にゃんだふるdayにゅ~す

にゃんだふるdayにゅ~すは日々の気になるニュースや話題を
まとめたサイトです。
気になる記事を探して楽しんでくださいね。

    カテゴリ:動物 >


    猫の鬼滅コスプレに癒される人続出…ペット業界でも鬼滅ブーム

    正直ペットに服を着せるのはあまり好きではないんですけど、見るとかわいいなとは思ってしまうんですよね。

                         
                        
    鬼滅コスの猫に全集中 鬼になって退治されたい人が続出してしまう

     いつも追いかけっこをしたり、取っ組み合いをしたりして遊んでいるという、ミヌエットのムギちゃんとアメリカン・ショートヘアのおこめちゃん。そんな2匹が人気漫画「鬼滅の刃」の竈門炭治郎と禰豆子のコスプレをした写真に10万件を超えるいいねが付き、話題になっています。

     ムギちゃんとおこめちゃんの飼い主さんは2月17日、「禰豆子は違うんだ!人を喰ったりしない!カリカリしか喰ったことがないんだ!」と、作品に登場してくるセリフを交えてツイート。一緒に添付されていた写真には、炭治郎と禰豆子の衣装を見事に着こなすムギちゃんとおこめちゃんが写っていました。

    続きはこちら 



    【日時】2021年02月23日 07:00
    【提供】おたくま経済新聞

    【日時】2021年02月23日 07:06
    【ソース】


    【猫の鬼滅コスプレに癒される人続出…ペット業界でも鬼滅ブーム】の続きを読む


    猫が息を引き取る間際に飼い主に伝えたい3つ のこと

    うちにいた子も亡くなる寸前に、声にならない声で間を開けながら3回鳴いたんです。きっと感謝の気持ちを伝えてくれたんだと信じています。

                         
                        
    猫が死ぬ間際に飼い主に伝えたいこと3つ
    猫が死ぬ間際に飼い主に伝えたいこと3つ
    ■天国へと旅立つ猫があなたに伝えたいこと
    猫も私たちのように、様々な想いを抱いています。

    そして最期の瞬間も、大切な飼い主さんに伝えたいことがあるようです。

    死期を悟った猫に多い行動や、不思議な体験を元に愛猫の気持ちについて触れてみたいと思います。

    1.感謝の気持ち
    お別れの時が近づくと、これまで動けなかったのが嘘のように元気になることがあります。

    この現象は「エンジェルタイム」と呼ばれ、とても神秘的な時間です。

    最後に残された力を使い、愛猫は飼い主さんに感謝の気持ちを精一杯伝えようとします。

    家族になれたこと、イタズラをして怒らせてしまっても最終的には笑って許してくれたこと…思い出は尽きないでしょう。

    2.あまり悲しまないでほしい
    大切な家族である愛猫との別れはとても辛いものです。

    悲しくないはずがありません。

    それでも愛猫は、飼い主さんが悲しみの渦に飲み込まれてしまうことを望みません。

    少しの間、思いっきり悲しんだら元気になってほしい。

    そう願っています。

    これは言い伝えですが、猫にはそれぞれ役割を持って生きているそうです。

    その任務が達成したとき、すなわち飼い主さんが幸せになれたら満足して旅立つことができると言われています。

    3.ずっとずっと見守っているよ
    実体としての愛猫は去ってしまっても、繋がりが途絶えてしまうわけではありません。

    亡くなったあとも、愛猫はずっと見守り続けたいと思っています。

    何気ない日常の中で愛猫を思い出すときが、天国へと旅立った愛猫と通じ合えた瞬間なのかもしれません。

    夢に出てきた..

    【日時】2021年01月24日
    【ソース】ねこちゃんほんぽ

    【猫が息を引き取る間際に飼い主に伝えたい3つ のこと】の続きを読む


    離乳食でチュールに初めて出会った子猫達。それぞれの反応がかわいい

    猫ちゃんはチュール大好きなんですよね。子猫ちゃんもこれからチュールで育っていくのかな。

                     
         
    「何これぇぇぇ〜!?」チュールに初めて出会った子猫達。それぞれに違う反応を見せる様子がとっても可愛い ( *´艸`)♡
    「何これぇぇぇ〜!?」チュールに初めて出会った子猫達。それぞれに違う反応を見せる様子がとっても可愛い ( *´艸`)♡
    優しい猫のお母さんに育てられながら、すくすくと成長を続ける4匹の子猫達。

    そろそろミルク卒業の時期が近づいてきたため、飼い主さんは離乳食を食べさせてみることにしました。

    でも離乳食に慣れていない子猫達はなかなか食べてくれません。

    そこで飼い主さんは獣医さんのアドバイスに従って、まずはチュールを食べさせてみることに。

    出典:【まんまる猫】つむチャンネル。

    早速チュールを口元に運んでみると、4匹から様々な反応が返ってきました(*´ェ`*)出典:【まんまる猫】つむチャンネル。

    初めてのチュールに挑戦する子猫達の様子はこちら。

    きっとすぐに離乳食も食べられるようになって、夢中でモグモグする日が来ることでしょう♪


    【日時】2020年12月05日
    【ソース】エウレカ

    【離乳食でチュールに初めて出会った子猫達。それぞれの反応がかわいい】の続きを読む


    猫ちゃんの熱視線…お鍋の前で圧がすごい まさに圧力鍋?

