にゃんだふるdayにゅ~す

にゃんだふるdayにゅ~すは日々の気になるニュースや話題を
まとめたサイトです。
気になる記事を探して楽しんでくださいね。

    カテゴリ:スポーツ > テニス


    残念な結果になりましたが、このご時世致し方ないのかもしれないですね。

    1 

    ジョコビッチ豪州国外退去 連邦裁判所がビザ取り消しを支持 全豪オープン
    1/16(日) 16:00配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c64617a3615ace0010603af7b16c9beef4c38fcd
    日刊スポーツ
    ノバク・ジョコビッチ(34=セルビア)は国外退去。

    テニスで、17日に開幕する4大大会、全豪オープン(メルボルン)出場を目指した世界王者のジョコビッチ(セルビア)が、
    オーストラリア査証(ビザ)を再度、取り消された問題の審問が16日開かれ、
    連邦裁判所は、ホーク移民相が下したビザ取り消しを支持した。


    【ジョコビッチ、敗訴 ビザ取り消し…強制送還へ】の続きを読む



    (出典 i.daily.jp)


    いろいろと批判されるような意見があった中、精神的に参ってたんですね。

    1 

    https://www.sankei.com/article/20210601-B26DVJ4STRN2XLT3XTVBOWUP3I/

    女子テニスの大坂なおみ(23)=日清食品=が5月31日、自身のツイッターで四大大会第2戦の全仏オープン(パリ)のシングルス2回戦を棄権すると表明し「2018年の全米オープン以降、長い間うつ病に悩まされてきた」と告白した。30日の1回戦で勝利後の記者会見を拒否し、四大大会の主催者側からは厳罰もあり得ると警告を受けていた。

    大坂は選手の精神状態が軽視されていると訴え、開幕前に全仏で記者会見に応じない意向を表明。会見拒否で罰金1万5千ドル(約165万円)の処分を科され、違反が続けば全仏で失格、他の四大大会で出場停止となる可能性があった。「大会や他の選手、自分の健康にとっての最善は、みんながテニスに集中できるように私が棄権することだ。決して邪魔になりたくはなかった」と決断の理由を明らかにした。

    2月の全豪オープンで2度目の頂点に立った第2シードの大坂は、「少しの間、コートを離れるが、時期が来たらツアーと協力して選手、報道機関、ファンにとってより良いものにするための方法を話し合いたい」とつづった。(共同)


    【大坂なおみ、長い間うつ病に悩まされていた…】の続きを読む



    (出典 dol.ismcdn.jp)


    少し冷静になって考え直すことはできないのかな。せっかくの実力を無駄にしてしまいかねない気がするんですが。

    1

     テニスの4大大会・全仏オープン(パリ)での会見ボイコット騒動に揺れる大坂なおみ(23=日清食品)が、次々に爆弾投下だ。

     まずはツイッターで「怒りは理解の欠如。変化は人びとを不快にさせる」と投稿。さらにインスタグラムのストーリーズを更新し、2019年に亡くなった米人気ラッパーJuice Wrldの作品ジャケット写真を載せた。そこには「Good bye&Good RIDDANCE」(さよなら、せいせいする)の文字が…。

     初戦突破後の会見を拒否したことで罰金1万5000ドル(約165万円)が科せられ、4大大会出場停止の可能性が示唆されたばかり。ツイッター、インスタグラムのダブル意味深投稿はさらなる騒動を巻き起こしそうだ。

     会見ボイコットについて全仏側は「大坂に再考を求めたが、交渉は失敗に終わった」としている。4大大会の主催者は共同声明を発表。違反を繰り返すと、全仏失格や、将来の4大大会出場停止といった厳しい制裁を受ける可能性を通告している。

    https://news.livedoor.com/article/detail/20284816/
    2021年5月31日 9時51分
    東スポWeb

    【大坂なおみ、「さよなら せいせいする」…意味深投稿で更なる騒動か】の続きを読む


    大坂なおみの記者会見拒否にジョコビッチが苦言…「やらなければいけないこと」

    気持ちは分からなくもないけど、罰金が科されるような義務であるのであればやっぱりやるべきなんじゃないのかな。


    ジョコビッチが大坂なおみの“記者会見拒否“に苦言!「応じることも僕たちのスポーツの一部」
    現地時間5月27日、女子テニス世界ランク2位の大坂なおみが、今年の「全仏オープン」(5月30日~6月13日/フランス・パリ/グランドスラム/クレー)における全ての記者会見に応じない旨を自身のSNSで表明した。

    会見拒否の決断に至った経緯について、自らの意思を公式ツイッターで公開した大坂は、「人々がアスリートのメンタルヘルスについてあまり考えていないと感じていた」と記者たちへ苦言を呈した上で、「特に負けた選手をあのような場で問い詰めるのは、落ち込んでいる人を蹴落とすようなもの」と試合後の会見が選手の精神状態に悪影響を及ぼす可能性を指摘していた。

    仮に大坂が本当に試合後の会見に応じない場合、出席義務違反により罰金が科せられる可能性が高い。それでも、「この件で科せられる罰金の相当額が、メンタルヘルスの慈善団体に寄付されることを願っている」とコメントしており、全く意に介していない様子だ。

    ワールドクラスの実力派である彼女の発表は、言うまでもなく世界的な話題となった。そのなかで男子テニス世界1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)も持論を展開した。

    現在出場中の「ベオグラード・オープン」で行なわれた記者会見に出席したジョコビッチは、メディアから大坂の会見拒否について問われると、「記者会見が不快なものであることはわかる。特に試合に負けた後の会見は、必ずしも楽しいものではない」と一定の理解を示したものの、「会見に応じることも僕たちのスポーツの一部であり、ツアーでの生活の一部でもある。それは僕たちがやらなければいけないことなんだ」と私見を述..
    【日時】2021年05月28日 15:10
    【ソース】THE DIGEST

    【大坂なおみの記者会見拒否にジョコビッチが苦言…「やらなければいけないこと」】の続きを読む


    大坂なおみテニス全豪オープン 優勝 四大大会優勝は4回目

    優勝できるってホントに大変で凄いことですよね。おめでとうございます。

    NO.9270246 2021/02/20 19:16
    テニス全豪オープン 大坂なおみ優勝 四大大会優勝は4回目
    テニス全豪オープン 大坂なおみ優勝 四大大会優勝は4回目
    テニスの四大大会の1つ、全豪オープンの女子シングルス決勝で、大坂なおみ選手が世界24位でアメリカの25歳、ジェニファー・ブレイディ選手にセットカウント2対0で勝ち、2年ぶり2回目の優勝を果たしました。

    四大大会の優勝は、去年の全米オープンに続き4回目です。



    【日時】2021年02月20日 19:04
    【ソース】NHK

    【大坂なおみテニス全豪オープン 優勝 四大大会優勝は4回目】の続きを読む

    このページのトップヘ