にゃんだふるdayにゅ~す

にゃんだふるdayにゅ~すは日々の気になるニュースや話題を
まとめたサイトです。
気になる記事を探して楽しんでくださいね。

    カテゴリ:国内ニュース > ウイルス


    ワクチン接種後196人死亡…10万人に1人の割合、どう受け止めるか

    感染したくないから接種するのにそれが原因で死亡に至ってしまうと考えたらちょっと怖いですよね。


    ワクチン「接種後196人死亡」のなぜ?「ゼロリスクではないが、“紛れ込み”も多い」と専門家
    徐々に進みつつあるワクチンの接種。一方で、接種後に何らかの原因で亡くなる人々がいるという情報が、気になっている人もいるのではないか。

     厚生労働省が公表したデータによれば、接種を開始した2月17日から6月4日までに、196人(女性104人、男性92人)が接種後に亡くなっていた。6月16日現在、ワクチンを1回以上接種した人の累計数は2003万1055人だから、およそ10万人に1人の割合だ。私たちはこの数字をどう受け止めるべきなのだろうか。


     死亡者のうち65歳以上の高齢者が172人と大半を占めるが、20代(3人)や30代(2人)も含まれる。死因別に見ると、くも膜下出血や脳出血、心筋梗塞などが目立つ。死亡を報告した医師の判断では、ワクチンとの因果関係について「評価不能」が139件、「関連なし」が30件、「不明」16件。「関連あり」は14件あった(うち3件は重複。接種医と搬送先・解剖医のいずれかが「評価不能」と判断し、評価が分かれた)。厚労省は報告事例について専門家に再評価を依頼しているが、「関連あり」とされた14件のうち「因果関係は不明」などの理由で“却下”されたのは9件、「評価中」が5件だ。大阪大学免疫学フロンティア研究センター招へい教授の宮坂昌之医師が次のように解説する。

    「因果関係の証明は極めて困難ですが、軒並み『不明』では不安材料になるだけです。ワクチン接種による副反応のリスクを見るには、ワクチンを接種していない人たちが、例えば脳出血やくも膜下出血によってどのくらい死亡しているかを考慮しなければなりません」

     2019年に脳出血は年間約3万3千人、くも膜下出血は同約1万2千人が死亡し..
    【日時】2021年06月23日 8:00
    【ソース】AERAdot.

    【ワクチン接種後196人死亡…10万人に1人の割合、どう受け止めるか】の続きを読む


    コロナに感染の疑いで村八分…地方とコロナの現実とは

    都会に比べて地方は少しでもかけ離れたことをすると白い目で見られがち。コロナに感染したと聞けば非難する人も少なからずいますね。


    「地方とコロナ」の現実…感染の疑いで村八分、自殺した感染者が受けた嫌がらせの中身とはの画像1
    「gettyimages」より

     コロナ禍などの災禍におびえる人々は、時として冷酷無比な人間になってしまうのか。

     新型コロナウイルスの世界的蔓延に伴って、このところ田舎への移住がブームになりつつある。長閑な山村に自分の仕事場を持ち、そこで自然との共存で心癒やされながらリモートワークを行う人も増えてきた。

     私は4年ほど前、関東南西部のとある山中に自分の庵を構えたが、確かに近隣の別荘地帯には、デザイン関係の仕事を持つ若い夫婦が静岡県から移り住むなど、県外からの移住者が増え続けている。

    感染の疑いだけで村八分に?

    「見学に訪れる人は、コロナが流行る前の1.5倍ほどに増えました」と、地元で田舎物件を扱う不動産会社の経営者も言う。

    「そのすべてが田舎物件を購入したわけではないですが、定年を迎えたご主人が『田舎で菜園をしたい』と奥さんを都心に残して移り住んだり、『子どもをのびのびと育てたい』と一家で引っ越してくる人もいます。なかには、山を丸ごと購入したお客さんもいます。

     ただ、田舎は自然が豊かでのんびりしているというメリットはあるものの、閉鎖的なところがある。人付き合いが煩わしいからと田舎暮らしを始めた人はいいですが、そこに定住するとなれば、周囲の住民とうまくやっていくための、それなりの苦労が待っています。それは、長く田舎に住む定住者とて同じことで、悪くすると村八分になることさえあるんです」

