にゃんだふるdayにゅ~す

にゃんだふるdayにゅ~すは日々の気になるニュースや話題を
まとめたサイトです。
気になる記事を探して楽しんでくださいね。

    カテゴリ: エンタメ


    なんか急に暴露する人が増え始めた気がしますが、やっぱりやり過ぎは禁物なんじゃないでしょうかね。

    1 

     突如現れた、芸能界の裏側を暴露する男に注目が集まり、はや3月弱が経った。

     東谷義和氏が開設したYouTubeチャンネル『ガーシーch【芸能界の裏側】』は、綾野剛や城田優ら有名人たちの知られざる裏側を次々と告発。現在は、当初の勢いに比べると陰りが見えるが、まだまだ“爆弾”を匂わす投稿を続けている。

     だが、一部を除けば、メディアの後追いや暴露された芸能人たちへの影響は限定だと感じる方も多いのではないか。実際に、広告代理店やテレビマン、芸能事務所は世紀の暴露チャンネルをどう見ているのか。その声を拾った。

    「投稿されている内容や発言は、大半が事実でしょう。すべてが東谷氏の虚言というには明らかに具体的すぎますから」

     こう話すのは、あるキー局の社員だ。だが、暴露チャンネルの影響が、制作側にあったかと尋ねると、首を横に振る。テレビマンたちも、当初はある程度、ガーシーチャンネルに注目していたという。ただし、それは仕事ではなく一視聴者としてだ。その上で「明らかにやりすぎですよ」と、冷淡な口調でこう続けた。

    「明確な違法行為や逸脱行為があれば別ですが、『あいつは女好き』『あの子は誰と付き合っていた』『こんな場にいた』と話すのは、明らかにルール違反でしょう。芸能界には昔からこういった女衒を生業にする人間はいます。ただし、誰もが線引きはしていたわけです。問題は、今やテレビも人手不足で、素人に毛の生えたような人間も多いことです。あるワイドショー番組の企画会議で、『ガーシーチャンネルの検証』というテーマが上がった時は、さすがに驚きましたね。でも、上の人間にはYouTubeなんて見ないという人もまだいるので、『それ誰や?』となっていましたが」

     そして、憶測の域は出ないと前置きしつつ、こう話す。

    「あれだけいろんな場所に顔を出していたら、おそらくテレビマンのなかにもガーシーに女性を世話してもらった人間もいるでしょう。特にキャスティングやかつてのドラマ畑あたりはいかにも、という感じがします。現在、一部では訴訟の動きがあり、裁判となると一般的にも表沙汰になるので、その場合はテレビでも取り扱うことはありそうです。ただ、自分たちの保身もあり、ガーシーを本質的に叩くことはないのだろうとはみています」

    スポーツ紙や週刊誌も静観するワケ

     芸能人の恥部を暴露するという、いかにもスポーツ紙や週刊誌が食いつきそうなネタだが、そちらも予測されたより静観するメディアのほうが多いといえる。なぜなのか。スポーツ紙の芸能担当記者は、次のように話す。

    「単純に、まともな記者ほど関わりたくない、というのが本音ではないでしょうか。今は直撃した芸能人や取材先に自分たちの名刺や個人情報を晒される、ということも増えてきています。ネタが欲しいとはいえ、危ない橋は渡りたくないという記者が多い。小林麻耶が市川海老蔵の暴露を始めた際に、各紙取材をしていましたが、ガーシーとの対談がアップされた時に、『これは触れてはいけない2人だ』と判断しました。良くも悪くも、何かに突出しすぎた人間ほど、記事にはしにくいという面はあるんです」

     暴露された芸能人たちに関しても、現段階ではキャスティングや仕事に大した影響はないという見方が妥当、と話すのは、大手広告代理店の社員だ。その理由は、グレーな部分が多く、正確なジャッジが難しいということだという。

    「今のスポンサーたちの動向は、すべてにおいて『臭いものに蓋』の精神です。グレーなものはクロという。ただし、暴露された芸能人たちに対して、そこまで強い拒絶反応があるかというと、答えは『ノー』でしょう。理由は、“片方だけが言いっ放し”というYouTubeの性質と、ガーシーチャンネルに関しては、それを見た視聴者たちの反応が鈍いという点にあります。

     特に金銭的トラブルにより私怨があるというところはポイントで、そこに乗りたくないという反応も業界内ではあります。要は、グレーとの判断でとどまっているということです。新田真剣佑の事務所が訴訟の準備をしているとの報道もありましたが、名誉毀損となれば、事務所側がほぼ勝ちます。裁判所の判断という公式な見解が伴えば、これまで通りの仕事へ、という流れになるでしょう」

