にゃんだふるdayにゅ~す

にゃんだふるdayにゅ~すは日々の気になるニュースや話題を
まとめたサイトです。
気になる記事を探して楽しんでくださいね。

    カテゴリ:国内ニュース > 事件


    小川博受刑者 プロ野球選手から強盗殺人犯に…過去の栄光を忘れられず

    人間の弱い部分を見せつけられた気がしますね。本当に残念でなりません。


    小川博受刑者 プロ野球選手から強盗殺人犯に 獄中から知人へ手紙「なぜあんなことをしてしまったのか」 埼玉
     日本テレビの「ザ!世界仰天ニュース」(火曜後9・00)が22日に放送され、元ロッテ投手で2004年に犯した強盗殺人の罪で無期懲役となり、現在服役中の小川博受刑者(59)について扱った。

     小川受刑者は高校時代に3度の甲子園出場を果たし、大学を経て1984年ドラフト2位でロッテ入り。甘いマスクで高校時代から人気があり、プロ野球でも88年にオールスター出場、リーグ最多のシーズン204奪三振と結果も残しつつあった。だが、銀座のクラブ通いなど派手な生活を送り、金遣いが荒かったところ、右肩を痛めた時期にチームメートに誘われて行った気晴らしのギャンブルにはまり、それをきっかけに転落が始まった。


     引退後には年俸700万円でコーチの職につき、この時点では住宅ローンが1000万円残っているだけだったが、浮気もあって当時の妻と離婚すると、離婚の2カ月後にはクラブで知り合った女性と再婚。2人の子供も授かった。だが、前妻への慰謝料や前妻との子供の養育費に加えて派手な生活をやめることができずに球団内でも借金を重ね、母に預けてあったプロ入り時の契約金4200万円もすべて使い果たした。それでも妻にさえ見栄を張って借金があることを言えず、40歳で球団を解雇された時には消費者金融などからの借金が1700万円に。自己破産して一度は清算したものの、これを機に妻がお金の管理をするようになり自由に使える金がなくなると、当時就職していた会社の慰労会用にと渡されていた10万円のうち3万円を私的に流用した。この3万円を妻に言えず、すでに自己破産していて消費者金融では借りることができないため法外な利子を取るいわゆ..

    【日時】2022年02月22日 22:55
    【ソース】スポーツニッポン

    【小川博受刑者 プロ野球選手から強盗殺人犯に…過去の栄光を忘れられず】の続きを読む


    3歳長女放置死で実刑判決の女…実母から暴力「虐待の連鎖」

    何故連鎖してしまうんでしょうね。自身が辛かったことを繰り返さないようにできなかったんでしょうか。


    実母に口を針で刺され、ゴミ袋に入れられ投げられていた女…3歳長女放置死で「虐待の連鎖」 東京・大田区
    東京都大田区のマンションで2020年、当時3歳の長女を放置して死亡させたとして、母親の梯沙希被告(26)が保護責任者遺棄致死罪などで懲役8年の実刑判決を受けた。9日の東京地裁判決は、被告が子どもの頃に受けた虐待の体験が犯行に影響を及ぼしたと認定。こうした「虐待の連鎖」は実態の把握が難しく、専門家からは調査や支援の強化を求める意見が上がっている。

    ■「口に針」
    「苦しくて、つらくて、怖くて仕方がなかった」。同地裁で1月28日にあった裁判員裁判の被告人質問。弁護側から実母による虐待を尋ねられた被告は、か細い声で振り返った。

    被告人質問での説明によると、被告は小学校入学後、実母らから激しい暴力を受けるようになった。「お前は私の言うことだけ聞いていればいいんだよ」。そうどなられ、口答えすると、口を針で刺されたり、ゴミ袋に入れられて風呂場に投げられたりした。食べ物を与えてもらえず、風呂場の浴槽の水を飲んで飢えをしのいだこともあったという。

    公判で弁護側が読み上げた実母の調書などによると、実母は被告が8歳だった2003年9月、被告への傷害容疑などで逮捕された。実母と別れ、高校卒業まで児童養護施設などで暮らした被告。「怒らせないようにいつも相手に合わせ、笑っていた。息苦しかった」。当時の心境をそう明かした。

    【日時】2022年02月22日 15:06
    【ソース】読売新聞オンライン

    【3歳長女放置死で実刑判決の女…実母から暴力「虐待の連鎖」】の続きを読む


    木下元都議に執行猶予付き有罪判決…反省の言葉も

    選挙に追われていたとは言え、ちょっと頻度も多いし悪質ですね。しっかり反省して2度とないようにしてほしいものです。


    ”無免許運転”木下元都議に執行猶予付き有罪 判決後会見「二度と自ら運転しない」
    東京都議会議員選挙の期間中などに無免許運転を繰り返し、道路交通法違反の罪に問われた元都議会議員の木下富美子被告(55)に対する判決公判が、午前10時から開かれた。東京地裁は、木下被告に、懲役10カ月・執行猶予3年の有罪判決を言い渡した(求刑:懲役10カ月)。