    猫ちゃんたちのジーっと見つめる顔がホントにかわいいですね。

         
    ジー…鍋の前から熱視線 猫たちの圧力に「これがホントの圧力鍋」
    食べているところを人に見られていると、なんとなく食べづらく感じてしまいますが、それが猫だったら……。

    ブリティッシュショートヘアのみかんちゃん(3歳/メス)とぽてとくん(2歳/オス)の飼い主さんは、愛猫に晩ご飯を食べようとしているところを「ジー……」っと見られて困っている動画をTwitterに投稿し、話題になっています。

    飼い主さんは11月4日、「圧が強い……」というコメントと共に、動画を投稿。

    動画には、美味しそうな鍋のそばで、こちらにものすごい視線を送る、みかんちゃん(右)とぽてとくん(左)の姿が映っていました。

    これは、食べづらい……。

    飼い主さんにお話を伺ったところ、これは晩ご飯の時で「母が鍋を食べているときに撮影したものです」とのこと。

    この圧を感じながら食べるのは、なかなか厳しそうですね。

    普段は、甘えん坊で気が強いみかんちゃんと、無邪気で怖がりなタイプというぽてとくんですが、この時はたまたまこうなったのだとか。

    よっぽど鍋が美味しそうに見えたのでしょうか。

    みかんちゃんとぽてとくんに見つめられながら食べた晩ご飯について、飼い主さんに感想を聞いてみると「可愛いと思いましたが、食べずらかったです」と笑いながら話してくれました。

    みかんちゃん、ぽてとくん、飼い主さんがご飯を食べている時は、あんまり見つめないであげてね。

    圧が強い… ― みかんとじろうさんち (@jirosan77) November 4, 2020ちなみに、飼い主さんは「みかんとじろうさんち」というYouTubeチャンネルを開設して、みかんちゃんやぽてとくんの他にも、可愛い愛猫の動画を公開しているので、気になった人はチェックしてみるのも良いかもしれません。

    この投稿には、1万5000件以上のいいねが付き、「なんてかわいい圧 かけられたいです」「将来は立派な鍋奉行になるにゃ!」「これがホントの圧力鍋」など、多くのコメントが寄せられています。


    【日時】2020年11月14日 07:00
    【ソース】おたくま経済新聞

    【猫ちゃんの熱視線…お鍋の前で圧がすごい まさに圧力鍋?】の続きを読む


    タイの家出猫 首にぶら下げてきたのはなんと請求書!

    ほっこりする話ですね。家出は心配だけど、優しい魚屋さんに救われましたね。

         
    家出した猫が“請求書”をぶら下げて帰ってきた!「この魚つけといて」 タイ
    いなくなったと思ったら…

    居心地が悪い、発情期、事故に遭った──飼い猫が家出をする理由は、さまざまだ。

    本来はきちんと帰宅する猫が数日間家を空けたとなると、飼い主は気が気ではない。

    近所で猫の行方を聞いたり、張り紙をしてみたり。

    タイのチェンマイに住む、ある男性の飼い猫も姿を消した。

    ラッキーなことに、この猫は3日もせずに飼い主のもとへ姿を現したが、その首元には何かをぶら下げていた。

    よく見てみるとそれは手書きのメモで、そこにはこう書かれていた。

    「あなたの猫がうちの店のサバをずっと見ているから、3匹あげました」

    さらに、そこには名前だけでなく電話番号まできちんと添えられていたのだ。

    どうやらお腹が空いて、魚屋に陳列されたサバに釘付けになった家出猫は、“ツケ払い”で胃袋を満たしたようだ。

    スペイン「バングアルディア」紙によれば、飼い主がこの猫の姿をチャン・プアック住民のフェイスブックページに投稿するとバイラル化し、「大胆な猫だ」と賛辞が寄せられた。

    なかには「動物を大切にした」ということで、魚屋に代金を払いに行くべきだと飼い主へアドバイスする人もいたという。

    飼い主がツケを魚屋に払ったかどうかは定かではないが、写真からはこの猫がふてぶてしくも満足げな様子が伝わってくる。



    【日時】2020年11月12日 07:00
    【ソース】クーリエジャポン

    【タイの家出猫 首にぶら下げてきたのはなんと請求書!】の続きを読む

    このページのトップヘ