にゃんだふるdayにゅ~す

にゃんだふるdayにゅ~すは日々の気になるニュースや話題を
まとめたサイトです。
気になる記事を探して楽しんでくださいね。

    カテゴリ:スポーツ > 水泳



    (出典 monokuro0210.com)


    有名になればなるほど簡単には割り切れないものがあるのでしょうね。

    1

    https://gendai.ismedia.jp/articles/-/76531
    2020.10.19

    水泳日本五輪代表の瀬戸大也選手の不倫が週刊新潮で報じられたのは、2020年9月24日のこと。保育園のお迎えの前の時間を使った不倫という衝撃と、それ以外の浮気の話も露出し、世論は騒然となった。ANAの契約解除、味の素などの広告契約終了、競泳日本代表主将辞退に加え、10月13日火曜日には日本水泳連盟から年内の活動停止、2020年下半期のスポーツ振興基金助成金推薦停止、今後の教育プログラム受講などの処分を言い渡された。

    優佳さんは一体今回の問題をどのように考えているのか。率直な思いを聞いた。

    「私が今回のことを知ったのは、報道が出る2日前です。週刊誌の編集部から夫に掲載の連絡が入ったあと、彼から『話がある』と打ち明けられました。
    その日、私が娘たちと一緒にいたのは夫の実家。義父は不在でしたが義母がおり、2人きりで話したいという彼の言葉に従って、2人になれる場所で事の経緯を聞きました。
    不思議なことに……話を聞かされた自分がそのとき何を思ったか、夫にどんなふうに返したか、振り返ってみても一切思い出せないのです」
    中略

    「なかには『法を犯したわけではないのだし、夫婦で話し合って解決すれば済むこと』という意見もありました。もちろん普通のご家庭の場合はそうですよね。ただ私たちは、それではいけないと思ったのです。

    夫は“競泳日本代表の瀬戸大也”という肩書きと共に、メディアを通して『良き父・夫として家庭を守っているアスリート』という姿を見せてきました。そういうキャラクターを前面に出して広告などの仕事をしてきた以上、彼にはそれを全うする責任があります。

    それにもかかわらず夫は自らの軽率な行動で、今日までお世話になってきた方々、スポンサーの方々、そして何より瀬戸大也を応援してきてくださった方々の信頼を裏切り、いろいろな人を傷つけてしまった。もちろん私もずっと苦しいですが、これはもう『夫婦の問題』だけで済ませていいことではないと思うのです」

    中略
    そんな彼が変わってしまったのは2019年の末頃から。東京オリンピックに向けて練習を頑張り、世界記録を出すなど成績も右肩上がりになってきて、このままいけば金メダルが取れるのではないか――。そんな空気が高まってきた時期でした。
    中略

    「私は正直、今回の件は『神様が起こしたこと』ではないかと思っています。いま思い返してみても、あの頃の大也はちょっと変わっていて……。自分の愛していた人ではない感じとでも言うのでしょうか。昔の写真と見比べると明らかに顔が違っていて、表情に険がありました。

    今年、予定通りオリンピックが開催されていたら、たぶん私たち家族は終わっていたと思います。私の中には『彼が金を取ったら家庭は崩壊するだろうな』という確信に近いものがありました。このまま金メダルを取ったら、いよいよ手のつけられない『裸の王様』になってしまうと感じたのです。

    中略

    「今回の報道が出た時、もちろん別れることも頭を過りました。でもあまりのタイミングに、途中から『神様が私たちを試してるんじゃないかな?』と思い始めたんですよね。これは『瀬戸大也は一度どん底に落ちないと変われない』というメッセージなのだろうと。

    全文はソースをご覧ください


    (出典 gendai.ismedia.jp)


    【瀬戸大也選手の妻・優佳さん「夫婦の問題」では済まない】の続きを読む


    瀬戸大也 不倫騒動で年内活動停止処分

    ちょっと騒がせすぎましたね。反省して新たなる活躍を望みます。

         
    不倫騒動の瀬戸に年内活動停止処分 五輪代表は維持 日本水連常務理事会
    日本水連は13日、オンラインで臨時の常務理事会を開き、競泳の東京五輪日本代表で、女性問題に揺れる瀬戸大也(26)に年内の活動停止などの処分を下した。