    起訴状などによると、木下被告は、2021年5月29日から都議選投開票日直前の7月2日にかけて、板橋区と新宿区で、合わせて7回、無免許で車を運転したとされる。7月2日の無免許運転の際、男女2人に軽傷を負わせて、そのまま逃走したとして書類送検されたが、ひき逃げ容疑については不起訴処分となった。

    1月25日に行われた初公判で木下被告は起訴内容を認めたが、法廷では無免許で車を運転して、ポスターを貼り替えるなど、選挙活動をしていたことも明らかにされた。

    木下被告は、被告人質問で、「選挙のプレッシャーが大きく、結果を出すため、様々な活動を行わなければならなかった」と述べた。そして「手伝いをしてくれる方の中には、運転をできる人が少なく、自ら(運転を)するしかなかった。今思えば、なぜしてしまったのか、他の手段がなかったのか後悔しています」と反省の言葉を口にした。

    【日時】2022年02月15日 10:02
    【ソース】FNNプライムオンライン

    【木下元都議に執行猶予付き有罪判決…反省の言葉も】の続きを読む


    沖縄警察署襲撃事件 少年の同級生が「事件の深層」を告白

    襲撃には賛成できませんが、早く真実がわかるといいですよね。


    沖縄警察署襲撃事件 17歳少年の同級生が「事件の深層」を告白
    「最初は20人くらいの若者が警察署の前で『おい! 署長出せ! 隠しきれると思うなよ』と叫んでいただけでした。ところが、バイクに乗った若者たちがどんどん集まってきて、日付が変わるころには400人以上が署を包囲していた。そのうちの一人が石を投げたのをキッカケに、皆一斉に生卵やゴミなどを投げたり、ロケット花火を打ち込んだりし始めた。鉄の棒でパトカーをボッコボコにした者もいました」(目撃者)

    1月27日深夜、沖縄県警・沖縄署を400人もの若者が取り囲み、暴徒化する事件が起きた。発端は同日未明に起きた17歳の少年Aと沖縄署の警察官のトラブルだった。この日、Aと行動を共にしていた同級生が語る。

    「沖縄市内のコンビニ前で4~5人でたむろしていたら、目の前の大通りで暴走族風の人たちが警察に追いかけられているのが目に入った。深夜だったから『警察に見つかったら補導される』と思って、解散したんですよ。バラバラにわかれて逃げている途中、友人の一人から『Aが事故った』という連絡が入りました。

    Aのもとに駆け付けると、すでに救急車が来ていて彼は右目から血を流していた。救急搬送された後、Aが『警察に警棒で殴られた』と話していることを知りました。ところが翌日、沖縄県警は『接触事故で右目眼球破裂と眼底骨折の重傷を負った』と発表。警察が暴行を隠蔽(いんぺい)したことに腹が立ち、地元の友人や先輩にSNSで拡散してもらいました」


    【日時】2022年02月04日 11:02
    【ソース】FRIDAY

    【沖縄警察署襲撃事件 少年の同級生が「事件の深層」を告白】の続きを読む


    ヤマト集配所殺傷事件…懲役27年判決に被告怒声「死刑ならよかった」

    人を死なせておいて全く反省していないですね。極刑よりも一生刑務所で反省してほしいですね。


    「死刑ならよかった」懲役27年判決に被告怒声 ヤマト集配所殺傷 神戸地裁判決
    神戸市北区のヤマト運輸集配所で2020年、従業員の男女2人を殺傷したとして殺人などの罪に問われた同社の元パート従業員、筧(かけい)真一被告(47)の裁判員裁判で、神戸地裁は3日、懲役27年(求刑・懲役28年)の判決を言い渡した。野口卓志裁判長は「強固な殺意に基づいた執拗(しつよう)、残忍な犯行」と述べた。

    判決言い渡し後、野口裁判長が「罪を受け止めるようになってほしい」と説諭すると、筧被告が「死刑にしてくれたらよかった。喜んで死んでやるよ」と声を荒らげる場面もあった。

    判決によると、筧被告は20年10月6日早朝、集配所で広野真由美さん(当時47歳)の胸などを包丁で17回刺して殺害し、男性(61)を殺害しようとして手を負傷させた。

    筧被告は事件前日、男性から荷物の扱い方を注意されてもみ合いになり、広野さんが仲裁に入ったが、このトラブルをきっかけに退職した。判決は、筧被告が広野さんに恋愛感情を抱いていたものの、結託した2人に辞めさせられたと思い込み、「愛情の裏返しとしての憎しみや男性への不満」を事件の動機と認定した。

    【日時】2022年02月03日 18:44
    【ソース】毎日新聞

    【ヤマト集配所殺傷事件…懲役27年判決に被告怒声「死刑ならよかった」】の続きを読む

    このページのトップヘ