にゃんだふるdayにゅ~す

にゃんだふるdayにゅ~すは日々の気になるニュースや話題を
まとめたサイトです。
気になる記事を探して楽しんでくださいね。

    カテゴリ:エンタメ > エンタメ



    (出典 gendai.ismcdn.jp)


    当事者にしかわからない痛みや苦しみはわかってほしいですね。

    1 
     
    「暴too」とは、セクハラ告発運動「Me too」と「暴力」をかけ合わせた、著名人が学生時代に行なったいじめ行為を告発する運動。

    (略)

    しかし、こうした制裁には「やりすぎではないか」との同情があるほか、制裁の大きさを利用し、タレントを陥れるため虚偽の告発も横行しているとのこと。出演者はこれに関して意見を交わし、モデルの長谷川ミラは「いじめは絶対あってはならないこと」とコメントする。

    しかし、その後は「学生時代のいじめは大なり小なり誰もが通ることで、過去の事を芸能人だからって掘り出して告発するのは、逆にいじめなのではないかなとも…」との苦言も。鈴木紗理奈も、「いじめの苦しみ、大人になっても忘れられないって人がいるのも分かるけど、それを『見返すため頑張ろう』って自分に向けるんじゃなくて、『お前あの時~』って相手に矛先を向けると、(憎しみが)終わらない」と同意見を述べていく。

    全出演者がいじめを正当化

    テリー伊藤も、「いじめした芸能人は、当然、当時のことは覚えてるわけですよ。そういう自分が嫌だから、芸能界に来たんじゃないですか?」「荒んだ自分が嫌だから芸能界へ来て、そこでもう一度頑張ろうと。過去を捨てて。それで必死になってやってるのに、過去を引っ張り出すようなのは、僕はルール違反だと思いますね」と、いじめっ子にも、悪かった自分を変えたい意図があるのだとコメント。

    20~24歳の女性ユーチューバー集団『くれいじーまぐねっと』もこうした意見に立ち、学生時代に〝陰キャ〟だったことで知られる『爆笑問題』太田光も、「(報復という)それ自体がいじめになるから、あんま意味がない」と、憎しみの連鎖になるだけだと指摘した。

    このように、スタジオ出演者からは、一様に「過去のこと」というような風潮で、いじめっ子側に同情するようなコメントが。しかし、こうしたコメントにネット上では

    《加害者側を擁護するコメント無理》
    《加害者を肯定していて失望した》
    《テリー伊藤、頭になんか虫でもわいたんやろか》
    《いじめの話、テリーやサリナ、ユーチューバーのやつらに誰も異論唱えなかったね。きっと自分たちがいじめをしてきた、もしくはしているんだろうね》
    《完全にいじめる側の意見》
    《やる方が悪いに決まってるだろ》

    など、猛批判の嵐となった。
    休日朝から視聴者を不愉快にしてしまったようだ。 

    【「過去のこと」とサンジャポ全出演者がいじめを正当化…視聴者が不快に】の続きを読む


    高橋真麻が発した「老害」「メンヘラのかまってちゃん」は差別発言と批判

    公共の電波での発言は気を付けたほうがいいのかもしれないですね。言葉って難しいですね。

         
    言いたい放題? 高橋真麻、足立区議に「老害」杉田水脈議員に「メンヘラのかまってちゃん」発言で物議 「差別発言」の声も
    5日放送の『バイキングMORE』(フジテレビ系)で、出演者のフリーアナウンサー・高橋真麻の発言が物議を醸している。

    番組では、9月25日に開かれた足立区議会の定例会で、自民党の白石正輝区議が「こんなことはあり得ないことですけど、日本人が全部L(レズビアン)、日本人の男は全部G(ゲイ)となってしまったら、次の世代は生まれますか? ひとりも生まれないんですよ」「LだってGだって法律に守られているという話になったんでは、足立区は滅んでしまう」と発言し、差別的だと批判されていることを取り上げた。

    番組が白井区議を直撃取材すると、「LGBTを差別することはまったく考えていません」としながらも、「子どもたちには普通の結婚をして、普通に子どもを生んで、子どもを育てることの大切さをしっかり教えなさいよ、と」と話していた。

    一連のVTRを見ている間、高橋は終始首をかしげ、苦々しい表情を浮かべていた。

    話を振られると、「時代遅れだな、老害だなって思いましたけど」と断罪。

    さらに、友人に精子提供を受けて出産し、自分たちの子どもとして育てているという女性カップルや、養子を引き取って育てている男性カップルもいるとし、「本当に少子化対策したいんだったら、LGBTの人たちに、『あなたたちは結婚してもこうやって子どもを作ることができますよ、親になれますよ』って政策をすべきなのに。……考えられない」と厳しく指摘した。

