新時代に伝統の「笑い」と最新の「笑い」を同時に届ける特別公演『伝説の一日』(4月2日、3日)が、大阪・なんばグランド花月(NGK)で開催。四回目公演「さんまの駐在さん」に出演したナインティナインの岡村隆史(51)が「こんな晴れの舞台で、私事ですが」と切り出すと「子どもができました。パパです」と報告した。

    【日時】2022年04月02日 18:45
    【ソース】ORICON STYLE

    【岡村隆史がパパになっていた…「生まれてかなり経っている」】の続きを読む


    「元々悪い人だからね」市川海老蔵をおぎやはぎ小木が一刀両断

    性格というのはそう簡単には治らないものなんでしょうかね。

    おぎやはぎ小木 市川海老蔵SNSナンパ報道に淡々「元々悪い人だからね」
    お笑いコンビ「おぎやはぎ」(小木博明、矢作兼)が24日深夜放送のTBSラジオ「おぎやはぎのメガネびいき」に出演。SNSナンパ報道が出た歌舞伎役者の市川海老蔵について語った。

    NEWSポストセブンと24日発売の「女性セブン」によると、海老蔵は今月中旬、都心の高級店でティックトックなどで活躍する人気インフルエンサーとデート。そのほか、SNS上でナンパした複数の女性と〝多重交際〟を行っていたという。

     この報道に矢作は「海老蔵さんも難しいよな、元々は暴れん坊でさ、いろいろ問題起こしてたけど、最近はいいパパで」「1回、六本木で飲んで暴れて、目赤くしてきて、謝ったりしてさ。ああいうときから、心入れ替えて…とみんな思ってるから。ああいう悲しい奥さんとの別れもあって、性格も落ち着いたんじゃないか、とみんな思ってますから。その中でこういうのがあると、みんなは『変わってないんかい!』と思われちゃう」と戸惑い気味。

     かたや小木は「元々悪い人だからね」と一刀両断し、「だからこれは驚きはしないよね。もうそのまんま。『バレちゃったか』っていう感じ。まあそれが海老蔵さんだから、俺はいいと思うんですけどね」と独特な表現でフォローした。

     一方で小木はナンパの手段については驚いた様子で「海老蔵さんクラスでもDMでナンパするんだねえ。そこ不安になんないのかな?ってすごい思うんだよな。相手が分かんないわけでしょ」「相手がどんな人間かわかんないんだよ。まだ、ガーシーのほうが真実だ。誰かの知り合い、先輩の知り合いとかだったら、その人が連れてくる女..

    【日時】2022年03月25日 17:37
    【ソース】東スポWeb

    【「元々悪い人だからね」市川海老蔵をおぎやはぎ小木が一刀両断】の続きを読む


    大変ですね。入院の楽しみは食事くらいですよね。お大事にしてください。

    1 

    3/17(木) 20:51
    スポニチアネックス

    千原ジュニア 難病「特発性大腿骨頭壊死症」で手術入院 「人工股関節」を入れると報告

     お笑いコンビ「千原兄弟」の千原ジュニア(47)が、17日に更新された自身のYouTubeチャンネルで、難病による入院を告白した。

     動画の冒頭。「三月十四日 入院することになりました」と字幕で報告した千原ジュニアは「本日14日から、概ね1週間ほど入院することになりました。明日15日に手術をすることになりました」と説明し「特発性大腿骨頭壊死症」であることを明かした。芸能人では、過去にタレントの堀ちえみ(55)や俳優・坂口憲二(46)などが発症している。

     発症したのが一昨年の10月前後だと振り返った千原ジュニアは「ちょっと右の股関節が痛いな」と感じたためMRI検査を受けた結果「大腿骨が壊死している」と診断を受けた。投薬治療などで一時、病気の進行は止まっていたが、その後痛みが再発するなど症状が悪化してきたため、「人工股関節」を入れる手術を受ける決断を下したという。

     「結構な痛みで、毎日寝ていても4、5回は起きるという生活が1年ぐらい続いた」と説明したジュニアは、動画を掲載するなど告白した理由について「手術を迷っている方の参考にでもなれば」と胸中を明かした。

     20歳のときに肝臓の病気で1、2カ月の入院。さらに26歳でバイク事故を起こし、5カ月ほどの入院するなど、過去に長期の入院を経験したジュニアは「人生でいうと7、8年ぶり7回目の入院」と報告。診察の際には「取って頂いた骨を頂けないですか」と医師に相談し「自分の骨を手に取ることは、まあ、ないですから」と努めて冷静な口調で裏話を告白した。実際には「骨は腐るから、ダメなんだそうです」とその後、医師から返答されたことも明かしたが、難病による沈んだ表情は最後まで見せなかった。

     また「病院食も楽しみ」というジュニアは、その後動画内で手術前日の食事風景も掲載。ご飯のお供で楽しそうに食事する姿も披露していた。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/74042afb7e0374432b8691e8c3c78d422225dada