    瀬戸は12日に日本水連倫理委員会による事情聴取を受け、その内容が常務理事会で報告され、処分が決まった。

    この決定により、年内の公式大会への出場、強化合宿、海外遠征への参加ができなくなり、五輪会場で行われる12月の日本選手権も出場不可能となった。

    また、内定している200メートル、400メートル個人メドレーの東京五輪代表は維持した。

    日本水連の青木会長は「五輪内定は、昨年の世界選手権で金メダルを獲得した『選手の権利』であると同時に、五輪本番での活躍を期待して付与したものである」「五輪内定は、実質的には『日本代表選手団の一員になった』ことを意味するため、社会人選手として、五輪内定選手として、『水泳日本代表選手団行動規範』に準じた行動をするものと期待していたが、一連の行動は、それに反したもので大変残念であった」とコメントしている。

    瀬戸はデイリー新潮に報じられた不倫について、事実と認めて謝罪。

    所属先だったANAとの契約は9月末に解除となり、日本オリンピック委員会(JOC)の肖像権事業「シンボルアスリート」の契約も打ち切りとなっている。



    【日時】2020年10月13日
    【ソース】デイリースポーツ
        

    【瀬戸大也 不倫騒動で年内活動停止処分】の続きを読む


    瀬戸大也の不倫報道が思わぬ余波に…神様にも見放されたか

    有名人のスキャンダルってこんなところにまで影響を与えちゃうんですかね。関係ないのに…

         
    不倫・瀬戸大也は?神様?にも見放された!地元神社が奉納品を撤去「火でもつけられたら…」
    「週刊新潮」で複数女性との不倫が報じられた競泳の東京五輪代表・瀬戸大也(26)の?スキャンダル余波?が、思わぬところまで広がっている。

    かねて瀬戸が参拝に訪れていた地元の埼玉・毛呂山町の神社が、今回の不倫騒動により混乱に巻き込まれているというのだ。

    家族を裏切り、所属スポンサーから契約を解除され、関係者の信頼をすべて失った金メダル候補。

    ついには神様にも見放されてしまうのだろうか――。

    一連の不倫騒動は収まる気配がない。

    日本水泳連盟は12日の倫理委員会で約1時間にわたって瀬戸を事情聴取。

    紺のスーツに身を包み、謝罪と経緯説明を行った瀬戸はメディアの問いかけにも無言を貫き、逃げるようにタクシーに乗り込んで帰って行った。

    13日の臨時常務理事会で処分が確定。

    「もう十分、社会的な制裁は受けた」との世論も散見するが、まだ予断を許さぬ状況は続く。

    瀬戸の地元、埼玉・毛呂山町にある「出雲伊波比神社」が一連の騒動に巻き込まれているというから驚く。

    同神社の本殿は国の重要文化財に指定されており、毎年11月3日に開かれる「流鏑馬(やぶさめ)本祭り」も全国的に有名。

    毛呂山町のホームページによると「康平6年(1063年)、源義家が奥州征伐の凱旋の際、戦勝のお礼に当地を訪れ、八幡社を建て、流鏑馬を奉納したことがはじまり」とされ、毎年多くの観光客が集まる。

