にゃんだふるdayにゅ~す

にゃんだふるdayにゅ~すは日々の気になるニュースや話題を
まとめたサイトです。
気になる記事を探して楽しんでくださいね。

    カテゴリ: 国外ニュース


       

    結構な爆発事故だったけど、ゴーンさんてあれからどうなったんだろって思い出しちゃいました。

    1


    レバノンの首都ベイルートの倉庫で大規模な爆発があり、少なくとも73人が死亡しました。
    負傷者は3700人以上に上り、日本人1人も巻き込まれてけがをしました。

     大きな轟音(ごうおん)とともに巨大な煙が立ち上り、周囲に乾いた爆発音が響き渡ります。
    爆発は4日午後、ベイルートの港で発生しました。
    レバノンのアウン大統領は、爆発が起きた倉庫に化学物質の硝酸アンモニウム2750トンが保管されていたと明らかにしました。
    被害は広い範囲に及び、建物の壁や天井が相次いで破壊されて乗用車などが吹き飛ばされました。
    現地メディアなどは少なくとも73人が死亡し、3700人以上がけがをしたと伝えています。
    現地の日本大使館によりますと、近くにいた日本人1人が巻き込まれ、けがをしました。
    爆風で割れた窓ガラスで手足を切るなどして病院で手当てを受けました。
    レバノンと緊張状態にある隣国イスラエルのアシュケナジー外相は地元メディアに対して「火事による事故だろう」と話し、関与を否定しています。 
     



    【レバノン爆発事故で73人死亡 イスラエルは「火事による事故」と関与否定】の続きを読む





       

    いろんなところでコロナが影響しているんですかね。課金とか厳しくなりそう。

    1

    Twitterのジャック・ドーシーCEOは、サブスクリプション(定期購読)の可能性を含め、ユーザーから収益を上げるための追加方法を模索していると発言したことが報じられています。

    この発言は同社が2020年第2四半期(4~6月)決算で売上高が前年同期比19%減の6.8億ドル、最終損益は12億ドルもの赤字、新型コロナ禍のなか中核となる広告収入が急激な減少に見舞われた苦境を発表した文脈で述べられたものです。

    ドーシー氏いわく、Twitterは今年おそらく「いくつかの実験」を行う可能性が高いとのこと。「Twitterの様々な側面に対して消費者に支払いを求める」にさいして「非常に高いハードルがある」としつつも、同社が収益源を多様化しようとしていると確認。そうした模索は「非常に、非常に初期の段階にある」と述べています。

    Twitterは今月初めに「グリフォン」と呼ばれるチームが「サブスクリプションプラットフォーム」を構築しているとして、求人広告を出していることが明らかになったばかり。サブスクリプションに言及した部分は一度は削除されながらも、株価が上がったことと呼応するように元に戻されていた経緯があります。

    現在ほとんどの大手SNSは、無料のサービスを提供しつつ、数百万人のユーザーを対象としたターゲティング広告を配信することを主な収入源としています。Twitterもその1つですが、ドーシー氏は「新しい収益ラインが広告事業を補完するようにしたい」「我々はサブスクリプションが補完的で、コマースが補完的で、人々がペイウォール(一部コンテンツを有料としてアクセスを制限する方式)の管理を支援できる世界があると考えています」と発言。すなわち無料サービス+ターゲティング広告を主な収入源として維持しつつ、追加サービスごとに課金する構想を示唆しているもようです。

    今回の決算発表は、中旬に起きた大企業や著名人のTwitterアカウント大規模乗っ取り事件の余韻もさめやらぬうちで、Twitterも社内調査や事後処理に追われている最中でのことです。ドーシー氏も「我々は後手に回った」「セキュリティ対策には終わりがありません(中略)我々はシステムのセキュリティ対策を続け、外部企業や法執行機関との連携を取りながらそれ以上のことを行っていきます」と改めてお詫びと対策を述べていますが、潰れられると困るユーザーもお布施の手段を一刻も早く提供してもらえることを祈っているかもしれません。





    【Twitterがユーザーからの収益を上げることを模索中 コロナ禍が影響か】の続きを読む




    飲食店のメニュー写真と実際の料理が大いにかけ離れていてガッカリするということはよく聞くが、アメリカでピザを注文した男はトッピングが予想以上に少なかったことに我慢できなかったようだ。銃を発砲し、逮捕されてしまったことを『New York Post』『FOX16 News』などが伝えている。