     私が山荘を構える郡の自治体は、「密」とはほど遠い長閑な環境もあって、コロナ感染者は極めて少ない。それでも感染者はいることはいて、感染だけでなく感染の疑いだけでも、村八分の扱いを受けることも珍しくないという。

    中国人夫婦への白眼視と一人歩きする噂

     市街地で接客業を営む男性から、切実な話を聞いた。

    「私はここから数キロ離れた田舎町に住んでいて、近所には中国人のご夫妻が営む飲食店がありました。もう1年と数カ月前の話ですが、そのご夫妻が中国に里帰りした。中国といえば、新型コロナの発祥の国と言われています。まずそのことで、近隣の定住者が『変なものを持ち込まないか』と、半ば敵意の目を向けるようになったんです。

     おまけに、間が悪いことに、その中国人ご夫妻は帰国後、しばらく店を閉めたままだった。ちょうどコロナ禍が深刻視される頃で、とうとう『あの夫婦はコロナに感染したに違いない。だから店を閉めているんだ』という噂が広がり、いつしかそれが『事実』として一人歩きしてしまったんです。

     おかげで、そのご夫妻が店を開けても、お客さんはほとんど来なくなった。近隣の人たちも、あからさまにご夫妻を避けて、立ち話さえしなくなりました。悩み苦しんだご夫妻は、PCR検査を受けると、陰性の証明を自治体に提出して、感染していないことを住民に知らせてほしいと訴えました。それでもしばらくは近隣住民から白眼視され、疎外されてきたんです」

     この田舎町のコロナ疑惑騒動が沈静化したのは、住民が中国人夫妻の「身の潔白」を認め、謝罪したからではない。実は、地域に正真正銘のコロナ感染者が出たことに起因する。

    「今度は、そちらのほうに敵意と警戒が集中したんです」と、前出の男性は続ける。

    「ここから出て行け!」玄関に貼り紙

    「あるご家庭ですが、ご主人は都心に単身で赴任していました。そのご主人が、体調が悪いと休みを取って帰郷してきたんです。で、しばらくして地元の病院で検査をしたところ、コロナに感染していることがわかった。この田舎にとってはほとんど第1号感染者ですから、何時何分の電車の何両目に乗って帰ってきたか、地元ではどこに買い物に行ったか、どの店に入ったかなど、それこそ事細かく行動を調べられた。そのことが、住民にアッという間に広がっちゃったんですね。

     ご主人は地元の大手スーパーに入っていましたが、以来、そのスーパーはお客さんが極端に減り、閑散としてしまいました。住民はもう1軒の別の小さなスーパーで買い物をするようになったものの、あるとき、そのスーパーの従業員が窓や床を丁寧に拭いたんです。それを見た住民が、今度は『このスーパーにも感染者が来たに違いない。それで消毒しているんだ』と騒ぎ立て、それが噂として広がった挙げ句、そのスーパーにもお客さんが寄りつかなくなった。単なる掃除だったんですがね。もちろん全員じゃないですが、田舎の人ほど、こうしたことに過敏になるのかもしれません」

     しかし、気の毒なのは、その感染した男性である。自宅の玄関には「ここから出て行け!」「これ以上、迷惑をかけるな」などの嫌がらせの紙が、毎日のように貼られたという。

     近隣住民に敵視される追い詰められた暮らしのなか、その一家はやがて住み慣れた街を離れ、別の地域に引っ越していった。

    「それからしばらく経って、そのご主人が自死したという知らせが届きました。コロナ感染でまるで犯罪者扱いされて、精神的に相当まいっていたんでしょう。気の毒としか言いようがありません」

    田舎暮らしの対処術とは

     老子の「道徳経」にもあるように、物事には陰と陽の2つの対極的な側面がある。「愛」の背後には「憎」が潜み、「善」の裏には「悪」が隠れ、「平和」も「戦争」に支えられている。

     私の場合は、どちらかといえば「人付き合いが煩わしいため」、山荘に滞在中は近隣住民との接触を極力避けるようにしてきた。いわば、都会と田舎の生活という「陰」と「陽」を行ったり来たりしていることで、うまく心のバランスが取れているのかもしれない。

     しかし、コロナ禍から逃れるため田舎に理想郷を求め、定住を考えている人は、良くも悪くも、まず田舎暮らしにおける排他的、閉鎖的な人間関係にうまく対処する術を身につける必要があるだろう。

    (文=織田淳太郎/ノンフィクション作家)