     一方で、芸能事務所の関係者たちは怒り心頭な様子だ。その理由は、数々の暴露により、実務的な面で影響を被っているからだ。

    続きはソースで
    https://biz-journal.jp/2022/05/post_295051.html

    【東谷義和氏をメディアは総スルーのワケ…暴露された芸能人も大きな影響なく】の続きを読む


    昔話になってしまうでしょうね。芸能人も人間ですから、多少のスキャンダルがあってもおかしくはないですしね。

    1 

    ガーシーに見えてきた陰り…暴露連発も昔話ばかりで刻々と迫る“ネタ枯れ”危機


    今年2月に彗星のごとく現れ、芸能界の裏側の暴露を続ける“ガーシー”こと東谷義和氏。
    自身のYouTubeチャンネルで城田優(36)、綾野剛(40)といった錚々たる有名人の暴露を行い、チャンネル登録者数はたった2カ月で100万人を超えた。


    日に日に勢いを増しているかのように見えるが、ある芸能関係者は最近見え始めた“陰り”を指摘する。

    「4月10日の動画で、新田真剣佑さん(25)がかつて沢尻エリカさん(36)と関係があったことや、脱税の疑惑があることを暴露しました。もともと東谷が“超ド級の暴露話”があると宣言していましたが、かねて予告していた佐藤健さん(33)や浜辺美波さん(21)といった超ビッグネームの暴露ではなかったので、期待外れだと感じた視聴者が多かったといいます。また3月下旬に東谷氏が紹介した女性タレントと関係を持った山田裕貴さん(31)のことを暴露しましたが、『普通のことでは?』『何が悪いの?』と、否定的な反応も少なくありませんでした」


    数々の有名人の暴露を続ける東谷氏に対して、ほとんどの芸能事務所は法的措置といった公的な対応を見せていない。
    あるプロダクション関係者はその背景について言う。

    「大手事務所の幹部らはガーシーの放送をチェックしていますが、静観しています。所属タレントの話が出ていようが、そんなにダメージがあるような話は現状出ていないですからね。東谷氏の暴露は1年半以上前の話がほとんどで、昔話がメイン。いまは対応する必要はないのですが、事務所が対応するならば、現在進行形の問題を暴露されたときではないでしょうか」


    そして、東谷氏の“致命的な弱点”についてこう続ける。

    「東谷氏本人も、お金ができたらサッと撤退することを想定しているとは思いますが、事務所側があまり取り合っていないのは、いずれいなくなる存在だと思っているからなんです。東谷氏はいわば、“ストックしている昔話を話している”状態ですから、遅かれ早かれ“ネタ枯れ”すると思います。1年も持たないのではないでしょうか」



    とはいえ、事務所にとって“不安要素”がないわけでもないようで……。

    「東谷氏のインスタやTwitterのDMに現在進行形の芸能人に関するタレ込みが入ってきているようです。今後、東谷氏を発端に証拠もある形で“暴露”が出てしまったときは脅威になりうるかもしれません」(芸能プロ関係者)


    暴露を続けるガーシーの未来に待っているものはーー。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/1a16bd6f30d2668829247e9f7fa080dfc0103352




    【ガーシー 暴露話もネタ枯れの危機…致命的弱点はほとんどが昔話】の続きを読む


    見えないところで悪質なことが行われていたんですね。

    1 

    榊英雄監督(51)と俳優の木下ほうか(58)、園子温監督(60)と相次ぐ性加害疑惑は芸能界に波紋を広げている。だが、これらの騒動も氷山の一角にすぎないのだ。



    園監督は5日夜、個人事務所のホームページに直筆のコメントを掲載し、騒動について謝罪した。
    しかし「週刊女性」に報じられた内容については、事実と異なる点が多いとして、代理人を通じてしかるべく措置を取っていくとしている。

    もっともこうした行為は映画業界だけに限った問題ではないのだ。映画業界以上にひどいのがテレビ業界だという。

    「映画界も最近は関わる組織や人間の多い〝製作委員会方式〟の作品が増えており、昔ほど監督や一部の出演者に権限が集中することはないため、
    昔に比べると被害自体は減っているともいえます。その点ではテレビ業界のほうがいまだに悪質なスタッフの多い印象です」と大手芸能事務所のマネジャーは話す。