    米アーカンソー州リトルロックにあるピザレストラン「パイ・ファイブ・ピザ(Pie Five Pizza)」で先月29日の午後4時頃、男が銃を発砲したと通報があり、警察が駆けつける事態となった。幸いにも死傷者は出なかったが、事件の発端はピザのトッピングにあったようだ。

    銃を発砲したのはマイケルブラウン容疑者(Michael Brown、44)で、彼はこの日、同レストランでピザを注文していた。ところが受け取ったピザのトッピングが思った以上に少なかったようで、これに腹を立てて店員のエボニ・スミスさん(Eboni Smith)に不満を訴えた。

    エボニさんは「トッピングの量は経営者が決めた規定通りだ」と説明したが、マイケルは納得しなかったという。そこで上司に電話して、マイケルと直接話をしてもらった。しかしマイケルはさらに腹を立て、持っていた電話をエボニさんに向かって投げつけた。

    この事態に他の店員が店から出て行くように告げたところ、マイケルは店員と口論になったようだ。一旦店の外に出て自分の車に戻ったマイケルだったが、今度は銃を手に取って再び店に向かおうとした。この時、同乗者の女性が必死で引き止めたようだが、マイケルは制止を振り切って店の入口へと向かった。

    危険を感じた店員は入り口に鍵をかけたところ、これに激怒したマイケルは入り口のドアに向かって銃を発砲、そして車に乗って逃走した。

    のちに現場に到着した警察官が店内の監視カメラをもとにマイケルを特定したが、同日にマイケル本人が警察に自ら出頭したことで、彼はその場で逮捕となった。

    マイケルはピザのトッピングが少ないことに固執したがゆえ、第6級テロ行為の重罪と軽暴行罪で起訴され自分の人生を棒に振ることとなってしまった。

    画像は『New York Post 2020年7月2日付「Arkansas man allegedly shoots into pizzeria after being snubbed on toppings」(Pulaski County Sheriff’s Office)』のスクリーンショット
    (TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)




       

    いくらなんでも行き過ぎな行為。銃社会ってコワイ。

    <このニュースへのネットの反応>

    【ピザのトッピングに腹を立てた男、店に発砲】の続きを読む



    (出典 upload.wikimedia.org)
    写真はイメージ

    あまりにも悲惨な事故。動物を飼うときはしつけはもちろんだけど、環境もよく考えないといけないですね。

    1 ばーど ★ :2020/07/03(金) 13:58:32.73

    9年をかけてやっと授かった生後26日の双子の赤ちゃんが、飼い犬に襲われて死亡した。普段は大人しかった犬が急変した背景には、独占していた愛情を双子に奪われた犬の嫉妬が絡んでいるのではないかという。悲劇的なニュースを『Daily Star』『The Sun』などが伝えた。

    ブラジル北東部バイーア州ピリパで6月23日、レジスさん(Regis、29)とエレイン・ノヴァイスさん(Elaine Novais、29)夫妻の間に産まれた、生後26日の双子の姉妹が飼い犬に襲われて死亡した。

    アンちゃん(Anne)とアナルーちゃん(Analu)姉妹を襲ったのは、一家と暮らし始めて5年になるラブラドール・レトリバーとアメリカン・フォックスハウンドのミックス犬で、普段は飼い主に従順で大人しい性格だったという。

    事故はエレインさんが寝室に双子と飼い犬を残し、自宅を訪れた隣人と話をしていたほんのわずかな時間に起きており、激しい泣き声を聞いたエレインさんは慌てて双子のもとに駆けつけた。

    寝室では愛犬が血まみれの我が子に覆い被さっており、エレインさんは凶暴化した犬を力づくで引きずり離した。しかし未熟児で産まれた小さな双子の腹部はズタズタに引き裂かれており、看護師の隣人により応急処置が施されると、救急車で市民病院「Maria Pedreira Barbosa」に搬送された。

    救命にあたった医師は、双子の状態について次のように語っている。

    「双子の1人は、噛まれた傷が致命傷となり即死でした。もう1人は搬送時にはまだ息がありましたが、心停止を起こし病院で死亡が確認されました。医療チームは最善を尽くしましたが、双子を救うことはできませんでした。」

