にゃんだふるdayにゅ~す

にゃんだふるdayにゅ~すは日々の気になるニュースや話題を
まとめたサイトです。
気になる記事を探して楽しんでくださいね。

    カテゴリ:国内ニュース > 生活



    (出典 news.tbs.co.jp)


    ユーザーがどう反応するんでしょうね。よく確認してから変えるなりした方が良さそうですが。

    1

    KDDIは3月、データ容量20ギガ(ギガは10億)バイトで月額2480円(税抜き)の新しい携帯料金プランの提供を始める。
    NTTドコモとソフトバンクが導入予定の同容量プランと比べて500円安く、携帯大手で最安となる。
    菅義偉政権の携帯料金引き下げ要請を受けた大手3社の対応がひとまず出そろう。
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQODZ124X80S1A110C2000000 
     


    【KDDI、大手3社で最安値の20ギガ月2480円】の続きを読む



    (出典 www.jiji.com)


    日本海側も大変な雪が降り積もりました。不要不急の外出は控えたほうが良さそうです。

    1

     太平洋側でも大雪のおそれが出てきたとして、国土交通省が緊急の呼びかけを行った。
     気象庁によると、11日夜から12日の夕方にかけて、太平洋側の平地で大雪になるおそれがある。東京23区でも最大で1センチの積雪が予想されている。

     国交省は、大雪が予想される地域では不要不急の外出を控えるほか、冬用のタイヤやチェーンを用意して早めに装着するように呼びかけている。雪の影響により道路で大規模な立ち往生が発生する恐れがあれば、早い段階で通行止めにして集中的に除雪をすることにしている。
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/19517293/ 


    【太平洋側で大雪のおそれ…東京でも積雪の予想】の続きを読む


    持ち家は不要?維持費や税金がバカにならないと嘆く男性

    家を持つことは夢の一つでもある一方で、自分で管理しなくちゃならないから出費もバカにできないんですよね。

                        
    “持ち家は不要だった”と嘆く50代男性「低金利でも返済期間が長すぎて利息膨らむ。維持費や税金も馬鹿にならない」
    持ち家か賃貸か――。

    これはテレビや雑誌、はたまたネットニュースでもしばしば話題になるテーマだ。

    どの媒体をみても、はっきりした答えは出ていない。

    キャリコネニュースにも「持ち家派」と「賃貸派」で意見が二分された。

    佐賀県に住む60代の男性は、「普段はそれほど必要性を感じないが、いざ自分が一人になったときを考えると持ち家の方が良いと思う」と語っている。

    ■「家賃を支払うなら、その分をローン返済にまわしたほうが良い」
    前出の男性は、現在持ち家で家族と暮らしている。

    「賃貸の場合、高齢になると部屋を貸してもらえなくなる可能性がある。買えるときに買っておいたほうが良い」と意見を述べた。

    神奈川県の30代男性も「持ち家が必要」と考える一人だ。

    男性は、「家賃を払うくらいなら、その家賃相当分をローンの返済に当てたほうが良い。なにかあったら家を売却すれば良いので、資産形成にもなる」と考えている。

    ただし「資産形成を考えると土地の価値が下落しにくいエリアでの購入が必須条件」とも忠告しており、実際に男性も購入時にはその点に留意したそうだ。

    兵庫県に住む40代の女性は、築年数が古い戸建てに住んでいる。

    持ち家のメリットについて、「最寄り駅まで徒歩数分です。築年数は古いですが、毎月の返済額も近隣にある物件の賃貸料と比べると半額程度で済みます」と語っている。

    「家賃が高くても築年数が浅く、利便性の良い家に住みたいという人にはおすすめできませんが、その点を気にしないのであれば築年数の古い持ち家がおすすめです」と続けた。

    ■「低金利と言..

