にゃんだふるdayにゅ~す

にゃんだふるdayにゅ~すは日々の気になるニュースや話題を
まとめたサイトです。
気になる記事を探して楽しんでくださいね。

    カテゴリ: スポーツ



    1 
    キャプテンが散々な出来…

    サッカー日本代表は14日、キリンカップサッカー2022でチュニジア代表と対戦し、0-3で敗北。この試合で森保ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。



    【日本 0-3 チュニジア キリンカップサッカー2022】

    シュミット・ダニエル 5.5 1失点目は仕方なし。しかし2失点目はCBとうまく連係できなかった
    長友佑都 6.0 攻撃時の存在感は薄かった。それでも1対1では持ち味の粘り強さを発揮した
    板倉滉 5.5 決して悪くなかったが、2失点目に関与。判断に迷いが生じてしまったのは痛恨だった
    吉田麻也 4.5 後半立ち上がりに痛恨のPK献上。そして2失点目にも関与。散々な出来だった
    伊藤洋輝 5.5 良いプレーも多かったが、相手に入れ替わられ失点の原因を作ったのは残念だった
    遠藤航 6.0 ビルドアップでは狙われたこともありやや苦戦。しかし守備では流石の対応を見せた
    原口元気 6.0 攻守に渡りよく走っていた。右サイドに張る伊東純也との連係も悪くなかった
    鎌田大地 6.0 よくボールを引き出し散らした。35分のビッグチャンスは決めたかったところ
    伊東純也 6.5 クロスボールの精度はピカイチ。ほとんどのビッグチャンスに絡んでいた
    浅野拓磨 5.5 なかなか良い形でボールを受けられず。物足りなかったと言わざるを得ない
    南野拓実 5.5 何度か持ち味は出していたが、全体的には苦戦した。アピール失敗だ


    田中碧 5.5 微妙なパフォーマンス。良さよりもパスミスが目立っていた
    古橋亨梧 5.5 動きは繰り返していたが、生かされることは多くなかった
    三笘薫 6.5 ドリブルの鋭さはさすが。停滞していた左サイドを活性化した
    久保建英 6.0 途中出場ながらよくボールに触れた。相手のファウルを誘う仕掛けも
    堂安律 5.5 出場時間の問題もあるが、相手を困らせるプレーは少なかった
    山根視来 ? 出場時間短く採点不可

    森保一 5.0 完封負け。南野拓実の左サイド起用はやはりうまくいかず、遠藤航のところも完全に対策されていた

    https://news.yahoo.co.jp/articles/bbdad5694c6a50a447cce7b98419e231473a888b

    【サッカーチュニジア戦 ミスの連続で最悪な決勝戦】の続きを読む


    おめでたいニュースですね。結婚は未定とのことですが、お幸せに。

    1 

     元フジテレビで4月末で退社した久慈暁子アナウンサー(27)が26日、同局「ポップUP」(月~金曜前11・45)に生出演し、バスケットボール日本代表でNBAの渡辺雄太(27=ラプターズ)と婚約したことを発表した。

     この日「スター・ニュース速報」のコーナーにゲスト出演した久慈アナはコーナー最後に「お知らせ」として「あの~私事で大変恐縮なんですけれども、プロバスケットボール選手の渡辺雄太選手と婚約させていただきました」と電撃発表した

     出会いは2019年の「めざましテレビ」だったそうで、連絡先の交換は「初めて会った時から結構経ってから」だとし、渡辺のほうから「共通の知り合いを通じて」連絡先を聞かれたという。「あちらが夜だと日本がお昼なんです」と時差を乗り越え、連絡を取り合ったという。カナダでのデートについては「あんまりいろいろなところに行けないので、ご飯食べたりとかそういう感じですね」と明かした。

     日本でのデートも1度もないということで、今後は「普通に買い物とか行ってみたいですね」と笑った。この日の放送は「見てますかね、どうなんですかね」と照れ笑いを浮かべた。

     佐野瑞樹アナが「アナウンス室がざわついてますね」と祝福しつつ、カメラに向かって渡辺へのメッセージを促すと、久慈アナは照れくさそうに「雄太、これからもよろしくお願いします」と語りかけた。

     結婚のタイミングについては「まだ未定です」とした。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7115e1d9b16f290c66fb096544c86cd45e1d70d7


    【久慈暁子アナ バスケ日本代表でNBA渡辺雄太との婚約発表】の続きを読む


    福原愛さんの離婚原因が判明…中国で批判と擁護の声

    何とも言えないですが、もう離婚して時が経っているのでそっとしてあげてもいいのかな。

    2022年3月23日、中国のエンタメメディア・捜狐娯楽は、福原愛さんの離婚原因について元夫が「自分の心を解放してくれる存在ではなかった」とする記事を掲載した。

    記事は、日本の週刊誌の記事を引用。昨年7月に離婚が成立した台湾の卓球選手、江宏傑(ジアン・ホンジエ)との結婚生活について、福原さんが自著の中で「実際、私と江の関係は皆さんが思い描くような『甘い』ものじゃないです」「彼はお姫様扱いもしません」とし、自身の恋愛観について「本当にあなたのことを愛する人は、あなたの心を解放してくれる。それによって自分のことを見つめ直すことができ、改めて自分自身を理解できるのです」と記していたことを紹介し、「心を解放してくれる」存在が江ではなく、現在交際が伝えられている男性だった可能性があると伝えた。