    さらに番組では18年8月号の『新潮45』の中で、LGBTカップルについて「子供を作らない、つまり『生産性』がない。そこに税金を投入することが果たしていいのかどうか」という文章を寄稿した自民党の杉田水脈衆院議員についても取り上げた。

    MCの坂上忍が「さっき真麻ちゃん、『老害』って言ってたけど、種類の違う害悪のような感じもしてならないですけどね」と聞くと、高橋は「いつもおかしなこと言って注目を浴びようとしてて、最初はメンヘラでかまってちゃんなのかなって思ってたんですけど。だけど、見方を変えたら、そうでもしないと自分の意見が取り上げられない、注目されない。たくさん議員がいる中で埋もれちゃうから、そういうことをわざとやってるのかな」と分析していた。



    【日時】2020年10月05日 17:35
    【ソース】リアルライブ

    【 高橋真麻が発した「老害」「メンヘラのかまってちゃん」は差別発言と批判】の続きを読む


    「半沢直樹」最終回の結末に反響が殺到 半沢ロスも続出?

    ホントに人気のドラマですね。気持ちがスッキリしたりするのがいいんでしょうね。

               
    「半沢直樹」最終回に絶賛の声 1000倍返しに「胸アツ過ぎた」
    俳優の堺雅人が主演を務めるTBS系日曜劇場「半沢直樹」(毎週日曜よる9時〜※今回は15分拡大)の最終話が27日、放送された。

    どんでん返しの結末に反響が殺到している。

    <※記事内ネタバレあり>
    ◆「半沢直樹」最終回の結末は?
    前回、これまでずっと信じていた中野渡頭取(北大路欣也)に裏切られたように見えたが、実は頭取は箕部幹事長(柄本明)の不正融資を探るために、大和田(香川照之)をスパイとしてわざと箕部の元へ潜り込ませていたことが判明。

    こうして頭取と大和田と手を組んだ半沢は白井大臣(江口のりこ)を説得。

    帝国航空の債権放棄を認める会見に頭取の代わりに半沢が出席し、債権放棄を拒否した上で、マスコミの前で箕部の過去の不正を暴露し、見事“1000倍返し”を成功させた。

    最後は頭取が全ての責任をとって辞任。

    大和田が半沢を奮い立たせ、土下座をかけ半沢に頭取まで上り詰めるようはっぱをかけて自身も銀行を去った。

    第9話のラストから大どんでん返しの痛快な展開にネット上では「スッキリした!!!!」「最後のやり取りしびれた」「大和田さんカッコいい…」「胸アツ過ぎた」と絶賛の声が殺到し、Twitterトレンドは関連ワードが席巻。

    続編を期待する人も多かった。

    「Paravi」では第1話から最終話を有料配信。

    「TVer」「TBSFREE」では1週間限定で最終話を無料配信する。

    ◆堺雅人主演ドラマ「半沢直樹」
    2013年に大ヒットした人気シリーズが7年ぶりに復活。

    ベテランキャスト陣のパワーアップした“顔芸”と言われる至近距離での演技合戦やアドリブから生まれる名(迷?)台詞、歌舞伎役者の割合の高さ、それに付随して香川照之がTwitterで毎週のように撮影エピソードを披露するなど、今回も様々な角度から話題を集めた。

    視聴率は初回から上昇し続け、9話連続で20%台をキープしている。



    【日時】2020年09月27日 22:20
    【ソース】モデルプレス
        

    【「半沢直樹」最終回の結末に反響が殺到 半沢ロスも続出?】の続きを読む


    コケたら終わりの「バイキング」坂上忍のパワハラ疑惑も問題視

    パワハラが実際どんな状況なのかによるけど、結局グッディも情報番組だし、同じ内容を繰り返し放送するより新鮮かも。

         
    ?パワハラ疑惑?坂上忍 「バイキング」1時間拡大も正念場「コケたら終わり」
    実情は崖っ縁――。

    タレントの坂上忍(53)がMCを務めるフジテレビ系情報番組「バイキング」(月〜金曜午前11時55分〜午後1時45分)がリニューアルされ、放送時間も1時間拡大することが7日に発表された。

