にゃんだふるdayにゅ~す

にゃんだふるdayにゅ~すは日々の気になるニュースや話題を
まとめたサイトです。
気になる記事を探して楽しんでくださいね。

    カテゴリ:国内ニュース > 事故


    せっかくもう少しで引き揚げるところだったのに残念でしたね。

    1 

    北海道・知床半島沖で観光船「KAZU I(カズワン)」(乗客乗員26人)が沈没した事故で、第1管区海上保安本部は24日、カズワンを海中につった状態で移動させていた専門業者の作業台船からカズワンが水深182メートルの海底に落下したことを明らかにした。

    1管によると、24日午前8~10時頃、ウトロ漁港(北海道斜里町)の西約11キロの海域で落下したとみられる。同日午前10時20分に「カズワンを落とした」と1管に連絡が入った。水中カメラを搭載した無人潜水機で確認したところ、船底を下にした状態で沈んでいて、原形をとどめ、大きな損傷は見当たらないという。

     作業台船「海進」を運航しているのは、海上保安庁と契約した「日本サルヴェージ」。23日に水深約115メートルの沈没地点からカズワンをワイヤでつり上げ、深さ約20メートルの海中にカズワンをつったまま、水深の浅い斜里町沖約7キロの海域に向かっていた。同海域で、いかりを下ろして海進の船上にカズワンを引き揚げる予定だった。

     落下したカズワンは、深海に潜る特殊技術「飽和潜水」で再びつり上げられる見通しだ。飽和潜水では、潜水士は作業台船の加圧室で深海の水圧に体を適応させた後、水中エレベーターで海底に下りて作業する。

     一方、1管などは24日も北方領土・国後島周辺を含めた海域で行方不明者12人の捜索を続けているが、有力な手がかりは見つかっていない。

    https://www.google.com/amp/s/www.yomiuri.co.jp/national/20220524-OYT1T50136/amp/

    (出典 i.imgur.com)



    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1653375292/


    【えい航中のKAZU Ⅰ、沈没地点より深い182mの海底に落下】の続きを読む


    反省しているのかしていないのかわからないですね。自然現象だけにもっと注意を払うべきだったのではと思ってしまいます。

    1 

    北海道・知床半島沖で、乗客・乗員あわせて26人が乗った観光船「KAZU I」が行方不明になった事故で、運航会社「知床遊覧船」の社長・桂田精一社長が、27日午後4時50分ごろから、事故後初となる記者会見を行っている。

    会見は午後6時50分現在も続いていて、会見開始から2時間が経過した。

    その中で、天気の悪化が予想された中でなぜ出港したのかについて何度も問われ、桂田社長は「天気図が常に当たるわけではない」と話した。

    記者「注意報は把握していた?」

    桂田社長「しておりました。午後からということと、午前中ウトロ漁港から先の方まで、しけていないし風もなかった」

    記者「社長は天気図読めるか?」

    桂田社長「天気図は読めます。自然現象なので、天気図が常に正確に当たるわけではないんですよ。ただ、細心の注意を持って運航しなきゃいけないというのは、ごもっともで」

    記者「自然の驚異についてどう考えている?」

    桂田社長「わたしも、ひいおじいさんを船で亡くしています」

    記者「お客さまに楽しんでもらうことも大変重要だと思うんですけれども、身内を亡くしたのなら、危ないと思ったらやめようとならなかった?」

    桂田社長「すみません、今回は残念ながら、そこは至らなかった点かと思っております」

    https://www.fnn.jp/articles/-/353210


    【遊覧船浸水事故 社長が釈明会見…「天気図が常に当たるわけではない」】の続きを読む


    記念になるはずの旅行が悲惨な事故になってしまい、心が痛みますね。

    1 

    北海道の知床半島の沖合で観光船が消息を絶ち、26人が行方不明になってから3日目…
    捜索に向かう漁船を見守った行方不明の乗客の家族が、悲痛な思いを話しました。 

