にゃんだふるdayにゅ~す

にゃんだふるdayにゅ~すは日々の気になるニュースや話題を
まとめたサイトです。
気になる記事を探して楽しんでくださいね。

    カテゴリ:芸能 > タレント


    お互い怪我がなかったのは不幸中の幸いでしたね。今後気を付けてください。

    1 

    12/7(火) 15:03
    オリコン

    辻希美、接触事故で謝罪「自分の行動によりいっそう気をつけて参ります」
    辻希美(C)ORICON NewS inc.
     タレントの辻希美(34)が7日、自身のブログを更新。一部で報じられた接触事故について説明するとともに謝罪した。

     ブログでは「一部報道にありました通り、先日私が運転していた車で自転車の方との接触事故を起こしてしまいました。幸いお相手の方に怪我はなく大事には至りませんでしたが、心よりお詫び申し上げます」と記した。

     「日頃から常に気を付けて運転しておりましたが、改めて気を引き締め、交通ルールや自分の行動によりいっそう気をつけて参ります」とつづり「また、お仕事関係者の皆様にもご迷惑をおかけしてしまったこと、深く反省しております。この度は誠に申し訳ございませんでした」と結んだ。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/c04f284232bc51e53af052bb65bd8420cf17e8e5


    【辻希美、自転車と接触事故で謝罪…大事には至らず】の続きを読む


    テレ東看板アナの田中瞳が都内マンションで同棲愛

    人気のアナウンサーですし、性格も良さそうなので幸せになってほしいですね。


    「テレ東のエース」田中瞳アナが都内マンションで同棲愛!
    テレビ東京の看板アナは人知れず、愛を育(はぐく)んでいた――。

    11月初旬の深夜1時過ぎ、都内マンションのエントランス前に1台の送迎車が停まった。運転手がドアを開け、クリクリと可愛らしい目をした美女が姿を現す。テレ東の田中瞳アナ(25)だ。フィールドキャスターを務める夜の経済番組『ワールドビジネスサテライト(WBS)』(月火金担当)の出演を終えた帰りだったようだ。さぞお疲れの様子かと思いきや、溌剌(はつらつ)とした笑顔で運転手に「お疲れさまでした。ありがとうございます!」と、声をかけていた。

    「田中アナは入社3年目、若手ながらテレ東の看板として活躍しています。学生時代に、『ミス成城大学2016』で準グランプリを獲得するなど華々しい経歴の持ち主。学生時代から、フリーアナ事務所『セント・フォース』に所属し、『NEWS ZERO』(日本テレビ系)に学生キャスターとして出演していました。経験も実力も十分でした。入社後、わずか4ヵ月で人気番組『モヤモヤさまぁ~ず2』の4代目アシスタントに抜擢されるなど、上層部からの期待も大きい。明るい性格で現場スタッフや共演者に分け隔てなく接するところも彼女が愛される理由です」(テレ東関係者)

    田中アナはエントランスに入ると、インターホンで部屋番号を押し、ドアを開錠してもらったあと、部屋へ入っていった。もしかして、一緒に暮らす相手がいるのでは……。

    【日時】2021年12月03日 08:32
    【ソース】FRIDAY

    【テレ東看板アナの田中瞳が都内マンションで同棲愛】の続きを読む


    穏やかそうに見える関根さんでも怒りをあらわにすることがあるんですね。というか、それ程態度の悪い人だったんですね。

    1 

    お笑い芸人、タレントの関根勤が24日に放送の『あちこちオードリー』(テレビ東京/毎週水曜23時6分)に出演。かつて『笑っていいとも!』(フジテレビ系)に登場した態度の悪い女性タレントについて怒りをあらわにした。

     この日の番組は関根と小堺一機をゲストに迎え、オードリーの2人が芸能界の大先輩にさまざまな疑問をぶつけていくという展開に。

     若林正恭は、『笑っていいとも!』で20年以上レギュラーを務めた関根に、芸能界を生き残るタレントと消えていくタレントが見分けることができるか質問。これについて関根が「タモリさんにロクでもないあいさつする女は消えるよね」と即答し、スタジオは爆笑に包まれた。関根は『笑っていいとも!』本番前のリハーサルを振り返りながら、その女性タレントについて「ものすごい機嫌悪いのよ」と説明。それを横から見ていた関根は“何だこの女は”と思っていたという。

     このエピソードを聞いていた小堺が「言ったの?」と、そのタレントを注意したか尋ねると、関根は「言わない」と返し「だって、言ったってしょうがないじゃん、直んないもん」とポツリ。続けて「すぐ消えたよ! あっという間だよ…あんな態度悪い奴」と怒りをにじませていた。

    クランクイン 11/25(木) 17:00
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c3901be3da40683b448d36ea977bae7af83ed2c2


    写真

    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?pri=l&w=640&h=481&exp=10800


    【関根勤がタモリに態度の悪いタレントに怒り爆発…「すぐ消えたよ」】の続きを読む


    すみれ イケメン実業家と結婚報告…妊娠中で来春にも出産予定

    ホントに幸せそうですね。おめでとうございます。


    すみれ 結婚&妊娠!今月12日に2歳上イケメン実業家と 来春ママに 自身インスタでも報告
    モデルで女優のすみれ(31)が、2歳上の実業家の男性と12日に結婚していたことが24日、分かった。すみれはスポニチ本紙の取材に、妊娠していることを明かし「もう安定期に入っていて、来年春くらいに出産する予定です」と、幸せいっぱいに話した。