    先月30日放送の「バイキングMORE」(フジテレビ系)で坂上忍(54)が
    「この問題って映画業界だけでないのはもちろん、テレビも入ってます。舞台も入ってます」と語ったが、その発言に同意する業界人も少なくない。

    実際、あるグラビアタレントはこう語る。

    「業界関係者との食事会だと、同席するテレビ局員や番組プロデューサーの大半は、仕事と引き換えに肉体関係をにおわせてきますよ。
    ストレートな人もいれば、親しいお笑い芸人を呼んだ飲み会を別にセッティングする人も。

    芸人に場を盛り上げさせて、自分と肉体関係を持つことのメリットをアピールさせるんです。
    芸人たちがやたらとお酒を飲ませようとしたかと思うといつの間にかいなくなって、2人きりにして〝そういう流れ〟にもっていこうとするんです」

    さらにはこんな話も。

    「そもそも、ある局のイメージガールプロジェクトは、最終選考がほぼ〝肉弾審査〟だったことが業界内では有名でした。
    プロジェクトの担当スタッフはやりたい放題で、中には面接をきっかけにグラドルと結婚したスタッフもいました」

    このプロジェクトに関しては、その〝闇〟が当時から業界では知られていたため、
    参加タレントや所属事務所サイドもある程度覚悟して臨んでいたフシがあり、大事にはならなかったというが…。だからといって許されることではない。

    「さすがに最近はそこまであからさまなケースは聞きませんが、いまだにテレビ業界にこうした悪習があるのは間違いないでしょう」(同マネジャー)

    映画業界だけでなく、テレビ業界にも変革が求められている。
    https://www.zakzak.co.jp/article/20220408-RPXQ23KMDNIBDJC4B4NTOVVFBE/


    【悪質スタッフいまだ多い芸能界…性加害問題は氷山の一角】の続きを読む


    山之内すず ネットで誹謗中傷するのは40~50代男性が多い

    ホントにこういう人って残念だし情けないですね。


    山之内すず「ネットで誹謗中傷コメントしてくる人は40〜50代の中年男性が多い」
     タレントの山之内すず(20)が13日放送のTBS「アッコにおまかせ!」(日曜前11・45)に生出演。インターネット上での誹謗(ひぼう)中傷について、加害者は中年男性が多いと明かした。

     ネット上で誹謗中傷した経験が50代男性に多かったという調査が紹介されると「めちゃくちゃ納得」と山之内。自身に寄せられる心無いコメントの多くは「本名でやっていらっしゃる40、50代くらいの男性の方が本当に多くて」と特徴を説明し「娘より年下の女の子に、なんでこんなこと言えるやろうと思ってた」と話した。

     また「お子さんがいるお母さんが誹謗中傷を個人で送ってきてて。アカウント見たらお子さんの写真が並んでて。なんでそんなことできるんやろうって」と首を傾げた。

    【日時】2022年03月13日 13:20
    【ソース】スポーツニッポン

    【山之内すず ネットで誹謗中傷するのは40~50代男性が多い】の続きを読む


    梅沢富美男 精子提供トラブルの女性の行動に疑問

    行為をすることも疑問だし、自分が産んだ子供を施設に預けるのもやっぱり考えにくい行動ですよね。


    精子提供トラブルに梅沢富美男「どこを探してもおかしいところばっかり」とキッパリ  女性の行動に疑問
     1月13日放送の『バラいろダンディ』(TOKYO MX)で、精子提供を巡るトラブルで、相手の男性を提訴した女性の話題が取り上げられた。

     トラブルの経緯は、東京都在住の30代女性が夫に難病の疑いが生じ、SNSを通じて精子提供者を募った。女性は東京大学卒業の夫と同等の学歴を持つ日本人を希望。知り合った相手は京都大学卒の日本人と名乗ったが、実際は別の国立大学を卒業した中国人の既婚者だった。すでに妊娠後期に入っていたため出産するも、子どもは児童福祉施設に預けられている。女性は、自らの父親を選択する自己決定権が失われ、精神的苦痛を受けたとして、約3億3千万円の損害賠償を求めて提訴した。

     これを受け、梅沢富美男は「(記事を)読めば読むほど、この女の人のことがよくわからねえよな」「精子をもらう、提供してもらうってことになれば、性行為なんてしないわけだから」と疑問を示した。これには、ネット上で「性行為をしているのは確かに疑問だった」「身勝手と言われても仕方ないと思う」といった声が聞かれた。

    【日時】2022年01月14日 19:00
    【ソース】リアルライブ

    【梅沢富美男 精子提供トラブルの女性の行動に疑問】の続きを読む

    このページのトップヘ