にゃんだふるdayにゅ~す

にゃんだふるdayにゅ~すは日々の気になるニュースや話題を
まとめたサイトです。
気になる記事を探して楽しんでくださいね。

    カテゴリ: スポーツ


    サッカーW杯 日本、後半1点を奪われコスタリカに敗れる

    後半日本が調子良くなってきたかと思ってたのに、ちょっとしたミスもあって負けてしまいましたね。残念です。

    日本、コスタリカに0-1で敗れる サッカーW杯
    サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会第8日は27日、ドーハ近郊のアルラヤンのアハマド・ビン・アリ競技場で1次リーグE組第2戦が行われ、世界ランキング24位の日本が0-1で同31位のコスタリカに敗れた。日本は勝ち点3のまま。コスタリカは勝ち点3。

    前半は両チームとも好機をつくれず、後半は日本が押し込んでいたものの、81分(時間は非公式)に先制点を許した。

    過去最高を上回る8強以上を目指す日本は、12月1日午後10時(日本時間2日午前4時)からの1次リーグ最終戦で、2010年大会覇者のスペインと対戦する。

    【日時】2022年11月27日 20:54
    【ソース】日本経済新聞
    【サッカーW杯 日本、後半1点を奪われコスタリカに敗れる】の続きを読む


    森保ジャパン、強豪ドイツから大金星…逆転勝利

    後半凄かったですね。お見事でした。初戦金星おめでとうございます。

    【W杯】森保ジャパン、サウジに続いた!強豪ドイツから大金星!堂安同点ゴールに浅野が逆転弾!
    <FIFAワールドカップ(W杯)カタール大会:ドイツ-日本>◇1次リーグE組◇23日◇ドーハ・ハリファ国際競技場

    7大会連続7度目の出場となる日本(FIFAランキング24位)が、優勝4度の強豪ドイツ(同11位)に2-1と逆転勝ちし、初戦を大金星で飾った。

    前半にPKで先制点を与えたが、後半30分にMF堂安律(フライブルク)が同点ゴール。続けてFW浅野拓磨(ボーフム)がドリブルで持ち込み逆転ゴールを奪った。森保一監督のさい配が見事に的中した。前日にサウジアラビアがアルゼンチンを破ったことに続くジャイアントキリングとなった。

        ◇    ◇

    1993年にW杯初出場を逃した「ドーハの悲劇」の舞台。当時のメンバーだった森保一監督が選んだ先発メンバーは、GK=権田修一(清水)DF=長友佑都(FC東京)吉田麻也(シャルケ)酒井宏樹(浦和)板倉滉(ボルシアMG)MF=遠藤航(シュツットガルト)伊東純也(スタッド・ランス)鎌田大地(Eフランクフルト)田中碧(デュッセルドルフ)久保建英(Rソシエダード)FW=前田大然(セルティック)。

    一方、18大会連続20度目出場のドイツは、これがW杯史上最多の110試合目。バイエルン・ミュンヘン勢が5人など欧州ビッグクラブのトップ選手が顔を並べた。GK=ノイアー(Bミュンヘン)DF=ラウム(ライプチヒ)ズーレ(ドルトムント)リュティガー(Rマドリード)MF=ギュンドアン(マンチェスターC)キミヒ、ムシアラ、ニャブリ、ミュラー(以上、Bミュンヘン)FW=ハーバーツ(チェルシー)。

    序盤からドイツの攻勢を受けながらカウンターのチャンスをうかがった。前半8分、鎌田が自陣で相手ボール..

    【日時】2022年11月24日 00:02
    【ソース】日刊スポーツ
    【森保ジャパン、強豪ドイツから大金星…逆転勝利】の続きを読む


    ヤクルト村上宗隆 56号HR…日本選手最多本塁打記録更新

    長年抜かれることのなかった王さんの記録をとうとう超えましたね。素晴らしい快挙ですよね。

    ヤクルト村上宗隆 今季56号HR 日本選手最多本塁打記録更新
    プロ野球・ヤクルトスワローズの村上宗隆選手(22)が3日、神宮球場で行われた今シーズン最終戦のヤクルトーDeNA戦に出場。今シーズン第56号ホームランを放ち、日本選手最多ホームラン記録を更新した。

    村上選手は9月13日に、54号・55号と2本のホームランを放ち、王貞治氏が持っていた日本選手のシーズン最多記録55本に並んでいたが、その後は13試合ホームランが出ておらず、2日の試合はスタメンを外れ欠場した。

    25日にヤクルトがリーグ優勝を決めたあとの会見では「まだ終わってないんで、もっともっとプレッシャーをかけて、押しつぶすくらい、プレッシャーかけてもらいたいと思います」と話していた。