    すみれによると、お相手とは共通の知人が多くいる関係で、数年前から何度か同席することがあった。昨年末ごろ真剣交際に発展。「お互い30歳を越えてますし、ちゃんとしたお付き合いをしたいというところからスタートしました」と話した。お相手が日柄を調べ、縁起がいいとされる「天赦日」と大安が重なる12日に2人で婚姻届を提出したという。

    新郎は1メートル80を超える長身でスリムな体形のイケメン。すみれは「顔は誰とも似ていない。顔が長めで、自分では“馬面って呼ばれてた”って自虐してますが、私はタイプだった」とノロケた。

    性格は明るく「楽しくて笑顔な人」といい「誰とでも仲良くなるし、私の外国人のお友達も凄く彼を気に入っている。知り合った頃からいいお父さんになりそうなオーラがあった」とゾッコンの様子だ。

    父は俳優の石田純一(67)、母は女優の松原千明(63)。すみれは「母が私を産んだのが32歳。私も元々、そのくらいの年齢で初めての子供を産みたいと思っていたので、ミラクルなベビーだなと実感してます」と声を弾ませた。

    【日時】2021年11月25日 04:00
    【ソース】スポニチアネックス

    【すみれ イケメン実業家と結婚報告…妊娠中で来春にも出産予定】の続きを読む


    相当真っすぐな性格なんでしょうか。魔性の女と言われている紗栄子さんとは言え、さすがに本気にはなってなかったんでしょうね。

    1 

    11/20(土) 7:15
    NEWSポストセブン

    紗栄子に「別人格にされた」報道の18才アーティストが事務所HPから消えた
    紗栄子との報道があったYOSHIが事務所を辞めていた
    “若手アーティストで俳優のYOSHI(18才)”と聞いてピンとくる人は、かなりの芸能通だろう。2019年に弱冠16才で歌手デビューして、いきなり菅田将暉と仲野太賀(ともに28才)を脇役に従えた主演映画「タロウのバカ」で俳優デビューも果たした逸材だ。

    「カロリーメイト」やパナソニックのCMにも出演していた彼が、今年5月に思わぬ形でさらに注目を浴びた。『週刊女性』とそのニュースサイトに、紗栄子(35才)との親密な関係を〈紗栄子に恋した“17歳”天才アーティストを別人格にした恐るべき「魔性」ぶり〉などと報じられたからだった。

     そのYOSHIが、ひっそりと所属事務所を辞めたことが分かった。所属事務所の公式ホームページから、この11月上旬までに名前が消えたのだ。

     ある広告代理店関係者は「春の報道にもあった通り、1年前から事務所はYOSHI君と連絡が取りにくい状態に陥り、予定していた仕事にも大きな影響があった。どうにもならずに退所となったそうです」と、経緯を明かした。

     紗栄子とYOSHIについて報じた『週刊女性』の記事は衝撃の内容だった。

     二人の出会いは2020年3月。大型台風被災地復興プロジェクトで知り合い、交際に発展したという。当時、YOSHIは17才だった。しかし、所属事務所もYOSHIの母親も、年齢がかなり上で、YOSHIとそれほど年の違わない大きな子供がいる紗栄子との関係に難色を示していた。それでも、周囲を無視してのめり込んでいったという。

     前出の広告代理店関係者が続ける。

    「結局、ほどなくして紗栄子さんとは疎遠になってしまいました。すでに家族や事務所との関係に亀裂が入っていたYOSHI君は、人間不信になったのか、仕事も全くしなくなってしまった。もともと、一般の中学生時代からインフルエンサーとして活躍し、音楽もファッションも自分で発信していたタイプなだけに、本人のやる気が失せた時点で、どうにもなりませんでした」

    当時の『週刊女性』は、実母の「あの人と出会った日から息子は顔つきも何もかも変わってしまった」との嘆きとともに、『17歳天才アーティストを別人格にした』と、紗栄子の魔性ぶりにスポットを当てたことで、話題を呼んでいた。『週刊女性』の取材に対し、紗栄子サイドは交際自体を否定しており、二人の関係はそれほど深いものではなかったのかもしれない。YOSHIを知るある芸能関係者もこう話す。

    「大人の女性に憧れる瞬間って、あのぐらいの年齢なら誰にでもありますよね。YOSHIさんは真っ直ぐで純粋な性格だから、紗栄子さんとのことは突っ走りすぎてしまったのかもしれませんね。紗栄子さんは『事務所を辞めて独立したほうが大変になる』とYOSHIさんの前で話していたこともあったぐらいなので、今回の独立に彼女は無関係ですよ」

     YOSHIの所属事務所に現在の契約について聞くと、「先般,弊社とYOSHIとのマネジメント契約が終了しましたため,ホームページへの掲載も終了いたしました。従って,弊社としてはYOSHIに関するご質問にお答えする立場にございませんため,回答は差し控えます」と答えた。

     前出のYOSHIを知る芸能関係者は、「既にYOSHIさんは8月末に自身が代表取締役となり、会社を設立。新たな活動を再開しようとしています」と明かす。

     アーティストとしての才能は誰もが認めるYOSHI。心機一転、活躍を期待したい。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/2c4d511fbf7d673be55227b1ce45b6c3bc54f68a


    【紗栄子にのめり込んでいた18歳のYOSHI…事務所HPから消えていた】の続きを読む

    このページのトップヘ