    漁船の出港を見守った鈴木剛さん51歳…22歳の息子の智也さんが、交際中の女性と乗船していて、行方がわからなくなったといいます。

    斜里町のウトロ漁港の駐車場には、智也さんの車が残されたままになっています。

    ◆鈴木さん…「何とか早く見つけて話して欲しい。本当に…きょう(25日)で3日目なんですよ。沈んだまま帰ってこないんですよ」
    「きのうも(24日)も(遺体を)見たけど、やっぱりいなかったっていう辛さですよね。遺体あがったって確認してきたけど、全部、自分の息子ではなかったので…」
    「一日も早く、捜索して見つけて、温かい布団をかけてあげたい、ただ、それだけですね、本当に悔しいです」

    ◆息子さんは…「(息子は仕事の)休みをとって、誕生日なので、サプライズで休みをとって(交際中の女性と)2人で旅行に来た」
    「ここから乗ってって、一瞬の動画だったけど、これから行きますって、クルーズ船に乗って出ていったのが最後です」
    「彼女の表情が、こういう状況で喜んでいましたと、一瞬だったけど、10秒くらいの動画、それが最後です」
    「彼女の親御さんも来ているけど、ショックを隠しきれない、辛いです本当に」
    「船でサプライズで、僕ら知らなくて、息子は僕らにも黙っていたけど、指輪も買って、そこでプロポーズを決めていたらしいんですよ」
    「本当に彼女の親御さんとも夕べ、泣きながら話したけど、バラバラじゃなくて、せめてどんな形であれ一緒に出てきて欲しいと。それをせつに願っています」
    「もう、ダメなのは覚悟しているけど、2人一緒に見つかって欲しい、それだけです」
    https://www.hbc.co.jp/news/e6baefc290a8b1ba808886f900fad056.html



    【観光船浸水事故…指輪を買ってプロポーズするはずの息子と彼女「一緒に出てきてほしい」】の続きを読む


    「ペットとじゃれていた」3歳男児ら2人が死亡した事故で逮捕の女

    運転中に何やってるんですかね。


    3歳男児ら2人が死亡した事故で逮捕の女「ペットのインコとじゃれていた」川崎市
    川崎市で24日、3歳の男の子ら2人が乗用車にはねられ死亡した事故で、乗用車を運転していて逮捕された50歳の女が、助手席のペットとじゃれていたなどと話していることが分かりました。

    警察によりますと、午後、川崎市宮前区で乗用車がセンターラインを超え、自転車2台などをはねました。

    この事故で、自転車に乗っていた3歳の男の子と39歳の女性が死亡し、男の子の母親(29)が足の骨を折りました。

    警察は、乗用車を運転していた舟渡今日子容疑者を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しています。

    その後の警察への取材で、舟渡容疑者が「助手席に乗せていたペットとじゃれていた」という旨の話をしていることが新たに分かりました。

    警察は、ペットに気を取られて事故を起こした可能性が高いとみて調べています。

    【日時】2022年01月25日 10:38
    【ソース】 テレ朝news

    【「ペットとじゃれていた」3歳男児ら2人が死亡した事故で逮捕の女】の続きを読む


    横須賀の海に打ち上げられた女児の遺体 転落・不明の2歳児か

    小さな子供からは絶対に目を離してはいけないですね。ご冥福をお祈りいたします。


    横須賀の海に女児の遺体 転落・不明の2歳児か
     両親と釣りに来て海に落ち、行方が分からなくなっていた女の子とみられる遺体が見つかりました。

     警察によりますと、12日午前11時すぎ、神奈川県横須賀市にある吾妻島の護岸壁に小さな女の子の遺体が打ち上げられているのが見つかりました。

     着ていた衣類の特徴などから、9日深夜に両親と釣りに来ていて海に落ちた後、行方が分からなくなっていた2歳の女の子とみられています。

     女の子は柵から海に落ち、沖へ50メートルほど流された後に行方が分からなくなっていて、警察や消防などが捜索していました。


    【日時】2021年08月12日 17:15
    【ソース】テレ朝news

    【横須賀の海に打ち上げられた女児の遺体 転落・不明の2歳児か】の続きを読む

    このページのトップヘ