にゃんだふるdayにゅ~す

にゃんだふるdayにゅ~すは日々の気になるニュースや話題を
まとめたサイトです。
気になる記事を探して楽しんでくださいね。

    カテゴリ:国内ニュース > 生活



    (出典 neyagawa.goguynet.jp)


    麻生さんは再給付はないと言ってたけど、どうなんでしょうね。選挙絡みだとちょっと考えてしまいますが。

    1

     緊急事態宣言が10都府県で延長されたことを受け、自民党の中堅・若手議員らが9日、経済的に厳しい人への10万円の特別定額給付金の再支給など追加の経済対策を行うよう、下村政調会長に申し入れました。

     自民党の中堅・若手議員らは9日、緊急事態宣言が延長されたことを受け、今年度の予備費およそ4兆円を使い切って経済対策を行うべきとする緊急提言を下村政調会長に申し入れました。

     提言では、売上の減収基準などの要件を緩和した上で持続化給付金を再支給するほか、来年度には、経済的に厳しい人に対し、10万円の特別定額給付金を再支給することなどを求めています。

     「ある程度絞った形で、コロナで本当に困っている方にきちっと届けるという趣旨で申し入れました」(自民党 赤池誠章参院議員)

     赤池議員らは、「政治が国民と共にあること」を強く表明するため、対策を行うべきだとしています。

    ソース
    https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4194678.html


    【10万円の定額給付金再支給 追加の経済対策を申し入れ】の続きを読む


    焼きそばパンに外国人が驚いた…炭水化物×炭水化物の美味しさに称賛

    罪な食べ物だけどやっぱり美味しいですよね。ナポリタン挟んでも美味だし、他にもいろいろありそう。

                        

     外国人にとって日本の食文化はとても驚くことが多いようです。ラトビア出身の日本大好きYouTuberのアルトゥルさんは、日本の「焼きそばパン」と出会い、本当に驚いたことをTwitterで報告。「この組み合わせは最強」と絶賛しています。

     アルトゥルさんは2月3日、「驚かずに聞いてほしい……日本へ行くと、パンに麺を挟んだ“焼きそばパン”というものがある……」と、日本食である焼きそばパンについて紹介。

     「わかる……わかるぞ……炭水化物に炭水化物挟んで、何してんだ!というその気持ちわかるぞ……」「しかし、この組み合わせは最強、ベストマッチとも言えるうまさなんだ……」と驚きながらも、その味を称賛。「焼きそばパンもコロッケパンも……まじ美味すぎ」とツイートしました。

    「焼きそばパンもコロッケパンも……まじ美味すぎ」とツイート

     日本には今まで4回、旅行で訪れたというアルトゥルさん。焼きそばパンとの出会いは22歳の時で、「パンにパスタが挟まっていて不思議でしたが、『美味しい』と教えてもらったので食べてみようと思いました」と話してくれました。

     アルトゥルさんは実際に食べた焼きそばパンについて、「ソースがパンに染み込んでいるのがすごく美味しかったです」「ただ、食感はパンを食べてるのか麺を食べてるのかよくわからない不思議なものでした」と振り返っています。

     現在、アルトゥルさんはジョージアで生活をしていますが、「ジョージアでは焼きそばに似たものはありますが、日本とはソースがまったく違うので食べることは難しいです。しかし、今度作ってみたいと思います」と、ジョージアでの焼きそばパン再現を誓っています。それにしても……焼きそばに似たジョージア料理とは何なのでしょうか?そちらも食べてみたいですね。

    焼きそばパン

     「日本の食べ物は驚くものばかり」と語るアルトゥルさん。「私はお酒のあての塩辛や酒盗が好きなのですが、内蔵を使ったものと聞いてびっくりしました。日本の食文化は世界で同じものがあまり見当たらず、独自のものが非常に多いので、すごく楽しいです」とも語っていました。

     ちなみに、アルトゥルさんが美味しさも含めて一番びっくりした日本の食べ物は「メロンパン」。「メロンの味はしないけど、ふわふわとサクサクが混ざっていて不思議な食感。あんなに美味しいパンは初めて食べました」とのことです。

