にゃんだふるdayにゅ~す

にゃんだふるdayにゅ~すは日々の気になるニュースや話題を
まとめたサイトです。
気になる記事を探して楽しんでくださいね。

    カテゴリ:国内ニュース > 話題


    愛子さま、結婚相手候補が浮上…お相手は同級生の野球部エース

    まだ何も決まってないし、どうなるかわからないですが、良い方であれば祝福したいですね。

    愛子さま、結婚相手候補に同級生「野球部エース」浮上 現在は医学部生、父親は陛下と面識
    コロナ禍の長いトンネルの出口が、皇室にも訪れようとしている。天皇皇后両陛下は、10月22・23日に、1泊2日の日程で沖縄県に足を運ばれる。1日、2年8か月ぶりの地方訪問で、栃木県を訪れたのをきっかけに、遠方での活動を本格的に再開された。

    両陛下のお出ましが活発になればなるほど、長女・愛子さまのご活動にも期待が膨らむ。2020年4月の学習院大学入学以降、愛子さまは数えるほどしかキャンパスに足を運ばれていない。加えて、皇族としてのお出ましを望む声もある。

    「イギリスのチャールズ新国王の戴冠式のため、海外訪問の可能性が囁かれています」(皇室記者)

    昨年12月に成年皇族となられた愛子さまの存在感は、今後、より増していくだろう。同時に、愛子さまの「私」の部分への世間の関心も高まっていく。

    「それは、愛子さまのご結婚に関することです。昨今の社会情勢から言えば、20代前半は“まだ早い”とさえ感じられますが、女性皇族の場合、本格的に公務などを担われるようになると、団体の名誉職などを務めるケースも多く、フルタイムで働きに出るというわけにはいかない。そうなると、“出会いの場”が極端に限られるのです。そのため、早い段階からお相手候補を見つけておくべきとの意見があります」(前出・皇室記者)

    宮内庁関係者が声を落として明かす。

    「実は、その候補のひとりが、愛子さまと学習院初等科時代からのご学友・Aさんだといわれています。初等科時代に同じクラスになったことがあり、学習院の中高では男女別学でしたが、野球部のエース選手として活躍するAさんの出場する試合を、愛子さまが観..

    【日時】2022年10月13日 16:00
    【ソース】女性セブン
    【愛子さま、結婚相手候補が浮上…お相手は同級生の野球部エース】の続きを読む


    旧統一教会、ミヤネ屋出演の弁護士ら提訴…「発言は名誉棄損」

    テレビでの発言だけに難しいですね。

    旧統一教会、「ミヤネ屋」出演の紀藤弁護士ら提訴…番組中の発言で「名誉傷つけられた」賠償6600万円や謝罪放送求める
    「情報ライブ ミヤネ屋」と「ひるおび」にコメンテーターとして出演した弁護士の発言で名誉を傷つけられたとして、旧統一教会(世界平和統一家庭連合)は9月29日、テレビ局と弁護士らに計約6600万円の損害賠償や謝罪広告をもとめて東京地裁に提訴した。

    提訴後に記者会見を開いた教団側代理人の福本修也弁護士は「弁護士ですから、いずれ懲戒(請求)も考えています」と述べたほか、言論を理由とするさらなる訴訟も検討していると明かした。

    ●テレビ2局と弁護士3人が訴えられた

    訴えられたのは、読売テレビ(大阪府)とTBS(東京都)の2局と、コメンテーターとして出演した紀藤正樹弁護士と本村健太郎弁護士と八代英輝弁護士の3人。

    訴状によると、教団側は、7月からの各番組における発言を問題にしている。


    教団は、番組内の発言は事実に反するとして、教団の社会的評価を著しく低下させ、名誉毀損にあたると主張。各発言についてそれぞれ放送局と弁護士を訴える訴訟を3つ起こした。

    いずれも損害賠償ととも..

    【日時】2022年09月29日 13:53
    【ソース】弁護士ドットコム

    【旧統一教会、ミヤネ屋出演の弁護士ら提訴…「発言は名誉棄損」】の続きを読む


    小室佳代さんとの凄絶な嫁姑問題…小室夫妻の帰国は絶望的に

    圭さんの合否にもよるでしょうけど、日本で同居は大変な気がしますよね。

    小室母・佳代さんとの「嫁姑問題」激化で、眞子さん&圭さんの帰国は絶望的に
    ■「いつまで特別扱いするのか」
     この報道に眞子さんの胸騒ぎが止まらないはずだ。夫の圭さんは3回目の司法試験を受けたが、合格するかは不透明。

     現在、二人は皇族時代の貯金と、領事館のサポートで生活しているものの、そろそろ経済的基盤を作らないと、「いつまで特別扱いするのか」と国民の不満も爆発するだろう。

    ■帰りたくても帰れない
     いずれ帰国し、生活を立て直すことも選択肢の一つにせざるをえない。

     「しかし、日本に戻ると佳代さんが待っている。圭君を溺愛してきた母として、夫婦問題から子供の教育方針にまで首を突っ込むに違いありません。下手をすると同居を望まれるかもしれない。もともと気の強いことで知られる眞子さんですから、凄絶な嫁姑関係になるでしょう」(皇室記者)

