にゃんだふるdayにゅ~す

にゃんだふるdayにゅ~すは日々の気になるニュースや話題を
まとめたサイトです。
気になる記事を探して楽しんでくださいね。

    カテゴリ:国内ニュース > 生活


    菅首相「不要不急の行楽や帰省を控えて」GW連休を前に国民へ呼びかけ

    連休に出ない代わりに連休前にたくさん県外から地方に来てましたね。出たい人はどうにかしてでも出てしまうんでしょうね。


    菅首相「あすから5連休、不要不急の行楽や帰省を控えて」
    菅首相は30日、東京都や大阪府の新型コロナウイルスの感染状況について「感染者数は高止まりが続いてる」と述べた上で、「あすから5連休に入る。不要不急(の外出)、行楽、帰省を控えていただきたい」と国民に呼びかけた。首相官邸で記者団の質問に答えた。

    新型コロナワクチンについては「7月末を念頭に高齢者の皆さんへの接種を終えるように全力を尽くしていきたい」と改めて強調した。



    【日時】2021年04月30日 19:43
    【ソース】読売新聞


    【菅首相「不要不急の行楽や帰省を控えて」GW連休を前に国民へ呼びかけ】の続きを読む


    大手会社が電気・ガスを6月に値上げへ …原燃料価格上昇のため

    ただでさえも生活大変な時期なのにこの値上げは痛いですね。


    電気・ガス、大手全社が値上げへ 6月、原燃料価格上昇で
     大手電力10社全てが6月の家庭向け電気料金を値上げする見通しであることが19日、分かった。火力発電の燃料に使うLNGや石炭などの平均輸入価格が上がったため。大手都市ガス4社も、LNGやLPGの価格上昇を受け全社値上げする見込みだ。

     標準的な家庭の電気料金を見ると、5月と比べた値上げ幅は沖縄電が148円で最大。北海道電113円、東電91円、中国電89円、四国電81円と続く。北陸電は73円、東北電は72円、中部電は55円、関電は44円、九州電は32円の見通し。

     ガスは大阪ガスが39円、東京ガスが35円、東邦ガスが33円、西部ガスが29円値上げするとみられる。



    【日時】2021年04月19日 18:35
    【ソース】共同通信


    【大手会社が電気・ガスを6月に値上げへ …原燃料価格上昇のため】の続きを読む


    Android端末でアプリが繰り返し停止する不具合が発生

    こういう不具合困りますよね。早急の対応をお願いしたいですね。


    Android端末で大規模不具合、自動アップデートに絡みGoogle、LINEなど各種アプリが繰り返し停止される状態に

    Andoid端末で自動アップデートに絡むと思われる不具合が発生し、各種アプリが正常に起動せず、何度も停止されてしまう状況が続いています。詳細は以下から。

    3月23日朝からスマホやタブレットのAndroid端末において大規模な不具合が発生しています。Yahoo、Google、LINEを始めとしたゲームやアプリを立ち上げようとすると繰り返し停止し、正常に起動できない状況となっています。
    これはAndroidのOSやアプリの更新を「自動アップデート」設定しているユーザーに起こっているとのこと。自動アップデートをオフにしているアプリなどは正常に起動するとの報告もネット上では見られ、現時点では「AndroidシステムのWebView」の不具合が原因と指摘されています。
    また解消法として、「AndroidシステムのWebView」の自動更新を無効化し、アンインストールしてから再起動すればよいとの未確認情報も流れていますが、解決できる保証はないため推奨できません。
    Google公式による修正のアナウンスをおとなしく待つのが無難と思われます。


    【日時】2021年03月23日 14:43
    【提供】Buzzap!


    【Android端末でアプリが繰り返し停止する不具合が発生】の続きを読む


    ネット論争…刺し身をパックのまま食卓に出すのはあり?なし?