    坂上がフジの昼下がりをジャックするわけだが、実際は番組打ち切りと隣り合わせだ。

    これまで坂上の意向をことごとくのんできたフジも、今回のリニューアルでコケればサジを投げ、坂上に“退陣”を迫るという。

    同番組は28日から「バイキングMORE」と改題され、放送枠が2時間から3時間になる。

    これに伴い、フリーキャスターの安藤優子がMCを務める「直撃LIVE グッディ!」(月〜金曜午後1時45分〜3時50分)は25日をもって終了。

    また、「バイキング」MCの坂上が番組スタッフにパワハラをしていると3日発売の週刊文春が報じたことについて、フジは7日に否定した。

    1時間拡大で坂上はフジの昼下がりをジャックするわけだが、実際は番組打ち切りの可能性を十分にはらんでいる。

    フジ関係者は「MCによるパワハラ疑惑は周囲の想像以上に局内で問題視されています。坂上さんを“擁護する派”が『バイキング』継続を、坂上さんを“追放する派”が打ち切りを唱え、真っ二つに割れている。それなのに10月以降も延命、むしろ1時間拡大されたのは、いくつかの要因が重なったからです」と指摘。

    関係者は口々に「そもそも視聴率が健闘している」「坂上さんのギャラが高くなくてコスパが良く、番組制作費を圧迫しない」「坂上さんとフジ編成担当が長年、接待を重ねてズブズブの関係になり、『バイキング』を切るに切れなかったみたい」と話す。

    フジは、坂上の意向を最大限にくむなどして、みこしを担いできた。

    象徴的なのが、今回を含む2度のリニューアルだ。

    1度目は放送開始2年後の2016年4月。

    「バイキング」は当時、低視聴率だったため、内容をバラエティーからワイドショーへシフトチェンジした。




    【コケたら終わりの「バイキング」坂上忍のパワハラ疑惑も問題視】の続きを読む


    坂上忍の相変わらずのパワハラ問題…親友のはずの野々村真にも

    お互いがわかりあっているのなら問題ないんでしょうけど、野々村さんが不快に思っているのであればパワハラになるのかな?

         
    坂上忍『バイキング』野々村真への“パワハラ”に視聴者から大ブーイング
    9月7日放送のトークバラエティ番組『バイキング』(フジテレビ系)でのMC坂上忍(53)の態度が批判を集めている。

    坂上といえば、3日発売の『週刊文春』(文藝春秋)で番組スタッフへのパワハラ疑惑を報じられたばかり。

    報道によると、坂上は番組スタッフへの罵倒を繰り返しているとのことだったが、同日放送の同番組の中で坂上は報道を否定。

    しかし、同紙から直撃取材を受けた榎並大二郎アナウンサー(34)の回答に対しては、「どうしてもこの部分だけは許せない」「思わせぶりすぎるでしょ」と詰め寄る場面があり、「だからパワハラって言われる」「こういうやり取りが不快」などといった批判を集めていた。

    そんな坂上だが、この日もパワハラの片鱗が垣間見える場面があったという。

    「月曜日は俳優の野々村真(56)が出演していますが、野々村がいじられキャラということもあり、たびたび野々村への坂上からの攻撃が見られています。この日は台風10号について、停電で被災者に熱中症のリスクがあることや、一方で昨年の千葉の台風被害を踏まえ電力会社が先週半ばから被害を予測し、停電対応を取っていたことが報じられましたが、話を振られた野々村が『(対応は)安心、ほっとしますよね。でも、コロナだけじゃなくて熱中症もあったんだなとあらためて思うと、やっぱこの台風って本当に怖いなと思いますよね』とコメント。特段変な言葉はなかったにも関わらず、坂上はなぜか一瞬沈黙する場面がありました。不自然な沈黙のあと、スタッフの笑い声が聞かれ、坂上は『……はい。それで大丈夫ですね?』と半笑いで聞き、困惑した野々村が『え? え? また次いただいたらコメントします……』と狼狽。視聴者からは『また野々村イジメか』『学生時代のいじめ思い出した』『こういうノリ何度やるんだろう。いい加減にしてほしい』といった呆れ声が聞かれていました」(芸能ライター) 

    これまで、自身がコメント用に準備したメモを見ながら喋ろうとした野々村に対し「下が映らないからってさ、何か事前にメモ書いてんのを今チラチラ見ながら喋ってません?」と糾弾したり、野々村のコメントを途中で遮りCMにつなげたりしたこともあった坂上。

    日々エスカレートする扱いのひどさに、“パワハラ”の片鱗を感じた視聴者も少なくなかったようだ。


    【坂上忍の相変わらずのパワハラ問題…親友のはずの野々村真にも】の続きを読む

    このページのトップヘ