にゃんだふるdayにゅ~す

にゃんだふるdayにゅ~すは日々の気になるニュースや話題を
まとめたサイトです。
気になる記事を探して楽しんでくださいね。

    カテゴリ:国内ニュース > 話題


    言葉がきつい時もありましたが、大変活躍されましたよね。ご冥福をお祈りいたします。

    1 

    東京都知事や運輸大臣などを務め、芥川賞作家としても知られる石原慎太郎氏が、1日、亡くなりました。89歳でした。

    石原慎太郎氏は、昭和7年に神戸市で生まれ、一橋大学在学中に小説『太陽の季節』で芥川賞を受賞しました。

    「太陽族」という流行語も生まれ一躍、文壇の寵児(ちょうじ)となりました。

    弟は俳優や歌手として活躍した昭和の大スター、石原裕次郎さん。

    自民党幹事長を務めた伸晃氏と衆議院議員の宏高氏、俳優で気象予報士の良純氏の父親です。

    石原氏は、執筆活動を続けながら昭和43年の参議院選挙で自民党から初当選し、4年後には衆議院議員に転身して通算9回の当選を果たしました。

    歯に衣着せぬ発言で知られ、環境庁長官や運輸大臣などを務めたほか、自民党の派閥横断的な政策集団、「青嵐会」の主要メンバーとしても注目されました。

    平成元年には、自民党総裁選挙に立候補し、敗れました。

    平成7年に勤続25年の表彰を受けた直後に衆議院議員を辞職しました。

    このころ『「NO」と言える日本』を共同で執筆し、日米関係に対する考え方を鮮明にしたほか、裕次郎さんの生涯をつづった『弟』などを出し、話題となりました。

    その後、平成11年の東京都知事選挙に挑戦した石原氏。

    「石原軍団」も参加する選挙戦を展開して初当選しました。

    在任中、▽有害物質を出すディーゼル車の規制、▽「新銀行東京」の設立、▽大手銀行への外形標準課税の導入など、独自の政策を次々と打ち出したほか、▽東京マラソンの実現を主導し、オリンピック誘致にも取り組みました。

    また、中国に対する強硬姿勢を貫き、沖縄県の尖閣諸島を都が購入する考えを表明するなど国の外交問題にも影響を与えました。

    平成24年10月、4期目の任期途中、突然知事を辞職して新党を結成。

    当時、大阪市長で日本維新の会を率いていた橋下徹氏と手を結び国政に復帰し、2年後に引退しました。

    引退後も石原氏は、執筆や講演などを精力的に行いました。

    かつて痛烈に批判していた田中角栄元総理大臣を評価し、その生涯を一人称で記した『天才』は平成28年のベストセラーになりました。

    また、平成27年の春の叙勲では「旭日大綬章」を受章しました。

    石原氏は、1日、亡くなりました。

    89歳でした。

    NHK NEWS WEB
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220201/k10013460691000.html



    【元東京都知事の石原慎太郎氏が死去 89歳】の続きを読む


    無防備すぎる小室眞子さん…いつまで危なっかしいNY暮らしを続けるのか

    今までは護衛などで安心して歩けていたのでしょうが、一般人になった今では世間知らずのお嬢様が暮らすには危険かもしれないですね。


    無防備すぎる小室眞子さん、NY暮らしはもう断念を… 大麻疑惑よりよほど心配すべきこと 
    こちらでも先にお伝えしていたが、夫の小室圭さんとともに現在ニューヨークで暮らしている小室眞子さんについて、1週間ほど前からYouTuberたちが「大麻取引疑惑か」と騒ぐようになっている。こんなつまらない噂が立ったのも、すべては眞子さんに用心が足りないから。スキだらけだからだ。

    まずは、ニューヨーク州では嗜好品としての大麻の所持と使用はすでに合法となっている。アメリカ人であれば、こんなコソコソとしたやり取りで大麻を入手する必要はない。小さな袋の色が白いという情報もあり、「つまりこれは大麻ではなく、もっとヤバイ種類のもの」と疑う者も少なくないようだ。

    この件に関し、筆者は「インパクトのある映像を撮るため、パパラッチが1人の女を使って仕組んだ罠なのでは」という説に100%同意だ。さらに「噛み終わったガムでもポイッと入れられたのでは」という気もしている。だが反ワクチン派も多いマンハッタンで、あれだけ周囲がガランとしているのに、ほぼ正面から見知らぬ人間に接近されても一歩もよけない、そんな眞子さんに不自然なものを感じてしまうのも事実だ。

