にゃんだふるdayにゅ~す

にゃんだふるdayにゅ~すは日々の気になるニュースや話題を
まとめたサイトです。
気になる記事を探して楽しんでくださいね。

    カテゴリ:国内ニュース > 事故


    たばこが原因かわかりませんが、お気の毒です。最後は逮捕されたり火事にあったりと波乱でしたが…ご冥福をお祈りいたします。

    1 
     11日午前3時15分頃、東京都世田谷区成城、プロ野球・ロッテ元投手の村田兆治さん(72)方から出火、木造2階建て住宅の2階部分約40平方メートルが焼け、室内から村田さんが救助されたが、搬送先の病院で間もなく死亡が確認された。警視庁成城署が出火原因を調べている。

     発表によると、村田さんは一人暮らしで、目立った外傷はなく、一酸化炭素中毒の可能性が高い。近隣住民が119番した。

    第11回日米野球第5戦のシンシナチ・レッズ対全日本、4イニング4三振の快投で勝利投手になった村田兆治投手のピッチング(ロッテオリオンズ)=東京都・後楽園球場で1978年11月3日

     現場は小田急線成城学園前駅の北約1・3キロの住宅街。捜査関係者によると、村田さんは消防隊に発見された際、たばこを手に持っていたという。

     村田さんは広島県出身。1968年、福山電波工高(現近大福山高)からドラフト1位で東京オリオンズ(現千葉ロッテマリーンズ)に入団した。左脚を高々と上げて右腕を豪快に振り下ろす「マサカリ投法」でエースとして活躍し、74年にチームの日本一に貢献した。

     82年に右肘を痛め、翌年に渡米して肘に腱(けん)を移植する「トミー・ジョン手術」を受けた。当時の球界で肘の手術はタブー視されていたが、1年間のリハビリを経て一軍へ復帰。85年には開幕11連勝を飾って完全復活した。毎週日曜日に登板して「サンデー兆治」と呼ばれて人気を集め、90年に40歳で現役を引退するまで、速球とフォークボールを武器に通算215勝(177敗)、2363奪三振の成績を残した。

     2005年に野球殿堂入り。全国の離島の中学球児が対戦する「全国離島交流中学生野球大会」(離島甲子園)を提唱し、離島での野球振興にも尽力した。

     今年9月23日には、羽田空港の保安検査場で女性検査員の肩を押したとして暴行容疑で警視庁東京空港署に現行犯逮捕され、2日後に釈放されていた。
    11/11(金) 8:01配信 読売新聞オンライン
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e24ca1a6aebb062643ee5969d1931de58afcefd2

    【村田兆治さん 自宅火災で死亡…発見時にたばこを手に持っていた】の続きを読む


    用水路から流されてしまったんでしょうか。ご冥福をお祈りいたします。

    1 
     富山県警は5日、氷見市の沖合で見つかった遺体の身元を、8月20日から行方が分からなくなっている同県高岡市の保育園児高嶋怜音ちゃん(2)と確認したと明らかにした。

    共同

    https://news.yahoo.co.jp/articles/98f4591ef26a90e994df31f9c1781dad532492c2

    【富山・氷見市沖合の遺体は高岡市で不明の2歳男児と確認】の続きを読む


    可能性が高そうだけど、鑑定結果次第ですね。

    1 
    警察などによりますと、4日、富山県西部の氷見市の沖合で小さな子どもとみられる遺体が見つかったということです。

    この海域に近い氷見市の隣の高岡市では、8月20日の夜から2歳の男の子の行方が分からなくなっていて、警察と海上保安部は男の子の自宅の周辺に複数の用水路や海につながる大きな河川があったことから関連を調べています。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220904/k10013802381000.html

    【富山県 氷見沖、子どもとみられる遺体発見…不明2歳児との関連調べる】の続きを読む


    いつの間にか流されてしまったんでしょうか。ご冥福をお祈りいたします。

    1 
    https://news.ntv.co.jp/category/society/d7778a14689a4b2e9359d9034c4a5dc2
    2022年7月7日 18:12

    人気漫画『遊☆戯☆王』の作者で漫画家の高橋和希さんが、沖縄県名護市の沖合で、遺体で見つかっていたことがわかりました。

    名護海上保安署によりますと、6日午前10時半ごろ、沖縄県名護市の沖合で、「死体らしいものが浮いている」と、マリンレジャー関係者から通報がありました。

    消防の水上バイクが漂流中の男性を引き揚げましたが、すでに死亡していて、その後の調べで、遺体は東京都在住の漫画家・高橋和希さん、本名・高橋一雅さん(60)と判明しました。高橋さんは「週刊少年ジャンプ」に連載した『遊☆戯☆王』などの作品で知られる人気漫画家でした。