    【日時】2021年01月05日 10:20
    【ソース】キャリコネ

    【持ち家は不要?維持費や税金がバカにならないと嘆く男性】の続きを読む


    暴風雪と低温に厳重警戒「年越し寒波」を上回る「七草大寒波」

    今度は気温がかなり下がるみたいなので、気を付けましょうね。

                        
    「年越し寒波」を上回る「七草大寒波」 暴風雪と低温に厳重警戒
    年越し寒波が収まって間もありませんが、週後半は再び大寒波に見舞われる予想です。

    7日(木)~爆弾低気圧で暴風吹き荒れる7日(木)には日本海のJPCZ(日本海寒帯気団収束帯) 上に発生する低気圧が急発達、24時間で中心気圧が24hPa程度かそれ以上低下する所謂「爆弾低気圧」になり、8日(金)朝に北海道の東の海上に抜けていく見込みです。

    この低気圧が発達する過程で、大陸の高気圧との気圧の傾きが大きくなり風が吹き荒れます。

    日本海側は沿岸部を中心に暴風雨や暴風雪に厳重警戒、さらに交通機関への影響にも注意が必要です。

    また、沿岸では波が高くなり、大しけになるおそれがあります。

    低気圧通過後は非常に強い寒気が南下低気圧が通過した8日(金)の日本列島周辺は、西高東低の冬型気圧の配置になり、上空には非常に強い寒気が流れ込みます。

    降水があれば平地でも雪になる目安とされる上空約1500mで-6℃以下の寒気は東日本や西日本のほぼ全域を覆う予想で、さらに上空約1500mでー15℃以下という西日本では数十年に一度レベルの強い寒気が九州北部や中四国付近にまで南下する可能性があります。

    海面と上空の気温差が大きくなると雪雲が発達するため、日本海側は広範囲で雪が降り山沿いを中心に大雪のおそれ、東日本や西日本の太平洋側の一部でも山沿いを中心に雪が積もる可能性があります。

    生活や交通に大きな影響が出るおそれがあるので、こまめに最新の気象情報を確認してください。

    記録的な低温で水道管凍結にも警戒8日(金)から三連休にかけては連日氷点下の冷え込みとなるほか、鳥取で8日(金)の最高気温が0℃と予想される..

    【日時】2021年01月03日 18:25
    【ソース】ウェザーニュース
                       

    【暴風雪と低温に厳重警戒「年越し寒波」を上回る「七草大寒波」】の続きを読む


    給付金10万円じゃ足りない…追加給付金がほしい人8割超

    前の給付金のあとにコロナが収束していればまだ良かったんでしょうけど、それ以上に蔓延しているし、苦しい人も増えているんでしょう。

                         
                        
    もはや10万円じゃ足りない……平均15万円の追加給付金が欲しい人が8割以上!
    もはや10万円じゃ足りない……平均15万円の追加給付金が欲しい人が8割以上!
    12月はボーナスシーズンですが、コロナ禍の影響で収入源となってしまった人が大勢います。

    株式会社大黒屋が実施したアンケートよると、昨年の年末時期と比較して収入が「減った」と回答した人は29.4%。

    一方「増えた」と回答した人はわずか6.0%で、ほとんどの人の収入が増えていないことが分かりました。

    また今年の冬にボーナスが「あった」と回答した人は41.8%。

    ほか14.2%は「年俸制のため例年ない」、そして「いいえ」と回答した人は44.0%となっています。

    さらにもらえたとしても支給額に「とても満足している」「満足している」「どちらかというと満足している」と回答した人は42.6%。

    半分にも満たない状況です。

    ■経済活性化は重要だけど…外食で出費がかさむ!
    テレワーク普及や飲み会自粛により「交通費」「友人・恋人などとの交際費」は少なめ傾向です。

    収入が増えないということは支出も減らさないと、手元のお金はどんどん減ってしまいます。

    今年の春先は緊急事態宣言によって外食も旅行も控えた人がほとんどだと思いますが、夏になって少しずつ外食を再開したり、秋からは政府主導のGoToキャンペーンもあってかなり散財した人も多かったのではないでしょうか?同調査によると、「最近支出が増えた」と回答している人は全体の39.8%。

    その中でも一番多かったのは「外食」(51.8%)となっています。

    コロナ禍で大きな打撃をうけた外食産業が活性化されるのはいいことですが、消費者にとっては見逃せない事実です。

    ■前回特別給付金を受け取らなかった少数派も、今回は欲しい!?
    追加給付金による財源を..

    【日時】2021年01月02日 10:15
    【ソース】スーツウーマン

    【給付金10万円じゃ足りない…追加給付金がほしい人8割超】の続きを読む

    このページのトップヘ