    【千原ジュニアが入院 難病「特発性大腿骨頭壊死症」で人工股関節を入れる手術】の続きを読む


    渡部建にスキャンダル爆弾が再び投下か?また謹慎になる恐れ

    テレビじゃない方向で初心に帰って活動された方が良さそうですね。


    アンジャ・渡部建が再び謹慎…!? スキャンダル爆弾がまた投下か
    『アンジャッシュ』渡部建の芸能活動復帰から1カ月あまり。しかし〝円満な復帰〟とはならず、その波紋は未だに広がっている。

    渡部が復帰したのは、長年コンビで出演していた冠番組『白黒アンジャッシュ』(千葉テレビ)。だが、この判断には今なお批判が多く、TOKYO MXは渡部復帰の直前回を最後に放送を打ち切った。

    同じく三重テレビも、3月5日をもって打ち切っている。渡部復帰回は12日放送予定だったため、同局放送地域も、MX同様に渡部の姿を見ることが幻に終わった。局側はこの措置に、「社内で検討し、総合的な判断で打ち切りとなりました」と多くの批判があったことをにじませている。

    「渡部の復帰に関して、擁護派から聞こえるのは『不倫くらい他の人もやってたから許してやれ』との意見。しかし、反対派は不倫の事実ではなく〝多目的トイレの目的外占拠〟という障害者福祉の使用や、買春行為に不快感を覚えているのです。論点が噛み合わない以上、議論は永久に平行線。ここに、他の芸能人と違って〝渡部復帰〟の話題が荒れ続ける理由があります」(芸能ジャーナリスト)

    元芸能ブローカーが“次の爆弾”を投下か?

    ようやく復帰するも、相変わらず強い批判を浴びる渡部。だが、これにより判官贔屓も働いているようで、ネット上には

    《何でこの人の不倫は頑なに許されないのだろうか》

    《不倫がダメなら千鳥の番組も全部打ち切れよ》

    《じゃあなんで川谷絵音は許されてんの?》

    《TVなんてゲスなんだからな 渡部批判出来る局なんてない》

    《宮川大輔は許されてるのにね》

    など、逆張りによる同情もにわかに上..

    【日時】2022年03月10日 19:00
    【ソース】まいじつ

    【渡部建にスキャンダル爆弾が再び投下か?また謹慎になる恐れ】の続きを読む


    状況も違えば対応も違うし、いろいろと差が出てしまったんでしょうね。

    1 

    3/4(金) 5:15配信
    東スポWeb

    すぐに取材に対応した(東スポWeb)

     3日発売の「週刊文春」にヨガインストラクター女性との不倫を報じられたお笑いコンビ「テンダラー」の浜本広晃(48)が同日、京都・よしもと祗園花月の舞台に出演した。

     浜本は楽屋入りの際、報道陣の前で改めて騒動を謝罪。女性との決別を宣言し、妻から「しっかり反省をしてこれもネタにする覚悟で漫才を頑張りなさい」とお灸を据えられたことも明かした。離婚もしないという。

     相方の白川悟実からも「漫才で頑張っていこう」と声をかけられたそうで、舞台では早速、白川に騒動をいじり倒され、笑いに昇華していた。

     お笑い芸人の不倫騒動といえば、1年半以上の謹慎から先月活動を再開した「アンジャッシュ」渡部建の〝多目的トイレ不倫〟が記憶に新しい。

     どちらも「妻が許している」状態だが、渡部が炎上し続ける一方で、浜本には「行い自体は良くないですが、家族とは話し合って解決して、笑いで返してるならいいと思います」などと擁護するコメントも多く、早くも鎮火ムード。所属する吉本興業関係者は、金曜レギュラーを務めるMBSの情報番組「よんチャンTV」などの出演について「変わりないです」と話しており、仕事面もノーダメージだ。

     関西のお笑い関係者は「すぐに報道陣に対応したのもよかったのではないか。渡部の場合、すぐに活動を自粛した後、報じた週刊文春の取材のみに答えた。謝罪会見も復帰番組が表ざたになってからあわてて開くなど、対応が後手後手でしたからね」と話す。

     またテンダラーは、「上方漫才大賞」で大賞を受賞するなど実力は折り紙付きだが、活動はほとんどが関西のみ。騒動発覚時に全国区のレギュラー番組を数多く抱えていた渡部に比べると目に触れる機会は少ない。さらに…。

    「奥さんが一般人というのもあるんじゃないか。許している市井の人を巻き込んでまで批判することでもないと。それに、もともとテンダラーの好感度は悪くないし、大阪は笑い話になればOKみたいな雰囲気もありますしね。桂小枝さんも〝プリン不倫〟でネタになってましたし」(同)

     明暗は大きく分かれたようだ。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/5e9eea650c05b519d223a33a31ddd90a2f7c0521


    【テンダラー浜本広晃の不倫は許され、明暗分かれるアンジャ渡部との違い】の続きを読む

    このページのトップヘ