    夫妻は9年間子供ができず、双子の誕生をとても喜んでいたそうで、親類は「優しい犬が急変したのは、双子の誕生により家族からの注目や愛情が自分だけに注がれなくなって嫉妬したためでしょう。こんなことになって本当に残念です」とうなだれた。一家は2頭の犬を飼っており、双子を襲ったのは1頭だけだった。

    エレインさんは事故のショックにより病院で倒れて治療を受けており、隣人の1人は「やっと授かった双子だったのに、悲劇としか言いようのない事故です。双子を可愛がっていた夫婦の気持ちを思うとやりきれません」とショックを隠し切れない。双子は約1か月早く帝王切開で産まれており、亡くなった日は奇しくも出産予定日だったという。

    2020年7月2日 21:45 Techinsight
    https://article.yahoo.co.jp/detail/23e71e96adb1cab073a7d03bdeb564355a1ca9ce 
     

     


    【9年かけてようやく授かった双子を飼い犬に襲われる…ブラジル】の続きを読む




    バスの運転手

    バスの運転手、襲われているおばあさんを助ける image credit: youtube

     見知らぬ人が暴漢に襲われているのを目撃した時、立ち向かい助けの手を差し伸べることは相当の勇気を要するだろう。

     しかし、ハンガリーのバスドライバーは走行中にその状況に遭遇し、迷わずバスを緊急停止させて、女性を助けるために駆け寄った。

     その勇気ある行為はバスのドライブレコーダーに捉えられており、後にメデイァで報じられると、運転手には多くの称賛の声が寄せられた。『Metro』などが伝えている。

    ―あわせて読みたい―

    世界一勇敢なバスの運転手
    米国の億万長者、女性の命を救ったバスの運転手に1万ドルを贈呈(アメリカ)
    これはクール!バイカーの接触事故を未然に防いだバスドライバー(イギリス)
    ある寒い日、正式にホームレスになったという男性がバスに乗ってきた。バスの運転手のやさしさが男性の運命を変えた。
    男性が連れていた犬に違和感を感じたバス運転手、犬が盗まれていたことに気づき飼い主に返す(アメリカ)


    Szuperhős az MVK-nal

    走行中、強盗に襲われているおばあさんを目撃したバスの運転手

     ハンガリーの北東部ミシュコルツ付近で、6月5日午後9時半頃、バスを運転していたMVKミシュコルツ運輸の運転手カーロイ・ジョルト・キスさんは、左手前方の歩道で若い男が高齢女性のバッグをひったくろうとしている状況を目撃した。

     女性は、バッグを奪おうとしている男に必死で抵抗しているところだった。

     キスさんは、バスを緊急停止させ運転席の横のドアから飛び降り、2人のもとへ走りよると、果敢に男を突き飛ばした。

    driver_e


     その拍子に女性のバッグから手を放した男は、キスさんに抗うことなく、そのまま後ずさりして走り去った。

    driver2_e


    女性をバスに乗せて安全を確保


     前方から走って来た車が、何事かと停止して事の成り行きを見守る中、キスさんは杖を持った高齢女性の安全を確保するため、バスへの乗車を促し、自身も運転席へと戻って再びバスを走行させた。

     その後、バス内のドライブレコーダーに録画されていた映像から、女性を襲った人物が警察により特定され、27歳の男が逮捕された。

     幸いにも女性に怪我はなく、何も盗られずに済んだようだ。

    キスさんはイラク戦争に派遣された元兵士だった

     実はキスさん、過去にイラク戦争に派遣された経験を持つ元兵士だそうだ。

     武器を持っているかもしれない強盗に臆することなく果敢に立ち向かった様は、さすがといえよう。

     キスさんの勇気ある行動は地元メディアで報じられ、動画がSNSシェアされると、多くの人から称賛の声が寄せられた。

    written by Scarlet / edited by parumo

    全文をカラパイアで読む:
    http://karapaia.com/archives/52291990.html
       
    強盗に襲われているおばあさんを車内から目撃したバス運転手、緊急停止しバスを降り、果敢に撃退(ハンガリー)



       

    勇気ある行動ですよね。なかなかできることじゃないです。

    <このニュースへのネットの反応>

    【強盗に襲われているおばあさんをバス運転手が助ける(ハンガリー)】の続きを読む

    このページのトップヘ