    瀬戸にとっても縁の深い神社で、地元関係者は「毎年、お参りに来ているのを見ていました。奥さん(妻の優佳さん)や子供もいましたよ」と証言。

    さらに瀬戸は2016年リオ五輪の男子400メートル個人メドレーで銅メダルを獲得後、同神社で流鏑馬に挑戦した。

    別の地元関係者によれば「わざわざ海外遠征の合間に帰って来て(流鏑馬を)練習していた」という。

    瀬戸自身も毛呂山町のことを「自分が社会人になるまでずっとそこで育ってきたので、大好きな土地」と語っており、忙しい合間を縫って故郷のPR活動に努めてきた。

    そのため、地元からは「五輪で金メダルを取ったら、また流鏑馬をやってほしい」との声が飛び出していたが…。

    一連の不倫スキャンダルによって、すべてが裏目に出てしまった。



    【日時】2020年10月13日 11:00
    【ソース】東スポWeb
        

    【瀬戸大也の不倫報道が思わぬ余波に…神様にも見放されたか】の続きを読む


    瀬戸大也わずかな追い風も…女性からは「無理」の声が

    確かに結果を出せる選手であることは間違いないと思うんですけど、結局イメージが悪くなっちゃってるのがね。

         
    瀬戸大也、五輪出場が可能でも「腰の動きが無理」の声!
    みずからの不貞行為で世間を騒がせている競泳の瀬戸大也に、わずかばかりの追い風が吹いたようだ。

    日本水連は10月6日の常務理事会を受け、東京五輪の代表に内定している瀬戸に関して「代表剥奪には理由が希薄。

    例えば法に触れたとかになれば違うんでしょうけど」とコメント。

    代表辞退を求めることにも否定的だとしている。

    そんな日本水連の姿勢に、世間はどう反応しているのだろうか。

    「ネットの声を見ると、日本水連の判断を支持する人が大勢を占めているようです。これが芸能人であれば映画やドラマからの降板を余儀なくされるところですが、スポーツ選手は何よりも実績が重要。瀬戸の実力が世界トップレベルであることは明らかですし、瀬戸の妻もサポートを表明していることから、代表辞退や剥奪は行き過ぎとの声がほとんどです。だからと言ってネット民が瀬戸を応援しているというわけでもなさそうですが」(芸能ライター)

    瀬戸に対しては<金メダルを獲って汚名返上しろ><実力で決めるのは正しい>といった応援の声も寄せられている。

    だが、女性を中心に、もう応援できないという人も少なくないようだ。

    その理由がいかにも瀬戸らしいというのだ。

    「競泳だから当然ですが、競技中はスイムウエアのみを着用して全身がほぼマッパというスタイル。その肌見せが不貞行為を想起させるとして、女性を中心に拒否反応が続出しているのです。しかも瀬戸が個人メドレーの選手なことから《バタフライの腰の動きがもう無理》といった声まで出る始末。実際には水中での腰の動きなどテレビ画面ではわからないはずですが、今の瀬戸では何を言われても致し方ないところでしょう」(前出・芸能ライター)

    これで金メダルを獲った日には<やはり腰の動きがすごかった>と賞賛されるのかもしれない。

    (金田麻有)



    【日時】2020年10月07日 17:15
    【ソース】アサ芸プラス
        

    【瀬戸大也わずかな追い風も…女性からは「無理」の声が】の続きを読む


    出川哲郎が瀬戸大也の不倫報道について「奥さんが許してるなら五輪には出してあげたい」

    奥さんだけが許して済めばいいんですけどね。五輪となれば国民の印象もあるでしょうから難しいところでしょうね。

         
    出川哲朗、不倫報道の瀬戸大也「五輪には出してあげたい」
    お笑い芸人の出川哲朗(56)が4日、TBS「アッコにおまかせ!」(日曜前11・45)に生出演。

    週刊新潮に報じられた不倫を認めて謝罪し、所属先のANAと契約解除になった競泳男子の瀬戸大也(26)について言及した。

    瀬戸は東京五輪競泳代表の主将辞退を申し入れ、所属していたANAからも来年3月までの期間を残して、契約を解除されている。

    出川は「浮気はもちろんダメ」と断罪しつつ「それは結局、家族のことなんで、奥さんがもし許してあげるんだったら、五輪には出してあげたいっていう気持ちが強いですね」と持論。

    この意見に、MCの和田アキ子(70)は「今年は、ほかにも不倫とかで仕事を失くした人もいらっしゃるから、その線引きっていうのはとっても難しいと思う。あの人がよくて、この人はダメって、その違いはなんだってなる」と指摘していた。



    【日時】2020年10月04日 13:17
    【ソース】スポーツニッポン

    【出川哲郎が瀬戸大也の不倫報道について「奥さんが許してるなら五輪には出してあげたい」】の続きを読む

    このページのトップヘ