     今回の投稿には1万件以上のいいねが付き、「神戸には“そばめし”があります」「パンにお漬物を挟んだのもあるよ!」「チャーハンに白いご飯も、やってみると合いますよ」など、ツイートを見た人たちがアルトゥルさんに、日本の「炭水化物」×「炭水化物」料理をたくさんすすめています。

    <記事化協力>
    アルトゥルさん(@ArturGalata)

    (佐藤圭亮)



    【日時】2021年02月06日 18:00
    【提供】おたくま経済新聞


    【焼きそばパンに外国人が驚いた…炭水化物×炭水化物の美味しさに称賛】の続きを読む



    (出典 shimajiro-mobiler.net)


    あまりデータ使用しない人には嬉しいプランになるかもしれないですね。

    1

    楽天モバイル データ20ギガ以下で料金引き下げへ 大手に対抗か
    2021年1月29日 0時42分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210129/k10012838351000.html

    楽天モバイルは、データ使用量が20ギガ以下の場合に実際の使用量に応じて段階的に料金を引き下げる方向で最終的な調整を進めていることが分かりました。大手3社が打ち出した新たな料金プランなどに対抗するねらいがあるとみられます。

    楽天モバイルは現在、月額2980円で原則、データ使用量に制限がない料金プランを掲げていますが、関係者によりますと、実際のデータ使用量に応じて段階的に料金を引き下げる新たなプランを導入する方向で最終的な調整を進めていることが分かりました。

    具体的にはことし4月から、データ使用量が3ギガバイトを超え20ギガバイトまでの場合は1980円に引き下げ、1ギガバイトを超え3ギガバイトまでは980円に、ゼロから1ギガバイトまでは無料とする方向で検討しています。

    20ギガバイトを超えた場合はデータ使用量を無制限として、引き続き2980円とする方向です。

    大手3社は20ギガバイトで、NTTドコモとソフトバンクが1回5分の国内通話料を含めて2980円、KDDIが通話オプションをつけない場合で2480円となる料金プランなどを打ち出しています。

    楽天としては、データ使用量が比較的少ない利用者の料金をより安くすることなどで、ほかの大手に対抗するねらいがあるとみられ、29日にも新たな料金プランを発表することにしています。 
     


    【楽天モバイルがデータ使用20G以下の料金引き下げへ…大手3社に対抗するねらい】の続きを読む



    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)


    以前、検討すると言っていたのに、結局交付されないんですね。

    1

    産経新聞
    麻生太郎財務相は19日の閣議後会見で、昨年の緊急事態宣言発令時に行われた国民一律の「定額給付金」の追加支給について、「国民に一律10万円の支給をするつもりはない」と否定した。
    麻生氏は、10万円の支給前に検討された収入が半減した世帯に限定して現金を給付する案も、「考えにくい」と再度の現金給付自体に否定的な考えを示した。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/64cbdaf3b678f525da9aa93cf6154baa59140e6e 


    【麻生大臣 定額給付金は再交付しない…現金給付を否定】の続きを読む



    (出典 dsignal.ismcdn.jp)


    安くなる分、それなりのことはあるんでしょうね。詳しくない人は変えないほうがいいのかも。

    1

    そういえばドコモショップ行ったからahamoのこと聞いたら、ahamoって新しい料金プランのことじゃなくて別会社だった。ドコモではない子会社と新たに契約する感じ。だからメアドもなくなる。支払いも全く別だし家族割りとかもなくなる。変える理由なくなったわ。なんで普通に安い料金プラン出さないの?
    https://twitter.com/hanage_j_west/status/1348229420876582915?s=21

    でしょ? あたしも考えてたからちゃんと聞いてきて良かった! ドコモの継続年数も途切れるんだって。家族割りとか特典がない分シンプルにして安くしてる💧
    https://twitter.com/hanage_j_west/status/1348230956683911173?s=21

    そうなのよ。ドコモの継続年数も途切れるんだって。しかも何かあってもドコモショップでは対応しないって💧
    https://twitter.com/hanage_j_west/status/1348230574348017666?s=21

    ★1 :2021/01/17(日) 19:46:05.86 
     


    【ある客がショップでahamoについて聞いたら…不便がいっぱい?】の続きを読む

    このページのトップヘ