    最近はホントにきれいなパックだし盛り付けもきれいだからそのままでも全然いいと思いますけどね。


    刺し身をパックのまま食卓に出してもいいか論争…「そんな文句をいうのは時代錯誤じゃない?」
    昨年からポテトサラダ、餃子、から揚げなど、出来合いのお総菜を購入したり、冷凍食品を利用したものを“調理の手抜き”と見なした論争が巻き起こってきました。そして今回、「刺し身をパックのまま食卓に出すかどうか」ということが、ネットで議論になっているそうです。


    私も盛り付けにはこだわる方ですし、お皿も凝ったりします。でもテッサやカワハギなどの薄造りは、移し替えると崩れるので、購入した状態のお皿で食卓に出したりします。だって食卓に出せる様なきれいな柄の器にキレイに並べられているんですもの。以前は、それ以外のお刺身は盛り直していましたが、最近は透明のパックではない素敵な柄付きのお皿に盛られたものなら、そのまま出してもいいのではないかと思うようになりました。

    例えばお家にお弁当を買ってきた場合は、いちいちお皿に移し替えたりしない。私はそれと同じだと思うのですが、特にお刺身は生ものなので、移し替えるときも衛生面や鮮度が落ちないよう気を遣う。調理人の方も、お刺身を盛り付けるときは、金属のお箸を使ってたりされていますから。

    お食事ってまず目で味わうもの。イタリアンなどでも同じで、パスタは中央を高く盛り付ける。それが食欲をそそります。お刺身も販売されているものは見栄えよく盛り付けられており、パックに入った状態が、一番きれい。移し替えると、せっかくの盛りつけがどうしても崩れてしまいます。最近はお刺身の下に薄いペーパーがしかれているものも良くみかけます。あれは、「テーブルクロス引き」の要領でスーッとお皿に移せて便利、便利。

    先日、仕..

    【日時】2021年03月07日
    【ソース】まいどな


    【ネット論争…刺し身をパックのまま食卓に出すのはあり?なし?】の続きを読む


    時短営業でボロ儲けする企業に対し、大幅減少した大型店

    一律にすることがそもそもおかしいんですよね。スピーディーも重要だけど、それ以前に平等な制度を考えてほしいものです。


    時短営業で“月180万円ボロ儲け”……ここがおかしい時短協力金制度
    時短営業の要請に従わない事業者に対して、ついに小池都知事からの「命令」が届いた。都内を中心にレストランを展開するグローバルダイニングに対して、16日に都知事名義で「施設の使用制限の命令」の事前通知を出したのだ。これにより、昨日から同社は時短営業に従わざるを得ない状況となった。

    ■協力金制度でボロもうけする零細飲食店のゆがみ

    零細の個人経営飲食店と、大型の飲食チェーンでは、前者が弱者で後者が強者というイメージが先行しやすい。しかし、こと時短要請と休業補償の観点からいえばその構図は全く逆だ。

    コロナ禍における時短要請に応じた飲食店への協力金は、普段からほとんど利益を生み出していないような業態であっても、大きな利益を生み出している業態であっても、一律一日6万円となっている。

    行政の対応としては、スピーディな給付を優先した結果の判断であるというが、これは飲食店間だけでなく、国民の間でも大きな不公平を招いているといっても過言ではないだろう。

    菅義偉政権が、低所得の子育て世帯へ子供1人当たり一律5万円を支給する決定をした裏側で、飲食店のオーナーは店舗あたり月々180万円の支給を受けている。

    都内で小規模なバーを営むある経営者は、濡れ手で粟のぼろもうけ状態であるという。「趣味程度で開いたバーで、月の固定費が20万円くらい。月の利益は1万円前後ですかね」

    しかし時短要請により、いつもは22時00分頃から開店していたバーは完全に営業停止の状態となる。ミニマムで運営していた固定費はさらに削減される一方で、時短協力金が毎日6万円入ってくるという状態と..

    【日時】2021年03月19日 07:05
    【ソース】ITmedia ビジネス


    【時短営業でボロ儲けする企業に対し、大幅減少した大型店】の続きを読む

    このページのトップヘ