    【日時】2021年05月31日 18:10
    【提供】Business Journal

    【コロナに感染の疑いで村八分…地方とコロナの現実とは】の続きを読む



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)


    インド株は重篤化しやすいと言われているだけに、やっぱり水際対策が重要ですよね。

    1 

     海外から帰国した人に国が2週間の自宅待機を求める中、この水際対策が十分機能していないのではないかと思われるケースが広島県内で起きていました。感染拡大が続くインドから広島市内に帰国した家族のケースです。

     「インド株っていうのが、感染力も強いし、重篤化もしやすいっていうことで、すごく、不安だったので、一番によぎったのは、何の株なんだろうかというところ。それが、ほかにいかないようにしなければという危機感がありました。」(先月、駐在先のインドから帰国した男性)

     この男性は、家族と一緒に先月29日、駐在先のインドから帰国しました。PCR検査で陽性となり、広島市内で自宅療養しています。

     「インド自体が去年の3月にロックダウンを取り入れて、全くそのときは家から出られなかったので、そこから1年の間でほぼ半年くらいは家の中に引きこもっている状態。けっこう縛られた生活です。」(夫の駐在先のインドから帰国した女性)

     帰国前、インドのデリーで受けたPCR検査は、家族全員が陰性でした。羽田空港に着いた後の検査でも陰性でした。検疫所では、3時間近くに渡って連絡先を提出したり、帰国後の行動について、さまざまな注意を受けたりしたそうです。

     「これが、OELというアプリケーションで、自分の現在地を『今、ここ』というボタンを押すと報告されるという…」(インドから帰国した男性)

     現在、インドなど入国拒否対象地域となっている国から帰国した日本人は、空港の検査で陰性が確認された後も次の日から14日間は自宅待機することになっています。厚生労働省からは毎朝11時に健康状態確認のためのメールが送られてきます。

     「一番下の子どもが熱を出し始めてから、その通りに『はい』という形で報告していました。」(インドから帰国した男性)

     子どもの1人が発熱したのは帰国から2日後でした。すぐに広島市の相談窓口や病院に連絡してPCR検査を希望しましたが、受け付けられませんでした。厚労省の担当者にもPCR検査を受けたいと要望しました。

     「なんですが、そのときには、『市の保健所が担当になるので、そちらに連絡してください』ということで、『熱があるだけということで理解しました』というので、電話を切られました。」(インドから帰国した男性)

     そうこうしているうちに家族全員に発熱などの症状が現れました。

     「空港では陰性でいったん入ってきたけれども、もしかしたらインド株を持っていて、わたしたちをもとに感染が広まってしまったっていうふうになったら、迷惑をかけてしまうかもしれない。そこがまず一番にありました。」(インドから帰国した男性)

     「一番は誰かがコロナを持ち帰ったんじゃないかと不安だったので、その不安をぬぐうために何か方法はないかと調べて、ネットで注文して…」(夫の駐在先のインドから帰国した女性)

     家族が頼ったのは市販の検査キットでした。さっそく妻が検査をして、結果は陰性と出ましたが、別の子どもの具合が悪化。検査ができたのは、帰国から6日後でした。そして、家族全員の「陽性」が判明しました。

     夫婦は、インドから帰国した家族が全員、陽性となった情報が広島市と厚労省とで共有されていないのではないかと考えています。

     「報告をするというツールはどこにもありません。厚生労働省がいろいろ情報収集をやっていると思っていたんですけれども、あまり水際対策として機能してないのかなという印象がありました。(差別は)あってはいけないことだけれども、今、いろんなところで差別的なことを言われたり、されたりっていうことを恐れている方がたくさんいらっしゃる。わたしたちの帰国は歓迎されないのかなっていう不安とか悲しみはすごくありました。実際、今、コロナになってしまったっていう申し訳なさというか、世間の目は怖いなっていうのは実際あります。」(先月、インドから帰国した男性)

     「やはり、そこは水際対策でしっかり強制隔離して、何度もPCR検査を受けて、本当にだいじょうぶだというレッテルを貼ってもらわないと、わたしたちも自信をもって世の中に出られないなっていうのは感じました。」(先月、夫の駐在先のインドから帰国した女性)