    連日大きなプレッシャーがかかる中、最終戦で待望の一発を放ち、日本選手のシーズンホームラン記録を56に伸ばし、単独1位となった。

    プロ野球記録はバレンティン氏が持つ60本。

    村上選手はホームラン・打点・打率の3部門でリーグ首位となっており、松中信彦氏以来18年ぶりとなる、令和初の三冠王を確実にしている。

    【本塁打シーズン記録】

    1位 バレンティン(ヤクルト)60本(2013年)
    2位 村上宗隆(ヤクルト)56本(2022年)
    3位 王 貞治(巨人)55本(1964年)
    3位 ローズ(近鉄)55本(2001年)
    3位 カブレラ(西武)55本(2002年)
    6位 バース(阪神)54本(1985年)
    7位 野村克也(南海)52本(1963年)
    7位 落合博満(ロッテ)52本(1985年)

    【日時】2022年10月03日 20:18
    【ソース】FNNプライムオンライン

    【ヤクルト村上宗隆 56号HR…日本選手最多本塁打記録更新】の続きを読む


    闘病中も頑張っている様子を配信したりしていたのに、残念ですね。ご冥福をお祈りいたします

    1 
    スポニチアネックス
    アントニオ猪木さん死去 79歳

     元プロレスラーで、参議院議員を2期務めたアントニオ猪木(アントニオいのき、本名・猪木寛至=いのき・かんじ)さんが死去した。79歳だった。横浜市出身。

     1943年(昭和18年)生まれ。5歳で父親を亡くし、13歳で家族とともにブラジルへ渡り、コーヒー農場などで働く。現地の陸上競技大会の砲丸投げで優勝した際、ブラジル遠征中だった故力道山さんにスカウトされプロレスの道へ。日本プロレス入りし。60年9月30日、プロ野球からプロレスに転向した故ジャイアント馬場さんと同日デビューを果たし、62年からリングネーム「アントニオ猪木」を名乗る。

     米国への武者修行、日本プロレスからの離脱、復帰、追放を経て、71年に女優の倍賞美津子と結婚(後に離婚)。72年に新日本プロレスを立ち上げ、その後プロレス全盛時代を築いた。76年6月のボクシング、世界ヘビー級王者・モハメド・アリとの「異種格闘技戦」は注目を浴び、世界中にテレビ中継された。

     政治家としては89年に「スポーツ平和党」を立ち上げ、「国会に卍固め」、「消費税に延髄斬り」をキャッチフレーズに同年の第15回参議院選挙に比例区から出馬し初当選。史上初のレスラー出身の国会議員となった。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/24b35ddcbefd2e240aca03cbf969209e43037f4d



    【アントニオ猪木さん死去 79歳…自宅で息を引き取る】の続きを読む


    巨人・坂本「体操界の美女」と交際も…別の女性と関係を持つ

    これは完全にアウトですね。それでも女性は誘われると流れてしまうんですね。

    背後では裏切りを…巨人・坂本「体操界の美女」とのメロメロ写真
    笑顔で互いの頬をピッタリ寄せ合う幸せそうな二人。男性は巨人の坂本勇人。女性は”体操界の妖精”と呼ばれた元体操選手の田中理恵だ。この写真を『FRIDAY』が報じたのは14年3月のこと。いまこの8年前の写真を再掲したのにはワケがある。

    9月10日公開の『文春オンライン』記事が波紋を呼んでいる。同記事によると、坂本は20代の女性と継続的に肉体関係を持ち、過激なプレイや避妊具なしでの性行為をたびたび要求していたという。女性から妊娠を告げられると「おろすならおろすで早いほうがええやろ?」「おろしてくれるなら会うよ」などと迫り、精神的に追いつめられた女性は自殺未遂を起こしてしまったという。まだこの余波は収まっていない。

    坂本が肉体関係を持った女性やその関係者から告発されたのはこれが初めてではない。『FRIDAY』はこれまで何度も坂本の女性問題を報じている。

    「いきなり服を脱がされて『早くナメてよ』ってフェラさせられました。甘いマスクなのにオラオラ系で。『避妊して』って頼んでもナマで挿れてきて、『お願い外で出して』と頼むと『当たり前や!』とイラついた声で返されました」

    15年2月、『FRIDAY』にそう告白したのは巨人軍キャンプ地のある宮崎市内のキャバクラ嬢だったユミさん(仮名)。店に飲みにきた坂本から宿泊しているホテルに呼び出された彼女は、上記のように避妊具なしの性行為を強要されたと告白した。

    実は坂本がユミさんと関係を持っていた時期は、ちょうど田中と交際していた期間と重なっているのだ。

    「坂本と田中はともに関西出身ということで意気投合、13年末頃から交際を始め..

    【日時】2022年09月20日 14:00
    【ソース】FRIDAYデジタル

    【巨人・坂本「体操界の美女」と交際も…別の女性と関係を持つ】の続きを読む

    このページのトップヘ