     そんな状況で新たな金銭トラブルが炎上すればマスコミの注目も集まり、眞子さんにとっては悪夢のようだった結婚前の時期に逆戻りだ。患っていた複雑性PTSDも悪化するかもしれない。

     帰りたくとも帰国することあたわず。元プリンセスの苦難の道は続く。

    【日時】2022年09月23日 10:07
    【ソース】現代ビジネス

    【小室佳代さんとの凄絶な嫁姑問題…小室夫妻の帰国は絶望的に】の続きを読む


    区役所に届いた理不尽なクレーム…「職員がソフトクリーム食べてる」

    何でも文句言えばいいと思ってる人いるんですね。公務員だって休憩時間にソフトクリームくらい食べますよ。

    「公務員がコンビニでソフトクリーム」――区役所に届いた理不尽なクレーム 職員の訴えに反響
     「職員がコンビニの前でソフトクリームを食べています」――。先日、東京都のある区役所に1本のクレーム電話が届いた。このクレームがあった事実をSNSで明かし、「昼休みだから問題ない」と訴えた区役所職員の投稿が、大きな反響を呼んでいる。公職に就く人々にことさら厳しい視線を向け、問題だとみなせば役所に“通報”する――。「公務員であればどんな要求を突きつけてもいい」といった、誤った考えを持つ人が一部にいる実態が浮かぶ。

     「『職員がミニストップの前でソフトクリームを食べてます』ってクレームがあったけど、紅芋ソフトは期間限定で美味しいからいいんだよ(昼休みだよ)」

     9月12日夕刻に発信されたTwitterの投稿には、同16日現在、5万6000件を超える「いいね」が押され、「休憩中に何を食べようと勝手」「どんどん食べてください」など、公務員を擁護するリプライ(返信)が多数寄せられている。

     投稿したのは、東京都内のある区役所に勤務するTwitterユーザー「区役所の人@公務員」さん。取材に対し「投稿を広めてくださった多くの皆さまに対してありがたいと思っています」と話す。

    ■「昼当番」を終え午後1時から休憩

     区役所にクレーム電話が入ったのは9月12日午後1時30分頃のこと。告げ口をするような口調だったという。職員が業務をさぼっていると勘違いしたのだろうか。

     クレームを指摘された職員は、区役所の出先機関に勤務する投稿者の友人で、この日、友人は「昼当番」を終えて午後1時から休憩を取っていたという。

     区役所では、正午~午後1時の来客に対応するために「昼当番制」を敷いて..

    【日時】2022年09月17日 07:45
    【ソース】ITmedia ビジネスオンライン

    【区役所に届いた理不尽なクレーム…「職員がソフトクリーム食べてる」】の続きを読む


    小室佳代さん 再び金銭トラブル…元恋人に「貢いだ金返して」

    次から次へと交際関係や金銭問題が出てきますね。

    小室圭さん母が元恋人に「貢いだ金を返して」1600万警察トラブル
    昨年、元婚約者に約400万円を支払い、和解した小室佳代さん。実は、かつて同棲していた男性がいた。彼女は最近、男性に対して金銭を要求し、脅えた男性は…。

     今から数週間前の、晩夏のある日のこと。1人の男性が神奈川県警港北警察署を訪れた。年のころは70代後半から80代。細身の体躯に白髭を蓄えた彼は向かい合った警察官に対し、湧き上がる感情を押し殺すように口を開いた。

    「“その女性”から多額の金銭を要求されて、困っているんです」

     そう言うと、事の顛末を訥々と語り始めた。男性の脳裏には、昨秋の光景が焼き付いている。9月27日、横浜市内の閑静な住宅街は異様な熱気に包まれていた。頭上には、けたたましいプロペラ音を轟かせた5、6機の報道ヘリコプター。夜7時過ぎ、50人以上の報道陣が詰めかける中、1台のハイエースがマンションに滑り込んだ。ちょんまげ姿で颯爽とアプローチを歩み、一礼して自宅に消えたのは小室圭さん(30)。3年2カ月ぶりに米国から帰国し、母・佳代さん(56)と再会を果たしたのだった。男性が警察署で名指しした“女性”とは、佳代さん、その人だった。

    「実は、この男性と佳代さんの間で深刻な金銭トラブルが発生しているのです。次代の天皇の姉・眞子さんの義母が関係する事案ですから、一警察署だけで処理することはできない。情報は神奈川県警を通じ、速やかに全国警察のトップである警察庁の上層部にも共有されました」

     日本中の注目を集め、令和皇室を揺るがした、小室圭さんと眞子さんの4年余に及ぶ結婚劇。混迷の根本にあったのは、佳代さんと元婚約者・X氏との金銭トラブルだ..

    【日時】2022年09月14日
    【ソース】週刊文春

    【小室佳代さん 再び金銭トラブル…元恋人に「貢いだ金返して」】の続きを読む

    このページのトップヘ