    高橋さんは発見された際、水中マスクやシュノーケルフィンを着け、うつぶせの状態で漂流していたということです。
    また消防によりますと、高橋さんの腹や足には、サメなど海洋生物につけられたとみられる激しい損傷があったということです。

    高橋さんは沖縄へひとりで観光に訪れていて、警察によりますと、発見現場から10数キロ離れた恩納村の海岸近くの農道に高橋さんが借りたレンタカーが止められ、車内には免許証などの所持品が残されていたということです。

    https://www.oricon.co.jp/news/2241496/full/

    高橋さんは1986年に連載デビューし、代表作となった『遊☆戯☆王』は『週刊少年ジャンプ』で1996年9月から2004年3月まで連載。物語で登場した架空のカードゲーム「マジック&ウィザーズ」が話題となり、ストーリーは同ゲームを中心に展開すると、98年には初のテレビアニメが放送され、それ以降も主人公が変わりながらも『遊☆戯☆王』シリーズとして現在まで放送。

    また、「マジック&ウィザーズ」は「遊☆戯☆王オフィシャルカードゲーム デュエルモンスターズ」として商品化され、2011年に累計販売枚数251億7000万枚を突破したことで「世界一販売枚数の多いトレーディング・カードゲーム」としてギネス認定された、世界中で人気となっている。

    なお、高橋さんは『遊☆戯☆王』の連載終了後も、『Vジャンプ』で連載された『遊☆戯☆王R』『遊☆戯☆王GX』などで原案・担当として参加。『週刊少年ジャンプ』で13年に読み切り作品『DRUMP』、16年に映画『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』の公開と連動した『TRANSCEND・GAME 遊☆戯☆王』、18年に新作の短期集中連載『THE COMIQ』を掲載した。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    ★1:2022/07/07(木) 16:23:35.40
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1657187202/

    【「遊戯王」作者 高橋和希さん沖縄県名護市沖で死去】の続きを読む


    いろいろな事情もあったかもしれないですが、再発しないようにしてもらいたいですね。

    1 

    https://news.yahoo.co.jp/articles/a71949946dc8ae029936aec6997be66bd7b14531

    辛坊治郎、知床観光船の再沈没に怒りあらわ「あり得ない、ふざけるなレベル」


     キャスターの辛坊治郎氏が、24日放送のニッポン放送『辛坊治郎ズーム そこまで言うか!』(月~木 後3:30)に出演。沈没事故を起こした知床観光船「KAZU I(カズワン)」の引き揚げえい航中に発生した船体落下、再沈没について、「あり得ない、ふざけるな」と持論を語った。

     この日発生した、沈没船の引き揚げえい航中に起きた船体落下事故。辛坊氏は「最近、日本人がものすごくやさしくなって、基本的にネットで炎上したくないものだから」と、今回の引き揚げ作業にあたる作業員や関係者へのねぎらいコメントが、SNSやネット上で多いと前置きしたうえで「あり得ない、こんなもんふざけるなレベル」と語気を強めた。

     自身もヨットを所有し、定期的なメンテナンスなども行う辛坊氏は、船舶を陸揚げする方法について詳しく解説。通常、水面に浮かんでいる状態の沈没船と同等の大きさの船舶の場合、船体に2本のベルトをかけて持ち上げて陸揚げするが、今回は船内に海水が入り込んでおり、相当な重さになっているため陸揚げ前に水抜き作業が必要と言及した。

     一方で、船体が水中にある場合は相当な浮力が働くため、海流やえい航中の水の抵抗などでベルトからすり抜ける可能性があると指摘。その上で、辛坊氏は「私が責任者なら、バウ(船首)にあるアンカーチェーン(錨をおろすためのチェーン)に1本ワイヤーかロープを結んでおくだけで、たとえベルトから抜けたとしても落下することはない」と、今回の引き揚げえい航方法について疑問を呈した。

     さらに、ベルトからすり抜けるリスクに備えていなかったことについて「私の感覚からするとあり得ない」とコメント。「絶対にどこにも傷をつけるなというものすごいプレッシャー」が現場にかかっていたため、2本のロープ以外を使用することにためらいがあった可能性もあると指摘し「現場にそういうプレッシャーをかけたやつがきっといるんだと思うね」とも語った。

     最後に辛坊氏「あり得ないことはあり得ないと声をあげないと、また同じことが起こる」と危機感をあらわにした。番組の模様は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。


    【辛坊治郎、知床観光船の再沈没に怒り…「ふざけるなレベル」】の続きを読む

    このページのトップヘ