    問題の映像が撮影された状況に関し、「心配するな。遠巻きから護衛がちゃんと監視している。そんな中で大麻取引など行えるわけがない」という声もあるが、本当にそうだろうか。

    護衛のシステムが機能していたら、黒い服を着た小柄な女があそこまで近づく前に、眞子さんの前に立ちはだかっていただろう。また大都会は、暗くなると照明や看板の関係で、日中と風景が変わってみえることが多い。両手に重い荷物を抱えての夜の独り歩きなど、スケジュールの相談を受けた時点で「やめるように」と警告されるはずだ。
    【日時】2022年01月21日
    【提供】エトセトラ・ジャパン

    【無防備すぎる小室眞子さん…いつまで危なっかしいNY暮らしを続けるのか】の続きを読む


    無事で何よりですが、周りの人が支えてあげるしかないですね。

    1 

    公職選挙法違反で有罪が確定し、当選無効となった河井案里・元参議院議員が、20日夜、睡眠薬を大量に服用し病院に搬送されていたことが分かった。命に別条はないという

    20日午後6時半ごろ、河井元議員の親族から「河井元議員から『さようなら』と連絡があった」などと110番通報があった。警察官が、都内の河井氏の自宅マンションに駆けつけたところ、河井元議員が、自室で意識がもうろうとした状態でいるのが発見された。
    https://www.fnn.jp/articles/-/302699


    【河井案里元議員 自殺未遂か…睡眠薬を大量に服用し救急搬送】の続きを読む


    南海トラフ巨大地震、40年以内のM8~9級の発生確率「90%程度」

    もういつ起きてもおかしくないですね。


    南海トラフ巨大地震、40年以内のマグニチュード8~9級の地震発生確率「90%程度」に引き上げ
     政府の地震調査委員会は13日、国内で可能性のある地震の最新の発生確率(1月1日現在)を公表し、南海トラフで今後40年以内にマグニチュード8~9級の地震が発生する確率を、前年の「80~90%」から「90%程度」に引き上げた。

     周期的に発生する地震の場合、地震が起きていない期間が長くなるほど発生確率が上がる。一方で10年以内では「30%程度」、30年以内では「70~80%」の発生確率とし、各評価を前年のまま据え置いた。

     東京大学名誉教授の平田直(なおし)・委員長は「日本は世界的にみて地震が起きやすい場所だ。どこで起きてもおかしくないので備えを進めてほしい」と話している。

    【日時】2022年01月13日 19:19
    【ソース】読売新聞

    【南海トラフ巨大地震、40年以内のM8~9級の発生確率「90%程度」】の続きを読む


    『うる星やつら』フジ”ノイタミナ”枠で36年ぶりに再びTVアニメ化

    うる星やつら、懐かしいですね。ラムちゃんの一途な愛とギャグっぽさがおもしろかったです。


    『うる星やつら』36年ぶりに再びTVアニメ化 フジ“ノイタミナ”枠「だっちゃ」
     『週刊少年サンデー』(小学館)で連載されていた漫画『うる星やつら』(作者:高橋留美子)が、2022年にフジテレビの深夜アニメ枠“ノイタミナ”でテレビアニメ化されることが決定した。テレビアニメ放送は1986年3月以来、36年ぶりとなる。

     これは1月1日付け産経新聞の全面広告にて発表されたもの。紙面には「Happy New Yearだっちゃ」のセリフとともにヒロインのラムちゃんが描かれており、『2022年TVアニメ化!』『フジテレビ”ノイタミナ”ほか系列局にて』と告知されている。

     『うる星やつら』は、『週刊少年サンデー』で1978年~1987年にて連載された漫画が原作で、高校生・諸星あたると、宇宙から舞い降りた“鬼っ娘”美少女ラムのラブコメディー。ゲーム化、劇場アニメ化などもされており、テレビアニメが1981年~1986年にかけて放送された。

    【日時】2022年01月01日 09:12
    【ソース】ORICON STYLE

    【『うる星やつら』フジ”ノイタミナ”枠で36年ぶりに再びTVアニメ化】の続きを読む

    このページのトップヘ