    RCC

    https://news.yahoo.co.jp/articles/66ab05a0486823dd58838e4e25f4747faba27542

    【インドから広島に帰国した家族全員が陽性反応…水際対策が機能せず】の続きを読む


    インド型変異ウイルス 重症化リスクが大きく日本人の6割が死に至る

    いろいろ変異してて恐怖しかないですね。水際対策をもっと強化させるべきだと思うのですが。


    医者「インド型変異ウイルスに罹ると日本人の6割は死にます」
     新型コロナウイルスは、感染が拡大していく中で、新たな変異型が発生する。中国でその存在が報告されてから約1年半、ついに最強のウイルスが生まれてしまったのかもしれない──。
     

     終わらないコロナに気が滅入る中、目を覆わんばかりの惨状なのがインドだ。急激な感染拡大が続くインドでは、1日の新規感染者数が40万人に到達した。1日あたりの死者も連日3000人を超え、5月3日時点の累計死者は約22万人に達する。生き地獄のような状況を招いているのは、「インド型」と呼ばれる変異ウイルスだ。新潟大学名誉教授の岡田正彦さんの話。

    「まだ確証はないが、インド型は感染力が非常に強く、感染すると治りにくいため、重症化リスクも高いと考えられます。すでにアメリカの疾病対策センター(CDC)は、インド型はリスクが大きいと判断し、アメリカ政府に渡航禁止宣言を出させています」

     インド型の大きな特徴は、ウイルスのスパイクタンパク質(ヒト細胞表面にある受容体と結合する物質)に、「L452R」と「E484Q」という2つの変異が見られることだ。それゆえに、しばしばインド型は“二重変異”とも呼ばれる。

     なかでも脅威なのが「L452R」の変異である。東京大学や熊本大学などの研究チームは4月に発表した論文で、「L452R」は日本人の6割が持つ白血球の型「HLA(ヒト白血球抗原)-A24」がつくる免疫細胞から逃れる能力があるという研究結果を発表した。国際医療福祉大学病院内科学予防医学センター教授の一石英一郎さんはいう。

    「わかりやすく言うと、通常はウイルスに感染すると、『HLA-A24』というタイプの抗原がSOSを出して、免疫..

    【日時】2021年05月10日 11:05
    【ソース】NEWSポストセブン


    【インド型変異ウイルス 重症化リスクが大きく日本人の6割が死に至る】の続きを読む


    「東京から来ました」でドン引され…沖縄旅行を決行した女子3人組はコソコソと

    まん防前とは言え、まだ収束していない状況で旅行を計画したことが浅はかだったように思いますね。地方の人ほどピリピリしてますから。


    まん防下で沖縄旅行を決行した女子3人組「東京から来ました」でドン引きされる
     ゴールデンウィークに突入。しかし新型コロナウイルス感染拡大防止のため、現在は、4都府県(東京、大阪、京都、兵庫)において「緊急事態宣言」が発令されている。ほかにも多くの地域が「まん延防止等重点措置」の対象となっているが……。

     気の緩みだろうか。それ以前に「旅行の計画を立ててしまっていた」という人もいる。

    ◆沖縄旅行を決行した女子3人組

    「ゴールデンウィークは混むから、海開き前の安い時季に沖縄に行こうというだけの話だったんですけどね……“まん防”が適用されたおかげで、ものすごく悪いことをしてしまった気分です」

     暗い表情で話してくれたのは愛未さん(32歳・仮名)だ。彼女はフリーランスのWebデザイナーで、コロナに関係なくテレワークだったという。

    「ありがたいことにコロナ禍になっても、仕事の量や収入には何の影響もなかったです。旅行が趣味でしたが、コロナ禍で長らく行けてなかったんで“もうそろそろよくない?”ってことで、女3人で沖縄旅行を計画したんです」

     計画したのは3月末だった。

    「4月半ばで、そこそこいいホテルで3泊4日の4万円以下でした。繁忙期なら10万はくだらないから『超お得だね!』って、みんなテンションあがってました」

     このときは、沖縄にも東京にもまん防は適用されておらずウキウキの旅行ムード。しかし状況が一転、空気がピリついたそうだ。


    ◆“SNS全部禁止”と“口外禁止”の約束に

    「私はフリーだし、PCさえ持っていけば何かトラブルがあっても対応できるから行く気満々だったんです。でも、3人のうち1人はタレントの子で『大丈夫かな..

    【日時】2021年05月05日 15:55
    【ソース】週刊SPA!


    【「東京から来ました」でドン引され…沖縄旅行を決行した女子3人組はコソコソと】の続きを読む

    このページのトップヘ