    そして、交際相手の元妻が週刊誌に対し、福原さんが離婚する1カ月前に交際相手に送ったとされる「ラブレター」の内容を暴露し、そこには「いつも甘えてばかりでごめんね」「笑った顔が大好きな愛より」などと書かれていたと紹介。交際相手の自宅に福原さんから送られきた速達に書かれていた電話番号から元妻が福原さんと連絡を取ると「2人は仕事上のパートナー。笑顔が好きだと書いたのは、友達としていい関係を築いていたから」と福原さんが説明したという情報を紹介している。

    この件について、中国のネットユーザーは「江一家が財産目当てだったことはとっくに明らかになっている」と福原さんを擁護する声がある一方で、「だからといって不倫していいのか」「何を言おうが不倫は不倫」「そもそも結婚は自分で決めたことだろうに。お姫様扱いされるかなんて、知ったこっちゃない」と批判的な声も。また、「結婚と恋愛は別、ってことかな」「離婚してもう随分時間が経ってるのに、まだほじくり返してるのか」といった感想も見られた。(翻訳・編集/川尻)

    【日時】2022年03月24日 20:20
    【提供】レコードチャイナ

    【福原愛さんの離婚原因が判明…中国で批判と擁護の声】の続きを読む


    胃がんステージ4告白の藤井直伸…募金に感謝しがんと闘う

    素晴らしい選手だけにがんを患ってしまったのはとても残念です。早く良くなって元気な姿を見せて欲しいですね。


    胃がんステージ4告白の藤井直伸 募金に感謝とともに改めてがんと闘う決意
    バレーボール男子日本代表でステージ4の胃がんを告白した藤井直伸(東レ)が2日、インスタグラムを更新し1日に東レに同期入団の3人が立ち上げた「Team藤井募金」に感謝。同時にがんと闘う決意と募金への協力をつづった。
    1日に東レ同期入団の井手智、伏見大和、佐野翔が藤井の治療費をサポートしようと「Team藤井募金」を始めた。3月31日を期限目安として、目標額5000万円を募っている。
    3人が立ち上げた募金の文章をインスタに画像でアップし「昨夜から、たくさんのご支援をいただいており、心より感謝申し上げます。そして、井手、佐野、伏見、本当にありがとう」と支援者や同期に感謝した。

     続けて美弥夫人との連名で「私達は、たくさんの想いと共に自身の夢、そして皆様の夢に向かって進み続けます。どのくらいの期間になるかは分かりませんが、この闘いに勝ち、また笑って皆様に会うことが何よりの目標です。そしてバレーボールやここからの人生を通してたくさんの方に感謝、夢、希望をお届けしたいです」と、がんと闘う決意を記した。

     そして「皆様には毎日背中を押していただいているのにもかかわらず、大変おこがましいのですが、これから最善の治療をしていくにあたり、膨大な額が必要となることが予想されます。そこで皆様からもお力添えを頂けると有難いです。本当に厚かましいお願いで申し訳ございませんが、ご支援、拡散の程、よろしくお願いいたします。支援してくださる皆様も様々な心配があると思いますが、まだまだ未熟者な私達ですので、たくさんの方々に支え、教えていただきながら..

    【日時】2022年03月02日
    【ソース】デイリー

    【胃がんステージ4告白の藤井直伸…募金に感謝しがんと闘う】の続きを読む


    亀田興毅が勝利宣言…控訴審で賠償額大幅増額の1億10万円

    アスリートが試合に出れなければ意味がなくなってしまいますよね。


    亀田興毅「勝利宣言と言えるのでは」 控訴審で賠償額大幅増額
    ボクシング元3階級制覇王者の亀田興毅氏(35)が24日、日本ボクシングコミッション(JBC)不当な処分によって、自身を含む3兄弟が国内で試合をする機会を奪われたなどとし、JBCに損害賠償を求め控訴審判決が出たことを受け、都内の司法記者クラブで弟の大毅氏(33)、代理人の北村晴男弁護士とともに会見した。

    高裁はJBC側の控訴を棄却し、亀田側の控訴に基づき、賠償額を一審の総額4450万円から総額1億10万円に変更した。北村弁護士によると、処分がなければ、できたであろう試合が最低1試合から、少なくても2試合と認定されたことでの増額。同弁護士は「裁判所によって正義が実現されたと思っている。一審に続き、JBCが違法行為を行ったと認定してくれたことに感謝している」と述べ、「JCは違法行為だと裁判所から認定されても1ミリも反省したり、態度を改めたり、コンプライアンスを確立するなどをしてこなかった。それがJBCという組織」と痛烈に批判し、適正な対処を求めた。

    興毅氏は「やはり、こういう結果が出るとホッとする。勝利宣言と言えるのではないか、という感じ」と感想を語り、大毅氏も「うれしく思っています」と安どの表情を浮かべた。

    上告はしない見込みで、興毅氏は「これから同じボクサーが出ないように、JBCには公平性のある組織のなることを1ジムの会長として強く望む」と願った。

    【日時】2022年02月24日 17:07
    【ソース】スポニチアネックス

    【亀田興毅が勝利宣言…控訴審で賠償額大幅増額の1億10万円】の続きを読む

    このページのトップヘ